シロです。

葵わかなさんがイメージキャラクターを務める「mineo(マイネオ)」。

mineoは、「必要なものを、必要なだけ」をモットーとする格安SIMです。
全てのユーザーに自身にあった使い方が提供できるよう、プランが設定されています。
mineoには、次のようなメリットがあります。

mineoのメリット
〇docomo、au、softbank各社のスマホに対応
〇データ容量は6種類から選べる
〇データ容量は、家族以外ともシェア可能
〇mineoでんわで、通話料金が安い


今回は、mineoのプランと、シロ家の料金シミュレーションについて紹介します。

iphone-410324_1280

SPONSORED LINK

mineoの料金プラン

まずは、mineoのHPで公開されている料金プランと、その特徴をご紹介します。

mineoのSIMは、通信の種類、および回線に応じて6種類に分かれています。

通信の種類は、データ通信のみのSIMである「シングルタイプ」、
データ通信と音声通話が可能なSIMである「デュアルタイプ」の2種類です。

回線は、au回線のAプラン、ドコモ回線のDプラン、ソフトバンク回線のSプランから選択できます。
A、D、Sプランで契約できる通信容量は同じですが、料金が少し変わってきます。
また、D、SプランのシングルタイプでSMSを契約する場合、基本料金がかかります。

それぞれのプランについてできることと、契約した通信容量ごとの料金を次の表にまとめました。

シングルタイプデュアルタイプ
プランAプランDプランSプランAプランDプランSプラン
データ通信
音声通話×××
月額料金容量500MB700円700円790円1,310円1,400円1,750円
容量3GB900円900円990円1,510円1,600円1,950円
容量6GB1,580円1,580円1,670円2,190円2,280円2,630円
容量10GB2,520円2,520円2,610円3,130円3,220円3,570円
容量20GB3,980円3,980円4,070円4,590円4,680円5,030円
容量30GB5,900円5,900円5,990円6,510円6,600円6,950円

mineoのプランの特徴を、以下で詳しく見ていきましょう。

特徴1:6種類のデータ容量から選べる

mineoでは、500MB~30GBまで、6段階のデータ容量が用意されています。

データ容量は、手数料無料で変更できます。
次で紹介するように、前月使わなかったデータ容量は繰り越しできます。

このとき、データ容量の上限は決まっておらず、その月のデータ容量を超えることも可能です。
そのため、データ容量をあまり使わなかった次の月は、契約を変更して節約することができます。

特徴2:データ容量は繰り越し&シェア可能

データ容量のうち、余った部分は翌月まで繰り越すことができます。
また、データ容量は手数料無料で変更することができますので、
余ったデータ容量が多い場合には、翌月のデータ容量を変更して料金を節約することができます。

また、データ容量は最大10回線でシェアすることができます。
シェアする回線は家族以外でもOKなので、仲の良い友達同士でシェアして節約することも可能です。

特徴3:データ容量を使い切った場合はチャージ可能

データ容量は、100MBあたり150円で追加チャージすることができます。
手続きはマイページから手数料無料でできますので、
月の途中でデータ容量を使い切ってしまった場合でも安心です。

また、データ容量を使い切ってしまったとしても、200kbpsで通信することができます。
大手キャリアdocomoの通信速度制限は128kbpsですので、少し安心できますね。

特徴3:通話料金が安い

mineoでは、専用のアプリを使用することで、10円/30秒で通話することができます。
また、各種かけ放題プランも次の表のように用意されています。

オプション料金通話種類
通常料金なし 20円 /30秒 国内通話
通話定額30840円/月月最大30分間定額
通話定額601,680円/月月最大60分間定額
mineoでんわ利用なし 10円 /30秒 国内通話
かけ放題 850円/月 誰とでも10分間無料

30分間通話した場合の料金を、計算してみましょう。

〇通常料金 ⇒ 通話料金は1,200円
〇通話定額30(オプション) ⇒ 通話料金は840円
〇mineoでんわ利用 ⇒ 通話料金は600円

このように、mineoでんわを利用すると、通話料金を約半額に抑えることができます。

また、10分の通話を5回した場合、mineoでんわ利用では1000円(5回×20単位×10円)かかります。
このため、10分程度の通話を5回以上する方は、mioでんわのかけ放題オプションがおすすめです。


SPONSORED LINK


特徴4:複数回線割&家族割

次のいずれかの条件を満たすことで、各回線の月額料金から50円割引きされます。

〇一人で複数回線を契約している場合
〇家族で契約している場合


注意点1:初期費用は3,400円

mineo申し込み時に、初期費用として3,400円かかります。
内訳は、3,000円が事務手数料、400円がSIMカード発行手数料です。

シロ家の料金シミュレーション

では、mineoで契約した場合の現実的な料金はどの程度でしょうか?
ここでは、シロが3人家族として、次の2通りで料金をシミュレートしてみます。
①家族3人が必要なデータ容量を契約した場合
②代表回線のデータ容量を大きくし、家族でデータ容量を分け合う場合

シロの携帯電話の使用状況は次の通りです。
【シロの使用状況】
スマホ:docomo製
1か月の通信量:2.2GB 
通話:約20分(いずれも5分以内)

【シミュレーション①:家族3人が必要なデータ容量を契約した場合】
・契約内容:デュアルタイプ Dプラン
・契約データ容量:3GB


シロ1
(代表回線)
シロ2
(子回線)
シロ3
(子回線)
基本料金
1,600円1,600円1,600円
通話料金400円
(20分)
400円
(20分)
400円
(20分)
割引き
(家族割)
-50円
-50円-50円
合計1,950円/月1,950円/月1,950円/月

個別に3GBを契約した場合、家族全員の携帯料金は5,850円となりました。

【シミュレーション②:代表回線のデータ容量を大きくし、家族でデータ容量を分け合う場合】
・契約内容:デュアルタイプ Dプラン
・契約データ容量
 代表回線のみ6GB
   子回線は500MB
   ※代表回線のデータ容量を、家族全員でシェア


シロ1
(代表回線)
シロ2
(子回線)
シロ3
(子回線)
基本料金
2,280円1,400円1,400円
通話料金400円
(20分)
400円
(20分)
400円
(20分)
割引き
(家族割)
-50円
-50円-50円
合計2,630円/月1,750円/月1,750円/月

代表回線のデータ容量を6GBとして家族で容量を分け合った場合、家族全員の携帯料金は6,130円となります。
1人あたりの携帯料金の月額は2,043円です。

以上から、シロが3人でmineoの使用を想定した場合、
家族ではそれぞれ必要なデータ容量を契約した場合が安く、月額料金は1,950円/月となりました。

おわりに


mineoは「必要なものを、必要なだけ」というモットーで、
各ユーザーのニーズに合わせたプランを提供してくれる格安SIMです。
mineoには、次のようなメリットがあります。

mineoのメリット
〇docomo、au、softbank各社のスマホに対応
〇データ容量は6種類から選べる
〇データ容量は、家族以外ともシェア可能
〇mineoでんわで、通話料金が安い


今回、シロ家の場合でシミュレーションしたところ、月額料金は1,950円となりました。
docomo、auの料金体系では、3,500円程度に抑えるのがやっとです。
毎月の携帯料金が高いなあと思っているかた、ぜひ格安SIMへの変更をご検討ください。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK