シロです。

コストコ商品の定番、「天然紅鮭定塩切身・甘口」。

塩分控えめで、身もふっくらしていておすすめです。
我が家でも、冷凍保存して、お弁当のおかずに使用しています。

今回は、天然紅鮭定塩切身・甘口について、
我が家で保存からお弁当に入れるまでの工程を紹介します。





天然紅鮭定塩切身・甘口


図1



商品名:天然紅鮭定塩切身・甘口
原産地:ロシア
価格:100gあたり193円(税込)
賞味期限:購入日より約3日

コストコで販売されている定塩銀鮭切身は、原産地はロシアです。
国産ではないため、心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、
コストコの自社ブラント「KIRKLAND」が提供しているので、品質はしっかり管理されています。

定塩とは、鮭を低濃度の塩水に48~96時間漬け込み、
表面だけでなく身の中まで塩分をしみこませる製法です。
ただ、食べてみると塩分は控えめで、名前の通りやや甘いです。

価格については、100gあたり193円です。
スーパーの特売品の鮭は100gで120円ぐらいですよね。
おそらく、その鮭は養殖の銀鮭です。

一方、コストコの鮭は紅鮭で、しかも天然です。
天然の紅鮭は、川をさかのぼって湖で卵を産みます。
長い川をさかのぼるためにエネルギー(脂)を蓄え、身が引き締まります。

スーパーの鮭と食べ比べてみましたが、コストコの方が脂がしっかりのっていて美味しいです。

コストコ紅鮭の保存方法

我が家での、コストコ紅鮭の保存方法を紹介します。
我が家の使い方沿った方法ですので、ご家庭での使用方法に合わせて、
保存する際のサイズは調節してくださいね。

準備するものは、コストコで購入できるジップロック クオートです。

図2

はい、こちらが購入してきた紅鮭です。
これを、包丁で4等分にします。
切るときに、骨が少し引っかかりますが、包丁を斜め30°に引くようにすれば簡単に切れます。

図3

四等分にした紅鮭は、準備したジップロックに入れて冷凍します。



コストコの紅鮭の調理方法(お弁当用)


ここでは、お弁当に詰めるために、紅鮭の簡単な調理法を紹介します。
我が家では、土日に以下の方法で作り置きして、朝は弁当箱に詰めるだけです。

【作り方】
①皿、もしくはオーブントレイにクッキングシートを敷き、紅鮭を並べます。
②皿、もしくはオーブントレイをオーブンに入れ、180℃に予熱します。
 (このとき、紅鮭はオーブンの中に入っています)
③予熱完了後、10~15分間加熱します。
④加熱後、冷ました紅鮭を、再びジップロックに入れて冷凍します。

お弁当には、上のようにして調理した紅鮭を凍ったまま入れます。
お昼ごろには自然解凍されて、おいしく食べられます。

まとめ


今回は、コストコの定番商品、「天然紅鮭定塩切身・甘口」のレビューと、
我が家での保存方法を紹介しました。

鮭の保存には、コストコで購入したジップロック クオートを使用しています。

また、我が家のお昼は、コストコで購入した鶏肉や豚肉を使ったお弁当です。
これにより、毎月1万円以上の節約ができています。
それぞれの食材の簡単な作り置き方法をこちらの記事で紹介していますので、良ければ参考にしてください。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK