シロです。

一昨日、昨日に引き続き、今日もクレジットカードについてです。
今日はシロがサブカードを選んだ時の基準をお話します。

この記事の内容
国際ブランド
年会費と還元率
おわりに


国際ブランド

一般的に、メインカードとサブカードのブランドを変える人が多いです。

シロは、メインカードはJCBブランドです。
ここでポイントは、コストコではMasterCardしか使えないことです。
そこで、MasterCardからサブカードを選ぶことにしました。

年会費と還元率

次に年会費と還元率から、お得度を見ていきます。
以下では、Master Cardが選択可能なカードのうち、
還元率が高いといわれるカードを候補として挙げています。

カード年会費還元率ポイントその他
基本特定の買い物
dカード実質0円(1)
1.0%ローソン:5.0%
マツキヨ:3.0%
dポイント
(Ponta, JALマイルへの交換可能)
iD機能付き
楽天カード0円1.0%楽天:3.0%以上楽天スーパーポイント
もしく ANA マイル
Edy機能付き
楽天ゴールド
カード
2,160円1.0%楽天:5.0%以上楽天スーパーポイント
もしく ANA マイル
Edy機能付き
Yahoo Japan
カード
0円1.0%Yahoo:3.0%
Lohaco:3.0%
Tポイント
Amazonカード実質0円(2)1.0%Amazon:1.5%
プライム会員は2.0%
AmazonポイントiD機能付き
Amazon Gold
カード
10,800円
(3)
1.0%Amazon:2.5%
Amazonポイントプライム無料
3,900円/年
(1)前年度、一度も使用しなかった場合1,250円
(2)前年度、一度も使用しなかった場合1,350円
(3)Web明細利用で1,080円割引、リボ払いで5,400円割引


シロの2018年購入額は、Amazonでは約7万円、楽天市場では約3万円
ローソンでは約5,000円、yahoo、Lohacoは利用しません。
ただし、Amazon、楽天で購入したものは、どちらのサイトでも購入可能です。
また、コストコでの購入額は半年で約5万円、年間10万円ですが、
還元率はいずれも1.0%ですので、カード選定には考慮しません。

Amazonカードか、Amazon Goldカードかは、Amazonでの年間使用額で判断します。
現在プライム会員でない方は、Amazonで年間90万円以上使用する場合、
現在プライム会員の方は、Amazonで年間102万円以上使用する場合、
Amazonカードより、Amazon Goldカードがお得になります。

楽天カードか、楽天ゴールドカードかは、楽天市場での年間使用額で判断します。
楽天で年間108,000円以上使用する場合、楽天ゴールドカードがお得になります。

ここまでで、選択肢はAmazonカードか、楽天カードに絞られます。
楽天、もしくはAmazonで年間10万使用した場合、
楽天カードの節約額は3,000円、Amazonカードの節約額は1,500円です。

以上から、シロには楽天カードが推奨されます。

おわりに

今日は、シロのサブカードについてお話しました。
同様にコストコで使用するMasterCardに悩んでいる方に、アドバイスです。
楽天市場での購入額が年間108,000円以上の方は楽天ゴールドカード、
楽天市場での購入額が年間108,000円以下の方は楽天カードがお得です。
なお、シロは楽天市場での年間購入額が10万円とギリギリですので、
半年を目途に改めて楽天ゴールドカードか楽天カードかを検討する予定です。


大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
▼▼▼▼▼楽天カードのお申込みはこちらから▼▼▼▼▼