2018年よりコストコ会員になったシロです。

コストコでは、お弁当のおかずをメインに購入しているシロですが、
食料品以外でもこまごましたものを購入しました。
参考記事:お昼のお弁当で月1万円以上の節約(コストコ製をおかず紹介)

今日は、2018年にコストコで購入してよかったもの(食料品以外)を3つを紹介します。



ワセリン

1つ目は、ユニリーバジャパン製ワセリンです。


コストコでも、上記のように2個セットで販売されています。
以下、商品の詳細です。

商品名: ヴァセリン オリジナル ピュアスキンジェリー
    (Vaseline 100% pure petroleum jelly original skin protectant)
容量:368g×2個
コストコ価格:1,180円(2018年11月)

乾燥する季節に、お肌のケアは欠かせませんね。
一般に販売されているボディクリームは、香料や防腐剤が入っているものも多く、
人によっては刺激が強いものもあります。

こちらのワセリンは、無香料、無着色で防腐剤も入っていませんので、
極端に肌の弱い方でなければ、安心して使用することができます。
また、注意点はあるものの、赤ちゃんにも使用することができます。

コストコでは、Amazonや楽天市場、ドラッグストアなどに比べて
とても安い価格で販売されているので、とってもお得です。

ちなみにヴァセリンは、リップ専用のとっても小さいタイプも発売されています。
手のひらに収まるサイズですので、持ち歩きにとっても便利です。



 

スコットショップタオル

2つめの商品は、スコットショップタオルです。
図2

この商品の詳細を紹介します。

商品名:Scott Shop Towels(スコット ショップタオル)
内容量:55枚×10ロール
一枚あたりのサイズ:27.9cm×26.4cm
価格:2,258円(2018年11月)

こちらのタオルは、一枚一枚がかなり厚手で破れにくいです。
水に濡らして引っ張ってもなかなか破れません。

我が家では、キッチン周りや玄関、ベランダの掃除などで雑巾の代わりに、
また、クイックルワイパーの代わりとしても使用しています。
雑巾だと、汚れたら一度洗って使用しますが、
明らかに色が変わっていますので、ちょっと衛生的ではなさそうですよね。
こちらの商品は、汚れたら捨てればよいので、非常に衛生的です。
また、1枚あたりの価格は4.5円ですので、雑巾を購入するよりもお得です。

オキシクリーン

3つめの商品は、オキシクリーンです。
以下、写真は湿気を防ぐために、容器に入れ替えています。
図1


この商品の詳細を紹介します。

商品名:Oxi Clean(オキシクリーン)
内容量:4.98kg
価格:2,048円(2018年10月)
成分:過炭酸ナトリウム(酸素系)、界面活性剤(エトキシレート・アルコール)、 炭酸ナトリウム(水軟化剤)、洗浄補助剤
   
主成分である過炭酸ナトリウムは、水に溶けると他の物質を酸化させる性質があり、
ものの表面の汚れを酸化させ、取り除くことができます。
そのため過炭酸ナトリウムは、漂白剤をはじめ、配管用洗剤や洗濯槽用洗剤など、
様々な洗剤の主成分として使用されています。

さらに、コストコのオキシクリーンには、界面活性剤が含まれています。
界面活性剤は、水と油どちらにもなじむ性質を持っており、
物質表面の汚れに付着し、洗い流す際の水になじみやすくします。

オキシクリーンには、これら過炭酸ナトリウム、
界面活性剤が含まれているため、強い洗浄力があります。

最近は、トイレ掃除用、台所用、風呂掃除用など様々な洗剤が発売されています。
それぞれで発生する汚れに合わせて成分を調整しているのですが、
いくつも購入すると、中には二度と使わないものも出てきて勿体ないです。
オキシクリーンは、いろいろな場所の掃除に使用することができるところです。

シロは、オキシクリーンをキッチン、洗面所、トイレ、配管、お風呂などの掃除に使用しています。
どこの掃除に使用しても、かなり綺麗になりますので、重宝しています。
また、通常の洗剤は4.98kgも入っていて2,048円と安いのもメリットです。


SPONSORED LINK



まとめ

本日は、2018年にコストコで買ってよかったもの(食料品以外)を紹介しました。

今回紹介したものは、まずはコストコで購入していますが、
今後はもっと安く手に入らないか、もっと良い代用品はないかを検証していきます。
検証の結果は、改めて紹介しますので、楽しみにしておいてください。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
SPONSORED LINK