シロです。

倹約生活する上で、クレジットカードのポイント還元は必須です。
シロのクレジットカードは、リクルートカードプラスです。
現在は、申し込み終了してしまっているこのカードですが、
当面は他のカードに変える気はありません。
今日は、クレジットカードを決めるポイントについてお話します。

credit-card-1583534__340


クレジットカードの使用目的

メインのクレジットカードを選ぶにあたり、まず主な用途を明らかにします。
これら用途の中から、候補とすべきカードを検討します。
例えば、電車代が多い方は、Suicaやマイルがたまるカード、
特定のお店(ルミネや大丸など)での買い物が多い方はそのお店が発行しているカードなどです。

シロは、基本的にクレジットカードで決済します。
このうち、クレジットカードで決済する固定費は以下の内容です。
・携帯代金:月約2,500円
・ガス、電気代:月約10,000円
・Wifi料金:月約4,600円
・ガソリン代:月約4,000円
その他、飲食代やコンビニもクレジット決済します。
そのため、シロの場合は「幅広い用途で使えるカード」が候補です。

ポイント1:還元率

クレジットカードを選ぶうえで、最も重要なポイントが還元率です。
クレジットカードを幅広く使う方は、基本還元率が高いカード、
特定の店舗やHPでの使用率が高い方は、その用途での還元率が高いカードを選ぶのが良いです。

シロは、小銭を増やしたくないので、基本的にクレジットカードで決済します。
また、クレジットカードを何枚も持ち歩きたくないので、基本還元率の高いカードを選びます。
ちなみに、リクルートカードプラスの還元率は2.0%と、基本還元率は日本最大です。
また、一回ごとに2.0%付与ではなく、毎月の利用額合計に対して2.0%が付与されます。

他に基本還元率が高いカードには、リーダーズカード(1.25%)、
リクルートカード(基本還元率1.2%)などがあります。
(もしリクルートカードプラスでなければ、リーダーズカードにしていました。)

ポイント2:年会費

年会費が高いと、せっかく高い還元率も意味がありません。
年会費と還元率を考慮して、そのカードがお得かどうか判断します。

リクルートカードプラスの年会費は、2,000円+消費税です。
また、家族カードは年会費1,000円+消費税、ETCカードは無料です。

年会費無料で高還元率のリクルートカードと比較してみます。
ポイントー年会費を計算すると、リクルートカードと比較して、
リクルートカードプラスは年間27万円以上使用するとお得になります。
シロは、固定費ですら年間20万円を超えているため、リクルートカードプラスにしました。



ポイント3:電子マネーへのチャージによるポイント還元

クレジットカードによっては、電子マネーにチャージした際にポイントが還元されます。
この場合には、その電子マネーで使用する額は、ポイント還元率を別途考慮する必要があります。

ちなみに、シロのおすすめはnanacoカード、もしくはwaonカードです。
その理由は、税金や水道料金の支払いを、nanacoはセブンイレブンで、
waonはミニストップでできるからです。
平成28年以前は、税金は国民の義務でありながら、現金決済しかできませんでした。
しかし、平成28年の税制改革で、クレジット決済できる税金(住民税、自動車税など)ができました。
同じ支払うのであれば、支払方法を工夫して少しでも還元したほうがよいですよね。

ポイント4:付帯保険

クレジットカードには、旅行保険などが付帯するものがあります。
クレジットカードを付帯保険ありのものにしておくと、海外旅行をする際の保険料金を節約できます。
ここでの注意点は、補償金額に違いがありますので、クレジットカードの付帯保険の不足分は、
別途自身で保険に入る必要があります。
また、クレジットカードの付帯保険には、自動付帯と利用付帯があることです。
自動付帯とは、カードを持っているだけで海外旅行保険に自動的に入るものです。
利用付帯とは、ツアー代金や公共交通機関の料金をクレジットカードを利用しなければ、旅行保険が適用になりません。

リクルートカードプラスには、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が自動付帯します。
国内旅行では最高3000万円、海外旅行では最高3000万円です。

おわりに

以上のようなポイントから、シロは基本還元率を重視してクレジットカードを選定しました。
シロは、自動車を使うことが多いのですが、
JRや飛行機を多用される方は、マイルのたまるクレジットカードもおすすめです。
その場合も、シロはマイルの価値と、ポイントの価値を比較して、クレジットカードを選びます。

クレジットカードは、日々新しいものが出てきています。
総合的に、より還元率が高いものがないか日々チェックが必要です。 

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

SPONSORED LINK