こんにちは、シロです。

さっそくですが、シロはコンビニで一番好きなものはレジ横のチキンです。
家だと50円ぐらいで作れますが、ついつい誘惑されて180円払ってしまいます。

そんな肉好きシロは、お弁当にも必ずお肉を入れたい派です。

でも脂身が多いお肉は健康に悪そうだし、
とはいえヒレ肉はコスト的に厳しいし・・・。

そんなあなたに、コストコの「三元豚ヒレ真空パック」をおすすめします。
とってもお得で、脂もほとんどついていないため、健康的です。

今回は、コストコの「三元豚ヒレ真空パック」を食べた感想と、
保存方法、お弁当向けの調理方法について紹介します。






コストコの三元豚ヒレ真空パック


図1

商品名:三元豚ヒレ真空パック
原産地:カナダ
価格:100gあたり99円(税込)
要冷蔵 4℃以下

コストコで販売されている三元豚ヒレ真空パックはカナダ産です。
コストコの自社ブラント「KIRKLAND」の提供なので、品質は信頼できそうです。

お値段は、100gあたり99円です。
スーパーでは安くとも100gで150円ぐらいなので、かなりお得ですね!

図2

さっそく開けて、一本取り出してみました。
しっかり真空パックされているので、開封にははさみを使います。

一パックにヒレが2本入っており、2パックセットですので、
ヒレは全部4本入っています。

コストコの豚ヒレの保存方法

我が家での、コストコ豚ヒレの保存方法を紹介します。
準備するものは、コストコで購入できるジップロック クオートです。


図3


と言っても、とっても簡単です。
こういう感じで、1cmぐらいに輪切りにしていきます。

図4


輪切りにしたヒレを、準備したジップロックに詰めます。
我が家では8~12切れを一袋に入れて冷凍します。



コストコの豚ヒレの調理方法(お弁当用1)


ここでは、お弁当に詰めるために、豚ヒレの簡単な調理法を紹介します。

我が家では、土日に以下の方法で作り置きして、冷凍しておきます。
朝は、作り置きしたヒレ肉を弁当箱に詰めるだけです。

【作り方】
①オーブントレイにクッキングシートを敷きます。
②クッキングシートにヒレ肉を並べ、塩、コショウを振ります。
③オーブントレイをオーブンに入れ、180℃に予熱します。
 (このとき、ヒレ肉はオーブンの中に入っています)
④予熱完了後、10~15分間加熱します。
⑤加熱後、冷ましたヒレ肉を、再びジップロックに入れて冷凍します。

お弁当には、このように調理したヒレ肉を凍ったまま入れます。
お昼ごろには自然解凍されて、おいしく食べられます。

食べた感想てみると、うんやわらかくておいしいです。
図1


コストコの豚ヒレの調理方法(お弁当用2)


こちらもお弁当用の調理方法です。

先ほどと同じく、土日に以下の方法で作り置きして、冷凍しておきます。

【作り方】
①フライパンに油をしき、ヒレ肉を焼く。
②砂糖:しょうゆ:みりん=2:2:1を加える。
③ヒレ肉に味が染みるまで煮からませる(10分程度)
④煮からませた後、冷ましたヒレ肉を、ジップロックに入れて冷凍します。

図2

こちらが完成した写真です。
このままご飯の上にたれと一緒に乗せて食べてもおいしいですよ。

まとめ


今回は、コストコの「三元豚ヒレ真空パック」を食べた感想と、
我が家での保存方法、お弁当の調理方法を紹介しました。

三元豚ヒレの保存には、コストコで購入したジップロック クオートを使用しています。

また、我が家ではコストコで購入した鶏肉や鮭を使ってお弁当を作っています。
これにより、毎月1万円以上の節約ができています。
それぞれの食材の簡単な作り置き方法をこちらの記事で紹介していますので、
良ければ参考にしてください。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK