こんにちは。
お肉大好きシロです。

鶏肉って価格が安くて節約によいですよね!
シロは家で料理を作るときはほとんど鶏肉料理です。
外食では、鶏肉料理は割高なのでいっさい注文しませんが・・。

そんなお肉大好きなシロがよく使う鶏肉は、コストコの国産さくらどりむね肉です。
国産なので安心できますし、100gあたり45円と格安で購入できます。

今回は、コストコの「さくらどりむね肉」の保存方法と、
お弁当向けの調理方法について紹介します。





コストコのさくらどりむね肉

図1


商品名:国産品 さくらどり むね肉
原産地:国産
内容量:2.4kg
価格:1,078円(税込、2019/4/21の価格)
保存方法:0℃で保存
賞味期限:購入日より6日

まず、コストコのさくらどりむね肉は国産品です。
国産というだけで、安心できますね。

今回、コストコのさくらどりむね肉は、2.4kgで1,078円で購入しました。
100gあたりのお値段は約45円です。
スーパーでは、ブラジルなどの外国産で50~60円ぐらいです。
国産のむね肉だと、安くとも90円ぐらいしますので、かなりお得です。

コストコのさくらどりむね肉の保存方法

コストコのさくらどりむね肉は、0℃で保存した場合、賞味期限は購入日より6日間です。
2.4kgを6日間、一日400gなんて消費できないですよね?

では、冷凍保存してしまいましょう。

さくらどりむね肉は、600gごとに小分けにされていますので、
そのまま冷凍庫にいれれば大丈夫です。


我が家では、お弁当のおかずをつくるため、一週間に150gずつ使いますので、
購入してきたその日に小分けにしてしまいます。
準備するものは、コストコで購入できるジップロック クオートです。

しっかり真空パックされているので、開封にははさみを使います。

図2


こちらが、袋から取り出したとりむね肉です。

図3


こちらを一口サイズに切っていきます。
一口サイズに切ったむね肉を、一回に使用する量ごとに、ジップロッククオートに入れて冷凍保存します。
図4


我が家では、150gごとにジップロッククオートにいれて保存しています。



コストコのさくらどりむね肉の調理方法


さくらどりむね肉の、お弁当用の簡単な調理法を紹介します。

我が家では、休日に次の方法で作り置きして冷凍しておきます。
朝は、作り置きしたおかずをお弁当箱に詰めるだけです。

【材料】
むね肉:100g
冷凍ブロッコリー:80g
バター:5g
しょうゆ:大さじ1杯

【作り方】
①フライパンに油をしき、むね肉を焼く。

図3

②冷凍ブロッコリーと水を少し入れ、5分程度、蒸し焼きにする。
図2

③バター、しょうゆを加えて煮からませる。
図1

こちらが完成した写真です。
お皿に入れて少し冷ましたら、サランラップに包んで冷凍します。

まとめ


コストコの「さくらどりむね肉」の紹介と、お弁当用の調理方法を紹介しました。

さくらどりむね肉の冷凍保存には、コストコで購入したジップロック クオートを使いました。
我が家では、むね肉の他に、コストコで購入した銀鮭や豚ヒレ肉などを使ってお弁当を作っています。
それぞれの食材の簡単な作り置き方法をこちらの記事で紹介しています。

コストコではどれも格安で購入できるため、昼食代は外食に比べて月1万円以上の節約できます。
みなさんも、ぜひ節約のためにお弁当をつくってみてはいかがでしょうか?

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK