こんにちは、シロです。

おくるみやベビーバス、チャイルドシートなど、
子供が生まれるまでには、たくさんの準備が必要ですよね?
もちろん出産後にもやらなければいけないことは多く、出産後14日以内に必要な手続きもあります。

出産後のママは、一週間ほど入院し、退院後もしばらくは安静にする必要があります。
面倒な手続きや役所への申請は、パパがやってしまいましょう。
出産後に必要な書類がない、手続きし忘れたなどのトラブルがないようにしたいですよね。

今回は、シロが長男の出産時にやったことをもとに、
出産後に絶対やらなければならないことをまとめておきます。
holding-hands-918990_1280



出産から2週間以内にやること


①出生届

内容 : 生まれた赤ちゃんを戸籍に入れて、住民票を作成する手続きです。
提出先: 居住地、本籍地、出生地のいずれかの市町村役場の窓口
期限 : 出産日を含めて14日以内
必要なもの: ・母子手帳
       ・出産証明書(産婦人科でもらえる書類)
       ・印鑑
       ・身分証明書

出産証明書、および出生届の用紙は、産婦人科で準備してもらえることが多いです。
出生届を役所に申請するときには、赤ちゃんの名前が決まっている必要があります。

出生届を申請すると、母子手帳の出産届出済証明に記載、押印してもらえます。
これは、健康保険証を発行してもらうときなどに必要になります。


②児童手当

内容 : 0歳~15歳までの児童を養育している場合にもらえる手当の申請です。
提出先: 居住地の市町村役場の窓口
期限 : 出生や転入から15日以内
必要なもの: ・請求者の健康保険証
       ・請求者の個人番号通知
       ・請求者名義の銀行の預金通帳(口座番号がわかればカードでもOK)
       ・請求者の本人確認書類
       ・印鑑
       ・(配偶者の個人番号通知)

請求者とは、両親のうち所得の高いものを指します。

シロが請求したときは、銀行の口座番号だけでよく、持参した預金通帳は必要ありませんでした。
また、配偶者のマイナンバーも記載する欄がありました。
お住まいの地域によって異なるようですが、申請時には準備しておいて方がよいと思います。

③健康保険への加入

内容 : 生まれた赤ちゃんを、ご両親どちらかの健康保険に加入する手続きです。
提出先: 会社員・・・パパ、もしくはママが勤務している会社
     国民健康保険加入者・・・居住地の市町村役場の窓口
期限 : 健康保険の種類によって異なります。
     遅くとも1か月健診には必要になりますので、早めの手続きをおすすめします。
必要なもの: ・母子手帳(出生届出済証明を押印したもの)
       ・加入している親の健康保険証
       ・印鑑
       ・その他(健康保険組合ごとに異なる)

ご両親が共働きの場合、パパ、もしくはママいずれかの健康保険に加入します。
ご両親のどちらかが専業主婦(夫)の場合は、働いている方の健康保険に加入します。

健康保険に加入していれば、小学生入学までは医療費が2割負担となります。
体調が悪くなった場合に備えて、早めに加入してあげましょう。

また、健康保険組合によっては、住民票の写しなどが必要になることもあるようです。
特に住民票は市役所で発行してもらう必要がありますので、事前に健康保険組合の窓口に確認しましょう。

健康保険証が手元に届いてからやること


④子ども医療費助成

内容 : 居住地における子どもの医療費の一部、または全額を助成してもらうための申請
提出先: 居住地の市町村役場の窓口
期限 : 特に期限はありませんが、かなり家計の負担軽減となります。
     遅くとも1か月健診までの申請をおすすめします。
必要なもの: ※自治体により異なります。シロは以下のものが必要でした。
       ・お子さんが加入する健康保険証
       ・個人番号通知
       ・本人確認書類

自治体によって内容は異なりますが、申請することで、お子さんの医療費の一部、もしくは全部を助成してもらえます。

シロの住んでいる地域では、赤ちゃんが加入する健康保険の親の保険証でも申請できました。
お住まいの地域の申請方法や、助成内容がわからない場合は、役所で聞いてみましょう。


助成金などの申請しておきたい手続き


⑤出産育児一時金

内容 : 健康保険の加入者が朱さんした場合、一児につき42万円が支給される制度
申請先: ママが会社員・・・ママが勤務している会社
     ママが専業主婦・・・パパの勤務している会社
     国民健康保険加入者・・・居住地の市町村役場の窓口
     ※直接支払制度を利用した場合、産院が代わりに申請してくれる
期限 : 出産した翌日から、原則2年間
     (申請先によって異なりますので、事前に確認しましょう)
必要なもの: ・出生証明書もしくは母子手帳
       ・健康保険証
       ・振込口座番号のわかる通帳もしくはカード
       ・産婦人科などの領収証
       ・請求者の本人確認書類
       ・出産者の個人番号通知
       ・印鑑

次の2通りの方法から、受領方法を選ぶことができます。
〇本人受取:自分で書類を揃えて申請して、銀行口座にお金を振り込んでもらう方法
〇直接支払い制度:産婦人科が代理で申請し、受領してくれる制度

シロの場合、妊娠30週ぐらいに産婦人科から「直接支払い制度」の案内がありました。
最近は、直接支払い制度を採用している産婦人科が多いようです。

⑥出産手当金

内容 : 健康保険の加入者が、出産のために仕事を休み給料がもらえない場合、
     出産前42日から、出産後の56日のうちで仕事を休んだ日数分の手当が
     支給される制度
申請先: 勤務先、もしくは健康保険組合の窓口
期限 : 健康保険組合によって異なる
必要なもの: ・出生証明書もしくは母子手帳
       ・健康保険証
       ・振込口座番号のわかる通帳もしくはカード
       ・印鑑

出産のために仕事を休んだ場合、支給開始日前12か月の給与の平均の2/3が手当としてもらえます。

なお、専業主婦の方や、国民健康保険加入者の方は受給できません。

⑦医療費控除

内容 : 確定申告をすることで、前年の医療費のうち10万円を超える金額分の
     所得税控除がうけられる制度
     ※出産でなくとも利用できる制度。
     ※妊婦健診や分娩費用などから、出産育児一時金を引いた額を申請できる
申請先: 居住地の税務署
期限 : 出産した日の翌年の確定申告(2月16~3月15日)
必要なもの: ・領収証
       ・印鑑
       ・確定申告書

妊娠が判明してから受信する定期健診や、各種検査に支払った費用は控除対象です。
また、上で述べたように入院中の食事代や、出産の際に利用したタクシーの運賃も対象です。
ただし、自治体によっては健診費用を補助しており、補助が出ている金額については対象外です。

出産育児一時金(⑤)を超えた料金について医療費控除を申請することができます。

おわりに


出産後は、少なくともこれら7つの手続きはする必要があります。

ママは、出産でとってもお疲れですし、今後の子育てに向けて体力を回復してもらわないといけません。
余計な事務手続きは、パパがささっと済ませてあげましょう。

子育てには、おむつ代や洋服代をはじめ、本当に多くの費用がかかります。
健康保険や子ども医療費助成申請などは早めに申請して、医療費を節約しましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK