こんにちは、シロです。

コストコの冷凍生餃子をリピートしている我が家。
ただし、コストコが少し遠いため、一か月に一回程度しか行けないのが難点です。

そんな折、業務スーパーで「豚肉餃子」なる商品を発見!
しかも価格は、一個あたり12.9円とコストコの冷凍生餃子(一個14.96円)よりもお買得

さっそく、業務スーパーの「豚肉餃子」を購入して、コストコの冷凍生餃子と食べ比べをしました。
今日は、業務スーパーとコストコの冷凍餃子の食べ比べ結果をレビューします。



業務スーパーの豚肉餃子の商品詳細


図1

商品名:豚肉餃子
原材料名:野菜(キャベツ、ねぎ、しょうが)、豚肉、つなぎ(大豆たん白、
     馬鈴薯でん粉)、ピーナッツ油、しょうゆ、砂糖、ごま油、食塩、
     こしょう、皮(小麦粉、大豆油)、調味料(アミノ酸)、ソルビトール
内容量:500g
賞味期限:購入日より約1年6か月
保存方法:-18℃以下で保存してください
凍結前加熱の有無:加熱してあります
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください
原産国名:中国
輸入者:神戸物産
価格:298円(税抜)

業務スーパーの冷凍品コーナーにて販売されていました。
開封して数えてみると、25個入っていたので、一個あたり20gです。
消費税を8%で計算すると、一個あたり12.9円になります。

原材料から、保存料や着色料はいっさい入っていない点は高評価です。

他の餃子との価格比較


一個あたり20g、12.9円なのでかなりお買得なのは間違いありませんが、
他の冷凍餃子と値段を比較してみましょう。

今回は、業務用の冷凍餃子で有名なコストコ、大阪王将、浜松餃子と比較してみます。
各社の冷凍餃子は重量が異なるため、1gあたりの価格を比較してみます。

販売者神戸物産餃子計画大阪王将浜松餃子
購入先業務スーパーコストコAmazonAmazon
商品名豚肉餃子冷凍生餃子肉餃子大須のぎょうざ
価格(税込)321円748円3,580円3,495円
内容量500g
(20g×25個)
1kg
(20g×50個)
2.55kg
(17g×50個×3袋)
1.38kg
(23g×20個×3袋)
1個あたりの重量20g20g17g23g
1個あたりの価格12.9円14.96円23.87円58.25円
1gあたりの価格0.64円0.748円1.40円2.52円


今回比較した中で最も安かったのは、業務スーパーの豚肉餃子でした。
お買得で有名なコストコをも下回る格安商品でした。




豚肉餃子 vs 冷凍生餃子


さっそく、業務スーパーの豚肉餃子を作ってみます。
今回は、我が家のリピート商品、コストコの冷凍生餃子と比較しながら作ってみました。

図2 図3

冷凍庫から取り出した、コストコの冷凍生餃子と、業務スーパーの豚肉餃子です。
業務スーパーの豚肉生餃子の方が、やや大きいですね。

さっそく、それぞれ焼いてみます。
パッケージに記載されている調理方法は、いずれも次の通りでした。

①フライパンを加熱して油をひく。
②餃子を冷凍のまま並べる。
③餃子が1/3程度つかるぐらいに水を入れてふたをし、
 水がなくなるまで(4~5分間)蒸し焼きにする。
④餃子の裏にこんがり焼き目がつくまで焼く。

図8
こちらが焼きあがった餃子です。
やはり業務スーパーの豚肉餃子の方が、やや大きめです。
図7

中を割ってみると、業務スーパーの方が中の空間が多いように見えます。
具材の重量を測ってみましょう。

コストコ 冷凍生餃子・・・10.9g
業務スーパー 豚肉餃子・・・9.3g

業務スーパーに比べて、コストコは見た目は小さいのですが、具材の量は多いようです。

実際に食べてみましょう。
業務スーパーは、やや皮が厚く、食べていると皮が主張してきます。
コストコは、業務スーパーと比べると薄皮で、具材の味がしっかりと感じられます。

おわりに


業務スーパーの豚肉餃子と、コストコの冷凍生餃子を比較しました。
業務スーパーの豚肉餃子は、一個あたりは12.9円とコストコより安く購入できます。
しかしコストコの冷凍生餃子は、薄皮で具材がたっぷり詰まっていて満足感がありました。

コストコの冷凍生餃子は、我が家ではかなり高評価で、コストコに行くたびに購入しています。
今後も我が家は、コストコの冷凍生餃子をリピートしたいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK