シロです。
2016年4月に電力自由化、2017年4月にガス自由化されました。
世の中では、電気とガスのセット割なる節約が流行しています。
我が家も、2018年10月に電気とガスのセット割を検討しましたので、
今日はその内容についてお話しします。




電力自由化、ガス自由化とは?

電力やガスを供給する会社は、昔は地域によって決まっていました。
関東圏であれば、電力は東京電力、ガスは東京ガスです。
そのため、電気料金、ガス料金は、これらの会社の言い値になっていました。

電力自由化、ガス自由化により、
各家庭が、電力、ガス供給を契約する会社を自由に選べるようになりました。

どの会社が一番安いの?

我が家で、電気とガスをセットにした場合の料金を試算してみます。
今回は、会社規模が大きい東京電力と東京ガスで試算しました。
試算は、各社のホームページでできます。

我が家の現在の状況は、以下の通りです。
電力:東京電力
ガス:東京ガス
日中は電気、ガスを使用する
夜間は就寝するので電気、ガスは使用しない

試算した電気代、ガス代は以下です。
電力会社ガス会社2年目以降の
節約額/円
(1年目)
2年目以降のポイント
(1年目)
備考
東京電力東京ガス00現行契約
東京電力2625
(3516)
325
(825)
電気代1200円引き(セット割)
ガス料金3%OFF(1年目は5%OFF)
東京ガス1062
(4612)
990電気代は0.5%OFF
(初回2か月は15%OFF)
※ポイントは、各社ともTポイント、Pontaポイントに交換可能

我が家は、ポイントを含めても、東京電力の方が安く抑えられます。
ただし、電気とガスの使用料金によって変わりますので、
それぞれの家庭で試算した方がよさそうです。

おわりに

電気・ガスを一本化した場合の節約金額についてお話しました。
今回は初めての一本化のため、老舗である東京電力と東京ガスに絞って試算しました。
今後は、新規参入であるEneos電気やレモンガスなどの会社についても調べてみたいと思います。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

SPONSORED LINK