シロです。

倹約家を目指す上で重要なことの一つが、消耗品の選択です。

例えば、洗顔料です。
毎日汗をかいたり、外出している以上、洗顔は必要です。
高級な洗顔料を使う必要はありませんが、
適当な洗顔料では、逆に効果が薄く使用している意味がありません。

今日は、2018年に試しに購入し、今も使用している消耗品5つを紹介します。



イオントップバリューのマスク

1つ目は、イオントップバリューのマスクです。
商品名は、「ウイルス飛沫、PM2.5対応 不織布マスク」です。
こちらは、ふつうサイズと、小さめサイズの2種類があります。

この商品の一番良いところを挙げてみます。

・長時間つけてても、耳が痛くならない
・どこでも手に入る
・イオンオーナーズカード+イオン感謝デーで8%OFFで買える
・コスパが良い(通常は1枚10円、上記割引きで1枚8円)

今年はインフルエンザが猛威を振るっています。
電車やバスに乗ろうものなら、「ゴホゴホ」と咳をしている人がいます。
皆さんの職場でも、風邪気味の人は多いのではないでしょうか?

また、もう少しすれば、花粉の季節がやってきます。

乾燥の冬から、春にかけて、マスクが手放せない人は多いです。

マスクを購入する上で重要なのは、つけ心地と、コスパです。
シロは、マスクは基本的につけっぱなしにしたいのですが、耳が痛くなるのが耐えられません。
コスパが良く、耳が痛くならないマスクをいろいろ検討し、以下の商品に行きつきました。


問題はAmazonではあわせ買い対象商品のため、大量買いしなければならないこと、
楽天では送料がかかることです。

そんな時に、イオントップバリューのマスクに出会いました。
イオントップバリューのマスクは、耳ゴムの面積が広く、少し緩めなので、
長時間つけていても耳が痛くないです。

旅行時に忘れても、イオンやマックスバリューはどこにでもあるため、
すぐに購入することが可能です。

さらに、コスパが最高に良いです。
Amazonや楽天などで、つけ心地を一切無視して得られるマスクのコスパは1枚約8円です。
イオントップバリューのマスクは、以下を併用することで、同じコスパで購入できます。
・10日、20日に開催されるイオン感謝デー(5%OFF)、
・イオンオーナーズカード(3%以上キャッシュバック)
関連記事:イオン株を購入してイオンオーナーズカードで得しよう!

シロは、イオントップバリューのマスクで、
花粉症の季節まで乗り切る予定です。

 

ソフトサンティア(目薬)

2つめの商品は、目薬です。


この商品の良いところは、次の点です。

・コンタクトレンズしていても使用可能
・しみない
・防腐剤フリー
・5ml×4本入りなので、家族で共有できる

シロは、仕事でも私生活でもPCやスマホを使用します。
とっても目が疲れるので、目薬は手放せません。
一時期はスーッとする目薬を使用していました、がやめました。
理由は、防腐剤による副作用が指摘され始めたからです。

防腐剤は、菌を殺すための物質です。
目薬をつける際に、目薬のケースのふちがまつげなどに接触すると、
菌が目薬の中に入って菌が繁殖する可能性があります。
そのため、たいていの目薬には防腐剤が使用されています。

通常は、防腐剤の入った目薬を点眼しても、涙で薄まるので防腐剤の影響は小さいです。
しかし、シロのようにドライアイの場合、涙の量が減っているため、防腐剤が濃いまま残ります。
防腐剤は、目の表面の角膜や結膜の細胞を傷つけて、炎症を起こしてしまいます。

こちらの商品は、1箱20mlで約580円とコスパもよく、
4本に分かれているので家族で共有することもできます。
また、コンタクトしながら使用することができます。
点眼後のスーッとする感じ(爽快感)はありませんが、
今後の目のことを考えてこちらにしました。

NIVEAの洗顔料

3点目は、NIVEAの洗顔料です。


シロはもともとできもの(ニキビ)ができやすい体質でしたので、さまざまな洗顔料を試してきました。
NIVEAの洗顔料は、洗顔後に肌がツッパる感じがないです。
また、この洗顔料に変えてからが、ニキビが減りましたので、
油脂もしっかりとってくれていると思います。

大人の男性用洗顔料としては、お高いものも多数あります。
この商品は約500円で一か月以上持つので、コスパもよいので、
倹約家のシロでも続けられます。




無印良品の化粧水

4点目は、無印良品の化粧水です。
以前は、NIVEAの化粧水を使用していましたが、こちらに変更しました。
図3



無印良品の化粧水の良いところは以下です。

・いろいろな化粧水の中から、肌に合わせて選べる
・無香料の商品が多い
・NIVEAに比べてコスパが良い
 NIVEA:100mlで745円
 無印良品:200mlで1,195円(10%OFFで購入)
 (上記のネット通販は、割高です。)

無印商品は、さまざまなタイプの化粧水を発売しています。
参考記事:無印良品のスキンケア商品ページ
そのため、自身の肌の状態に合わせて、化粧水を選ぶことができます。

シロは、少し油脂が多い肌質のため、クリアケアタイプを選びました。
もともとNIVEAのオイルコントロールタイプの化粧水を使っていましたが、
無印良品の化粧水でも吹き出物はあまりできません。

NIVEAから無印良品に変えた決め手はコスパです。
ネット通販での購入は割高ですが、
無印良品で購入すればNIVEAに比べてコスパが良いです。
さらに、無印良品週間に購入すれば10%割引きが受けられます。


大島椿

5点目は、大島椿です。
図2



風呂上りのドライヤー前につけることで、髪が落ち着きます。
朝もあまりぼさぼさにならず、使い始めてから手触りが優しくなりました。
また、つや感が増して、髪が健康的に見られます。

髪は年齢を重ねると目に見えて痛みますので、日々のお手入れが欠かせません。
シロは、1日に3~4滴程度でよいため、60mlで半年ぐらい持ちます。
Amazon価格で1日6.5円なので、コスパもよいと思います。


まとめ

本日は、2018年に買ってよかった消耗品を紹介しました。

倹約家だからといって、肌や髪のケアを全くしない方がいます。
確かにその分消耗品は減るため、生活コストは減少します。
しかし、年齢を重ねるとダメージは確実に蓄積していきます。
1日数十円、数百円もするケアを続ける必要はありませんが、
最低限のケアは必要と考え、消耗品を厳選してきました。

今後も、コスパのよい、効果の高い消耗品を紹介していきます。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
SPONSORED LINK