シロです。

倹約家かつミニマリストを目指すシロは、
以下に挙げるようなものはしっかり購入します。

・購入したことで、生活における作業が減らせるもの
・購入したことで、快適になったり、生活環境が快適になるもの
・今まで2つだったものが、1つを持ち歩くだけで済むもの

今日は、2018年に購入したこれらの商品のうち、
消耗品を除く5つを紹介します。




無印良品のシャツ

1つ目は、無印良品の白シャツです。
商品名は、「オーガニックコットン洗いざらしオックスボタンダウンシャツ」です。

unnamed


この商品の一番良いところを挙げてみます。

・ノーアイロンでも着れる風合い
・着丈が他の白シャツに比べて短め
・生地が厚め(透けにくい)
・圧倒的なコスパ(2,990円;たまに2,490円)

シロは、えりのある服が好きなので、シャツも良く着ます。

シャツを着るうえで大変なのは、アイロンですよね。
シャツは、洗濯するとすぐしわができてしまいます。
しわしわのシャツを着ていると、だらしない、不潔という印象になるためアイロンが必須です。
しかし、アイロンって結構時間がかかるし、面倒です。
このシャツの最も良いところは、他の白シャツに比べて、ノーアイロンでもしわが少ないことです。
(実は、上の写真はノーアイロンです)
着丈が短めで質感的にカジュアルなので、多少しわがあっても着れる風合いが気に入っています。

一般的な白シャツは生地が薄めで下着の色によっては透けますが、
この白シャツはかなり厚めの生地なので、透けがそこまで気になりません。
また、着丈が短いので、タックアウトしても様になります。

そして最もポイントが高いのがコスパです。
「生地が厚めで、着丈が短いカジュアルな白シャツ」、
それなりのブランドのお店に行けばありますが、4000円以上しますよね?
無印良品の白シャツは、なんと税込み2,990円で購入できます。
さらに、たまにセールで2,490円で購入できることもあります。

シロは、今のところほぼ毎日、無印良品の白シャツを愛用しています。

 

低反発クッション

2つめの商品は、低反発クッションです。

unnamed (1)



この商品の良いところは、次の点です。

・椅子に置くだけでよい
・ほとんどの椅子に対応する(わざわざ椅子を買わなくてよい)
・コスパがよい(2,099円)
・姿勢が正される

シロは、やや猫背、特に椅子に座っているときは姿勢が悪くなります。
姿勢矯正用の椅子やクッションを探していましたが、
価格が高くて購入に踏み切れなかったり、
購入してもサイズが合ってなかったり、違うところが痛くなったりしていました。

この商品は、2,099円とお手頃価格で、Amazonのレビューも高かったので購入しました。
椅子に置くだけでよく、ほとんどの椅子に置けるため、追加投資がありません。
驚くべきは、この値段なのにかなり姿勢が正されます。

食卓と仕事机に1個ずつ使用しており、車用にも購入しようと検討しています。


ニューバランスのスニーカー

3点目は、ニューバランスのスニーカーです。


とても履きやすく、歩きやすいです。
シロは、2~5kmぐらいならバスやタクシーを使わず歩きます。
そのため、ソールが薄かったり、ファッション性に優れる靴より、
長時間履いても疲れず、足に負担をかけない靴を選ぶようにしています。

ニューバランスは、店頭で試し履きしただけで、
包まれるようなフィット感と、歩いた時の負担の小ささを感じました。
基本的に毎日履いていますが、革靴など他の靴を履いた後に履くと、
その負担の小ささ、快適さが実感できます。




Spingle Moveのスニーカー

4点目は、spingle moveのスニーカーです。
スニーカー2つめですみません。
でも、こちらもとっても履きやすいんです。


Spingle moveのスニーカーのメリットは以下です。

・素材がレザーなので、長く使える。
・ソールを交換してもらえる(ただし有料)
・長時間歩いても疲れない
・たくさんモデルが出ているので、自分の好きなタイプ、色を選べる
・他の人と被りにくい(笑)

Spingle moveの最大のメリットは、コスパの良さです。
価格はどれも1万円以上するため、決して安くはありません。
しかし、どれも素材がレザーなので、布の靴のように破れたりしにくく、
傷みや汚れも「味」として長く使えます。
そのため、この靴の寿命はソールの減りで決まってしまいますが、
そのソールを5,000円程度の価格で交換してもらえます。

Spingle moveは、日本メーカーであり、
日本人の足を基準に最高の履き心地を目指してハンドメイドで製造しています。
実際に履いてみると、足にとてもフィットしますし、歩いていても他の靴に比べて疲れにくいです。

タイプは、ハイカットやローカットなど様々です。
色も、白をはじめ、緑や紺、トリコロールなど、さまざまなものが発売されています。
また、扱っている店舗が少ないので認知度が低く、他の人と被りにくいのもメリットです(笑)。

シロは、5年前に購入し、ソールを2回交換して、履き続けていました。
ソール交換は4,000円ほどだったので、靴1足の総額は22,000円ほどです。
あまりにも履き心地がよすぎて、ほぼ毎日使用していたため、
革の部分が擦れて「味」ととらえられなくなったため、昨年改めて購入しました。
5年間毎日なので、1日あたり12円ほどです。
マスクが1枚16円なので、コスパは相当高いと思います。


Ankerのモバイルバッテリー

5点目は、Ankerのモバイルバッテリーです。


この商品のすごいところは、次の点です。

・プラグとモバイルバッテリーが一体になっている
・スマホとモバイルバッテリーを、同時に充電できる
・充電速度が速い
・2,999円と安い

コンセントと充電器の2個持ちしている方、
この商品は一体式かつコンパクトなので、持ち運びがとっても楽です。
(iPhoneの方は、さらにモバイルバッテリー充電用のケーブルも持ち歩かなくてよくなります。)

また、モバイルバッテリーだと、モバイルバッテリーの充電も必要です。
この商品は、夜寝る前にスマホと同時に充電し、出かける際はモバイルバッテリーごと持って行けばよいので、とっても手軽です。

お値段もそこまで高くないので、気軽に購入できます。

まとめ

本日は、2018年に買ってよかったものを紹介しました。

これまで、生活の中の作業軽減や、持ち物の削減はかなりやってきたので、
生活が快適になる商品が多めですね。
生活の中の作業軽減や、持ち物の削減については、
今後、ゆっくりと紹介していきたいと思います。 大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
SPONSORED LINK