シロです。

コストコで冷凍のブロッコリーを見つけました。
シロはお弁当にブロッコリーを入れていますので、
さっそく、このブロッコリーのお得度を検証したいと思います。
参考記事:お昼のお弁当で月1万円以上の節約


商品紹介:New World Farmsの冷凍ブロッコリー

0I9A2143_TP_V1
名称:ブロッコリー
原材料名:ブロッコリー

内容量:2.27kg
冷凍前加熱の有無:加熱してありません。
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください。
賞味期限:購入日より約9ヶ月
保存方法:-18℃以下で保存してください。
凍結前加熱の有無:加熱してありません。
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください。
原産国:グアテマラ 
価格:888円

こちらはグアテマラの「New World Farms」という農園で
防腐剤を使用せずに作られているブロッコリーだそうです。

コストコのブロッコリーはお得!?

コストコのブロッコリーのお得度を見てみます。
比較する商品は、Amazon、楽天の冷凍ブロッコリーです。

商品名購入先内容量冷凍前の加熱価格100g当り
の価格
ブロッコリーコストコ
2.27kgなし888円39.1円
そのまま使えるブロッコリー
ニチレイ 冷凍 500g
Amazon
0.5kgあり359円71.8円
ブロッコリー 100%ナチュラル
2.27Kg【冷凍品】

(コストコと同じ商品)
Amazon
2.27kgなし1,515円66.7円
【ブロッコリー 500g】
冷凍カット野菜
楽天
0.5kgなし398円79.6円
【冷凍】ブロッコリー 2.27Kg
約1インチカット冷冷凍ブロッコリー
(業務用)【コストコ通販】

(コストコと同じ商品)
楽天
2.27kgなし1,491円65.7円

楽天・Amazonともに、コストコと同じ冷凍ブロッコリーを販売していますが、
コスパはコストコが圧倒的です。

楽天は、コストコと同じ商品ですが、コストコの次にコスパが良いようです。
一方、コストコの年会費は4,400円(税別)です。
楽天の送料を無視すると、コストコのブロッコリーを年間8個以上購入するのであれば、
コストコの年会費のもとが取れます






ブロッコリーが豊富に含む栄養素

シロがお弁当の野菜にブロッコリーを選んだ理由は、その健康への効果です。
以下で、ブロッコリーに豊富に含まれる栄養素について紹介します。

ビタミンC

ブロッコリーは、レモンの約2倍のビタミンCが含まれているってご存知ですか?

ビタミンCの効能は、疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止、
さらには、美肌効果やシミ対策にも有効です。

大人が1日に必要なビタミンCは、100mgと言われています。
ただし、身体に溜めておくことができず、サプリで採取しても尿として排出されてしまいます。
そのため、ビタミンCは、毎日継続して、食品から摂取することが推奨されています。
ブロッコリーでは、たった5房で1日に必要な量が摂れてしまいます。

葉酸

ブロッコリーには、葉酸もたくさん含まれています。

葉酸は、DNAの合成や調整に深く関わっており、正常な細胞の増殖を助ける働きがあります。
特に、妊娠前後の女性は、胎児の成長に大量に必要なので、普段の必要量の約1.7倍摂取する必要があると言われています。

大人が1日に必要な葉酸は、約240μgと言われています。
ブロッコリーでは、こちらも5房で摂取できます。

ビタミンE、ビタミンK、食物繊維

その他にも、ビタミンEやビタミンK、食物繊維なども含まれます。
さらに、スルフォラファンというデトックス作用のある物質も含まれます。

このようにブロッコリーには、
成人、特に妊娠前後の女性にうれしい成分が豊富に含まれています


ブロッコリーの調理方法


ブロッコリーに含まれる栄養素の多くは、ゆでると栄養素がゆで汁に逃げてしまいます。
その点、コストコのブロッコリーは加熱されていませんので、
栄養素がばっちり含まれています。

ブロッコリーのおすすめの調理法は蒸す、もしくはレンジです。
シロは、栄養素が逃げないように、以下のように調理した後、
もう一度冷凍して、お弁当に詰めています。

【ブロッコリーのおすすめ調理法】
①耐熱皿にのせ、大さじ2の水をかけてラップをする。
②電子レンジ(600w)で1分30秒〜2分加熱する。

まとめ

ブロッコリーは、ビタミンCや葉酸を豊富に含み、
大人はもちろん、特に妊婦前後の女性におすすめの野菜です。
コストコでは、楽天やAmazonに比べて、
圧倒的なコスパで冷凍ブロッコリーを購入できます。
ぜひ、コストコにお立ち寄りの際は、ご購入を検討下さい。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
SPONSORED LINK