シロです。
今年も残すところ1週間となりました。
シロは今年からミニマリストを目指すべく、
溜め込んだ不用品をメルカリで処分しはじめました。
一年でまあまあの売上になったのですが、そこで気になったことが一つあります。
「メルカリの売上金って、確定申告は必要なのか?」
今日は、この点について勉強しようと思います。

financial-data-analyzing-hand-writing-260nw-540435490

確定申告とは

確定申告とは、各個人の1年間(1/1~12/31)に得た所得に対して、
所得税や住民税などの税金の納税額を確定する手続きです。

簡単にいうと、以下の人が確定申告が必要となります。
①会社やアルバイト収入以外に、所得が年間20万円以上あった人
②個人事業(自営業など)で、所得が年間38万円以上の人
③給与が年間2000万円を超える人
④医療費や寄付金(ふるさと納税)などで控除を受けたい人


メルカリの売上金は確定申告は必要?

上記の①を詳しく見てみます。
メルカリの売上金は、正しくは「譲渡所得」と呼ばれます。
譲渡所得について、国税庁のHPの記載を見てみましょう。

--------------------------------------------------------------------------------------
譲渡所得とは、資産の譲渡による所得をいいます。
(途中略)

資産の譲渡による所得のうち、次の所得については課税されません。

  1. (1) 生活用動産の譲渡による所得
  2. 家具、じゅう器、通勤用の自動車、衣服などの生活に通常必要な動産の譲渡による所得です。
  3. しかし、貴金属や宝石、書画、骨とうなどで、1個又は1組の価額が30万円を超えるものの譲渡による所得は課税されます。
--------------------------------------------------------------------------------------

衣服やゲームなどは、生活に通常必要な動産とみなされます。
そのため、オークションやメルカリなどでこれらを売って得た売上金は、
資産の譲渡による所得ですが、課税対象とはなりません




メルカリの売上金で確定申告が必要な場合

以上のように、メルカリやオークションで家庭の不用品(生活動産)を
売っている場合は、確定申告は必要ありません。
ただし、以下の場合には確定申告が必要な可能性があります。
①1個または1組の価格が30万円を超える場合
②せどりや転売などを行っており、利益が20万円を超えている場合
③取引回数が多い、同じ商品を何度も売買している場合

①は、上記(1)の後半部分に書いてある通り、
1回の販売額が30万円を超えた場合には、課税対象となります。
メルカリでは、ウェディングドレスや車、腕時計などが出品されています。

②は、せどりや転売などで、売買により利益が発生している場合です。
例えば、売上金が購入額を上回っている場合は、課税対象となる可能性があります。

③は、営利目的とみなされた場合に課税対象となる可能性があります。

おわりに

メルカリやオークションの売上金の確定申告は、家庭の不用品を処分している限りは不要です。
ただし、売買額が30万円を超えた場合、取引で利益を得ている場合などは
確定申告の前に、税理士さんに相談してみてください。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

SPONSORED LINK