シロです。

楽天市場にて、3/11まで、平成最後のスーパーセールが開催中です。

今回の楽天スーパーセールの目玉は、以下の3点です。

①200万点の半額商品
②ショップ買い回りでポイント最大10倍
③楽天ポイントが最大43倍

半額商品は、毎晩日替わりで準備されていたり、
最大2000割引きのクーポンが準備されていたりします。
そのなかでも目玉は、ふるさと納税が買い回り対象商品となっていることです。

ふるさと納税とは、自治体の一つに寄付することで返礼品がもらえ、
2,000円を除く寄付金が所得税・住民税から控除される制度です。
つまり、2000円以上の価値がある返礼品を選べば、絶対に損をしない制度です。
さらにスーパーセール中は、買い回りで楽天ポイントが最大9倍もらえます。
panda-655491_1280



楽天市場は、2018年の通期決算において、初の売上1兆円達成を発表しました。
決算報告では、課題である国内物流強化や、通信事業開始などの政策が報告されました。

物流強化は、2018年から2年がかりの政策です。
2018年、三木谷社長は2020年までに「ワンデリバリー」構想を構築すると宣言しました。
「ワンデリバリー」構想とは、楽天が購買データと配送データを管理し、スムーズで迅速な配送を行うシステムです。

2018年は、楽天市場で購入した商品を、
コンビニエンスストアや郵便局で受け取れるサービスや、
商品受け取りロッカー「楽天BOX」の設置が進められてきた。
さらに、2019年1月に千葉県、大阪府に独自の物流拠点が完成し、
2019年3月から、株式会社関通と業務提携を開始する。


今回の楽天スーパーセールは、3/4~3/11の期間開催されています。
3/1(金)の終値は884円でしたが、3/8(金)の終値は928円と急上昇しました。
これら物流改善や、携帯市場によるさらなる株価上昇を期待しています。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット