シロです。

「このポイントカード、いつか使うかも」
「東横インに急に宿泊するときに備えて、メンバーカードを持ち歩かないと」

そう思ってパンパンの財布を持ち歩いていた時もありました。
でも、1年間使っていないカードは今後もおそらく使わないでしょうし、
なによりカードがたくさん入っていると、財布が変形して早く傷む原因にもなります。

「持ちものを減らして、できるだけ身軽に生きたい」

ミニマリストではないですが、財布の中身は必要最小限にするよう心がけています。
そんなシロの財布の中身を公開します。
SPONSORED LINK



愛用のハンドメイド革財布

図11

財布は、5,000円ぐらいでハンドメイドした革財布です。

小銭があまり入らず、カードが10枚くらい入って薄い革財布、という条件で探しましたが、
なかなか見つからなかったので自作しました。

「え、財布手作りなの!?」

とよく驚かれます。
ブランドにはまったく興味ありませんが、
安っぽい財布と思われたくなかった私にピッタリの財布です。

本革なので経年変化が楽しめますし、自作なので愛着がわきます。
一つ残念なのは、カード入れが2枚分空いていることです。

お財布の中身

お財布の中身は以下の通り、生活していくうえで最小限です。

1.現金
2.クレジットカード1枚
3.身分証、保険証、銀行カード
4.その他のカード(計6枚)

現金:お札と100円玉1枚

図5

キャッシュカード派ですが、万が一に備えて現金は入っています。
ただし、入っているのはお札だけで、小銭は100円玉一枚だけです。

おつりでもらった小銭は、その日のうちに家の貯金箱にすべて入れてしまいます。
とはいえ、小銭がないと返金式のコインロッカーや、コピー機などを使うたびに、
1,000円相当の小銭を貯金箱に入れることになり、すぐに貯金箱がいっぱいになります。

そこで、100円一枚だけは持ち歩くようにしています。

貯金箱は1年に1回程度、ATMから銀行に預金しています。

クレジットカード:1枚

図6


クレジットカードは、リクルートカードプラス1枚です。

数あるクレジットカードからこのカードを選んだのは、還元率が2%と高いからです。

また、リクルートカードプラスは、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が自動付帯で、
年会費も2,160円とそれほど高くありません。

クレジットカード選定の4つのポイント:リクルートカードプラスは高還元率クレジットカード

何枚ものクレジットカードを使い分けている方もいらっしゃいますが、
ポイントが分散してしまい、たくさん持ち歩くのは煩わしいため一枚だけとしています。

コストコに行くときは、楽天Masterカードを持っていますが、
普段は使用しないため財布には入れていません。
コストコ用サブカードは楽天カードがお得!
SPONSORED LINK


身分証、保険証、銀行カード

図7

免許証 、保険証、銀行のキャッシュカードです(保険証はダミーです)。

普段使う銀行は1本化していますので、キャッシュカードは1枚のみです。

他に貯蓄口座として、住信SBIネット銀行を使用していますが、
預け入れるばかりなのでキャッシュカードは持ち歩いていません。

その他のカード(計6枚)

図8

その他のカードは、以下の通りです。

・まねき猫メンバーズカード(ぺらぺら)
・ブックオフカード(ぺらぺら)
・Tポイントカード
・Pontaカード
・イオンオーナーズカード
・SUICA

まねき猫のカードが唯一のメンバーズカードです。
たまにしか使用しませんが、かさばらないので入れています。


ポイントカードは、ブックオフTポイント、Pontaの2枚です。

ブックオフは、本を売りたいときに手間がすくないので利用しています。
本の購入は、本の検索ができて価格も安いAmazonやメルカリを利用しています。
(ブックオフではほとんど買わないので、ポイントは貯まるいっぽうです。)

Tポイントカードは、ガソリンスタンドで利用します。
車社会で生活していますので、必然的にたまってしまいます。
Tポイントはアプリがあるそうなので、こちらの活用を検討しています。

Pontaカードは、不用品をセカンドストリートで売るときに使用します。


イオンオーナーズカードは、イオンの株主優待です。
イオンでの購入料金が記録され、半年に一回、購入価格の3%がキャッシュバックされます。
生活用品や食料品は、ほとんどイオンで購入しています。
イオン株を購入してイオンオーナーズカードで得しよう!

おわりに:本当に必要なものを厳選しよう


マツモトキヨシや書店などのポイントカードは、ほとんどアプリにしました。
Tポイントなど、残ったポイントカードもアプリにしようと考えています。

小銭も、クレジットカードにしてしまえば必要ありません。
クレジットカードにすると、きっちり払おうと小銭を探す手間はありませんし、
小銭が増えて財布が重くなることもないので、財布がすっきりします。
また、クレジットカードは、ポイントを最大限にするためには、一つに集約した方がよいです。

クーポンやポイントで節約することも大事ですが、財布にあれこれ詰め込んでいると、
見つけるのに時間がかかりますし、財布がパンパンになって傷みも早くなります。
なにより、財布の中身を最小限に抑えれば、心にもゆとりが生まれます。

この記事が、あなたの財布を見直すきっかけになれば幸いです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK