図1 図2
商品名:インターロッキングコンフォートフロアーマット
    (木目調ジョイントマット)

購入価格:1,998円(2020年5月)

お子様が生まれると、購入を検討するジョイントマット!
集合住宅で板張りの我が家でも、子供が走り回ったり転んだりするため、防音性、クッション性のあるジョイントマットを探していました。

コストコのジョイントマット「インターロッキングコンフォートマット」の特徴は、11mmという厚みと木目調!しっかりと防音してくれて、クッション性もあるためキッズスペースに使えて、木目調なのでお部屋の雰囲気も崩しません!

今回は、コストコのジョイントマット「インターロッキングコンフォートフローリング」の特徴と、他店と価格を比較した結果をご紹介します。

SPONSORED LINK



商品詳細

商品名:Interlocking Comfort Flooring
    (インターロッキング コンフォート フローリング)
内容量:8枚
1枚の寸法:61cm×61cm、厚さ約11mm
製造国:中国
素材:表示なし(EVA樹脂?)

コストコジョイントマットの中身


ジョイントマットには、61×61cmのジョイントパッドが8枚、端用のパーツが12個入っています。端用のパーツには、以下のように、辺用と角用の2種類があります。

図5

全てのパーツを使用すると、ちょうど4×2で敷き詰めて端が丸くなるようにパーツが入っていました。端用のパーツは、4×2の形で敷き詰める場合には必要な分が入っていますので、端を切るなどの処理をする必要はありません。

全て使用したときのサイズは120cm×240cmです。
図7

ただし、端用のパーツの木目調が、2枚ほど揃っていませんでした。そのため、下の写真のように、2か所は木目調が揃いませんでした。
図8

コストコジョイントマットの特徴

大人しい木目調

図3

多くのキッズスペース用のジョイントマットは、カラフルだったり、英語が書いてあったりします。お子様としてはカラフルな方が楽しいですし、キッズ用と割り切れる方はそれでも良いと思います。

我が家は、部屋の雰囲気は大人しくしておきたいと考えていました。

コストコのジョイントマットは、大人しめの木目調で、色も落ち着いたダークブラウンなので、うるさい感じはありません。雰囲気としては、西洋風の板間といった感じですので、キッズスペースはもちろん、洋室の防音対策や、和室のイメージチェンジなどにも使えます。

防寒、防音、クッション性◎

市販のジョイントマットの厚みは、薄いものでは4~5mm、ベビー用であれば9~10mmぐらいのものが多いです。

コストコのジョイントマットの厚みを測ってみると、なんと11mmとかなり厚めです。

これだけ厚いと、少しの足踏みでは音がしなくなり、防音性が十分あります。お子さんのいるご家庭では、歩き始めた時から幼児期まで、どんどん足音が大きくなりますので、防音対策は大事ですよね!

さらに、クッション性も十分です。1歳にもなって歩きだすと、子どもは家の中でも走り回ったり、転がったり、頭を打ったりします。コストコのジョイントマットは、厚みがしっかりあるので、少し転んだぐらいではケガはしません。

また、冬のフローリングに敷くと、かなり寒さが軽減されますので、防寒にもなります。 

匂いはほとんどない

ジョイントパッドは、 商品によっては匂いが気になります。

コストコのジョイントパッドは、最初は少し石油のような匂いがしましたが、ほとんど気にならず、敷いて1日程度で匂いはしなくなりました。

SPONSORED LINK


コストコジョイントマットのレビュー

図4
我が家では、コストコのジョイントマットを徐々に買い足し、現在は3パック分を敷き詰めてキッズスペースにしています。(上の写真で微妙に色が違うのは、購入時期が異なるためです。)

約1年使用し、子供はズリ這い、ハイハイを経て歩きだしました。踏み鳴らしたためか、やや厚みが0.5mmほど薄くなりましたが、まだまだ使えそうです。子供もジョイントマットの上で転ぶぶんには痛そうにしていませんので、クッション性も保っています。

また、子供がオムツ替えやお風呂上りに漏らしてしまうこともありますが、防水加工になっているようで、お掃除がとっても楽です。

困った点は、ジョイントマットの端を子供が遊びではがしてしまうことです。上の写真のように、養生テープで補強すればはがされはしませんが、見栄えがやや悪くなってしまいました。

コスパ

コストコのジョイントマットは、8枚入り1,988円、1枚の価格は248円です。

今回は、Amazon、楽天市場の同じく木目調のジョイントマットと価格を比較します。ジョイントパッドは商品によってサイズが異なるため、60cm×60cmあたりの価格を比較しました。

商品名販売元内容量価格60cm×60cm
の価格
インターロッキング
コンフォート
フローリング
コストコ61cm×61cm
厚み10mm
8枚
1,988円248.5円
ジョイントマット
楽天市場
(タンスのゲン)
61cm×61cm
厚み10mm
32枚
4,999円156円
ジョイントマット

Amazon
(kagu-world)
61cm×61cm
厚み10mm
32枚
5,480円171円
ジョイントマット
Amazon
(CBジャパン)
30cm×30cm
厚み10mm
9枚
1,798円799円

今回比較した中では、タンスのゲン(楽天市場)の商品が最もお買得でした。

我が家では、当初ダンスのゲン(楽天市場)を購入しましたが、石油系の匂いが強かったため、当時次にお買得だったコストコ製品を購入しました(良いレビューも多い商品ですので、気にならない方もいると思います。)

2020年5月追記
この記事を書いた2019年12月から、お買得なジョイントマットがどんどん発売されていました。コストコのジョイントマットは、タンスのゲンやkagu-worldの4割増しと、やや割高なようです。

まとめ

コストコのジョイントマットは、120cm×240cmを敷き詰められ、端用のパーツがセットになっているので、切ったりする手間がありません。さらに約11mmとかなり厚めなので、防寒、防音、クッション性に優れています。

我が家でも、当初はこちらを購入しましたが、石油系の匂いが強かったため、コストコ商品を購入しました。(良いレビューも多い商品ですので、気にならない方もいると思います。)

我が家では、コストコ商品を3セット購入してキッズスペースを作製しています。1年ほど使用しましたが、子供が転んでもケガがなく、まだまだ使えそうです。

気になった方は、ぜひ購入をご検討ください。


価格について、最近ではお買得なジョイントマットが販売されており、コストコ商品も以前のようにお買得ではなくなってしまいました。今回比較した中では、タンスのゲン(楽天市場)が最もお買得でした。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK