シロです。

携帯のキャリア変更は、最も効果の大きい固定費削減です。
そして、次に検討したい固定費削減が、おうちのネット回線をWiMaxに変えることです。

「WiMaxなんて、どこで契約しても一緒だろう」

とお考えの方、GMO とくとくBBは、大手WiMaxより年間2,400円以上お得です。

我が家では、GMOとくとくBBを契約して3年間使用してきましたので、そのお得度と、3年間使用した感想をご紹介します。

図1

SPONSORED LINK



GMOとくとくBBとは

GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダです。

GMOインターネット株式会社は、元は「インターキュー株式会社」という名前であり、インターネットが普及し始めた1995年から、インターネット接続サービスを提供している東証一部上場企業です。

インターネット接続サービスとして有名なBIGLOBEやSo-net、niftyも、同じ時期にインターネット関連事業を始めており、この業界では老舗です。

GMOとくとくBBの月額料金

GMOとくとくBBのメリットは、月額料金が安いことです。

GMOとくとくBBのWiMaxには、通信量によって2つのプランがあります。

【GMOとくとくBBの2つのプラン】
〇通常プラン 月間データ容量が7GBのプラン
〇ギガ放題プラン 月間データ容量の上限がない、使い放題プラン

これらのプランの申し込み時に、2つの特典から一つを選べます。

【GMOとくとくBBの申し込み特典】
〇キャッシュバックを一括で受け取る
〇月々の料金を割引きする

それぞれの特典、プランにおける料金体系は以下の通りです。

特典一括キャッシュバック
月々料金割引
プラン通常プラン
ギガ放題
プラン
通常プラン
ギガ放題
プラン
月額
料金
(税抜)
端末到着月
※日割
3,609円
※日割
3,609円
※日割
2,170円
※日割
2,170円
※日割
1~2か月目3,609円3,609円2,170円2,170円
3か月目~36か月目4,263円2,690円3,480円
初期費用(税抜)3,000円
キャッシュバック36,000円36,000円 5,000円5,000円
37か月の実質総額(税込)
111,455円135,470円104,047円133,056円
37か月の月額平均(税込)
(端末到着月+3年間)
3,012円3,661円2,812円3,596円
※消費税は8%として計算、※端末到着月は全額負担と仮定

月額平均は、月々の料金割引の特典を選んだほうが、安くなります。
この料金を達成するための条件は、以下の通りです。

条件1:3年契約であること

通常プラン、ギガ放題プランともに、3年契約が前提です。
途中で解約する場合、~24か月目までは24,800円、25か月目以降は9,500円の違約金が発生します。

条件2:3日間の通信量を10GB以内に抑えること

この制限は、WiMaxを提供しているUQコミュニケーションズが設けているため、GMOとくとくBBに限らず、どのプロバイダーでも発生します。

制限内容は、直近3日間の通信量が10GB以上であった場合、翌日まで通信速度が1Mbps程度に制限されます。
ただし、10GBあればYou tubeを高画質モードで7時間再生できますし、Instagramのタイムライン(100件表示)を約150回見ることができます。

普通にネット環境を使用される方は、あまり気にしなくても大丈夫です。

条件3:一括キャッシュバック額は使用する端末によって異なる

GMOとくとくBBでは、端末代金は無料です。
ただし、申し込みをする端末によって、キャッシュバック額が異なります。

一括キャッシュバックを選んだ場合の、端末とキャッシュバック額の関係は、
こちらのGMOとくとくBBのページをご覧ください。

キャッシュバック額が最大となるのは、「Speed Wi-Fi NEXT W05 本体のみ」を選んだ場合です。

端末の差は、主にバッテリー持ちであり、通信速度に大きな差はないようです。

なお、本体のみでは、LANケーブルを接続することができません。
お手持ちの機器でLANケーブル接続が必要な場合は、クレードル(充電台)セットを選択ください。「Speed Wi-Fi NEXT W05 」の本体+クレードルセットを選択した場合、キャッシュバック額は31,800円です。

キャッシュバック額が端末により変動することからも、月々の料金を割引きしてもらったほうがお得になります。

SPONSORED LINK


WiMax各社の料金比較


WiMaxの主要な5社である、GMO、So-net、@nifty、BIGLOBE、Broad WiMaxの、月額平均料金を比較します。ここでは、通信量制限なしの使い放題プランの料金を比較しました。

各社とも、同じ通信網、端末を提供していますので、通信速度に違いはありません。

(2019年3月12日更新)
GMOとくとくBB @niftyBIGLOBESo-netBroad WiMax
契約期間3年3年3年3年3年
月額
料金
(税別)
端末到着月
※日割
3,609円
※日割
2,170円
※日割
0円0円0円0円2,726円
※日割
1~2か月目3,609円
2,170円
3,670円3,620円3,695円3,620円2,726円
3~24か月目4,263円
3,480円
4,350円3,620円4,380円3,620円3,411円
24~36か月目4,263円
3,480円
4,350円3,620円4,380円3,620円4,011円
初期費用3,000円(税抜)
端末代金0円0円 1円0円0円0円0円
キャッシュバック36,000円5,000円 30,100円0円30,000円0円0円
37か月の
実質総額(税込)
135,471
133,056
140,800
143,986
142,055
143,986
145,100
37か月の
月額平均(税込)
3,661円3,596円3,805円3,892円3,839円3,892円3,922円
※消費税は8%として計算、※端末到着月は全額負担と仮定

月額平均が最も安いのは、GMOとくとくBBの月々割特典でした。
最も安い大手@niftyと比べて月200円、年間2,400円以上お得です。

2年間使用した感想

我が家では、2018年3月から3年間、GMOとくとくBBを使用しました。
契約はギガ放題プランで、ノートPC、および夫婦二人のスマホを接続して使用していまいした。

〇通信速度について
PCを使いながらスマホを使用したりもしていましたが、12時代と19時代に通信速度が遅くなる以外は、通信速度に不便はありませんでした。
(12時、19時は、多くの方がお昼休憩、もしくは退勤で、通信しているためと考えています。)

〇キャッシュバックについて
キャッシュバック期間になると、GMOとくとくBBからメールが届きました。
GMOとくとくBBのHPから、必要事項を記入すると、その後まもなくキャッシュバック金が振り込まれました。

「キャッシュバックは申し込みを忘れる可能性がある」という方もいらっしゃいますが、GMOとくとくBBはメール連絡をしてくれますので、忘れる心配は少ないと思います。

〇広告が多い

GMOとくとくBBは、契約時にメールアドレスと電話番号を登録する必要がありますが、登録したが最後、GMOとくとくBBからたくさんのメールが届きます。
最初は、「お友達を紹介するとキャッシュバックする」という内容のメールが週に1回程度だったのですが、最後の6か月は、契約更新料金の割引きや、新規端末の契約に関するメール、およびSMSが毎日、多い時には1日3件もあります。
なお、これらのメールは重要なメールに分類されているのか、「配信停止」処理をしても、ひっきりなしに届きました。

GMOとくとくBBの3年間の料金は、キャッシュバックがなければ他のプロバイダーと比べると割高になります。
キャッシュバックは1度しか受けられないため、契約は3年間での終了がおすすめです。

おわりに

WiMaxを導入することで、ネット回線にかかる料金だけでなく、
スマホのプラン見直しで、通信費を大きく節約できる可能性
があります。
参考記事:WiMaxを導入して、通信費を月2,000円以上削減しよう!!

WiMaxを導入するのであれば、大手より月額平均額が安いGMO とくとくBBがおすすめです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK