シロです。

やってしまいました。
1月のクレジットカード引き落しで、残高不足でした。
クレジットカード会社より通知、支払い遅延金が発生してしまいました。

man-2734073_1280


SPONSORED LINK

支払い遅延金とは?

支払い遅延金は、別名、遅延損害金とも言います。

クレジットカードを使用した場合、クレジットカード会社は、店舗に立て替え払いをします。
つまり、クレジットカードの使用者は、クレジットカード会社に対して借金をした状態です。

借金には利息がつきます。
しかし、クレジットカードの支払い全てに利息をつけると、
クレジットカードの利用者が減ってしまい、クレジットカード会社は儲かりません。
そのため、クレジットカード会社は、2回払いまではクレジットカードの使用者に利息をつけません。

しかし、その支払いが遅延した場合は別です。
クレジットカードによる支払額は借金であるため、当然利息が発生します。
これが支払い遅延金です。

支払い遅延金の額

では、支払い遅延金はどの程度なのでしょうか?

多くのクレジットカード会社は、支払い遅延金を以下の式で計算しています。

支払い遅延金 = 損害金請求金元金×遅延損害金年率×支払い期日後経過日数÷365(日)

損害金請求金元金とは、決済日に支払えなかった金額です。

遅延損害金年率は、買い物か、キャッシングかによって変わります。
買い物の場合は14.6%、キャッシングの場合は20%が一般的です。

貸金業法の規定では、遅延損害金は、上限金利は年20%となっています。
キャッシングの場合は、上限金利を適応されるわけですね。


SPONSORED LINK


支払い遅延のデメリット

支払い遅延には、支払い遅延金以外に、以下のデメリットがあります。
いずれも一回の支払い遅延では可能性は低いようですが、
支払い督促を無視したり、何度も遅延していると可能性は高くなります。

ブラックリストに載る

約束の支払い日に支払いをしていないため、
「信用できない人間」としてブラックリストに載る可能性があります。

1度や2度の支払遅延では可能性は低いようですが、
ブラックリストに載ると以下のことができなくなります。
・新しいクレジットカード発行審査に通らなくなる
・銀行などでローンが組めなくなる

クレジットカードが使用停止になる

使用しているクレジットカードが利用停止になる可能性があります。

最近では、携帯代金や電気、ガスなどの公共料金を
クレジットカード払いにしている方は多いと思います。
クレジットカードの利用が停止されると、これらの支払いも滞納してしまうため、
携帯や電気、ガスなども停止される可能性があります。

更新停止

更新停止とは、クレジットカードの有効期限到達時に再契約が行われないことです。
クレジットカードの申請には時間も手間もかかります。
メリットの大きいクレジットカードであれば、そのメリットも失って今います。

今回の遅延損害金

今回のシロの状況を紹介します。

損害金請求金元金(決済日に支払えなかった金額):100,967円
支払い期日後経過日数:11日

支払い遅延金=100,967×0.146×11(日)÷365(日)=444円

支払い遅延金は、11日で444円、一日あたり約40.3円でした。

クレジットカードの利用は止められずにすみましたが、
ひたすら電話口で謝りたおしました。

おわりに

クレジットカードは借金です。
約束した期日に支払いが間に合わなければ、当然利息が発生します。
また、遅延すれば相応の対応をとられ、今後の人生が狂うことにつながりかねません。

まずは支払い遅延を起こさないこと、
支払い遅延が発覚したら、すぐに支払いの意思があることを示しましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK