シロです。

KDDIが、2019年6月1日より、携帯ブランドauの新料金プラン「新auピタットプラン」、「auフラットプラン7プラス」を開始すると発表しました。
auの料金プラン変更は、2017年に導入した「auピタットプラン」「auフラットプラン」以来2年ぶりです。

KDDIの発表では、「最大4割値下げ」と宣言しており、
同じく最大4割値下げを発表したdocomoを意識していると考えられます。

本当に4割も値下げが可能なのでしょうか?
今日は、auの新料金プランを紹介するとともに、旧料金プランの料金と比較してみました。

SPONSORED LINK

iphone-410324_1280


新auピタットプラン、auフラットプラン7プラスの特徴


まずは、それぞれのプランの特徴を紹介します。

新auピタットプランの特徴

新auピタットプランは、月の通信量に応じて3段階の基本料金が適用されます。
通信量は、①1GBまで、②1~4GB、③4~7GBの三段階です。

7GBを超えた場合の通信速度はまだ発表されていませんが、
これまでの傾向から128kbpsに制限されると考えられます。

auフラットプラン7プラスの特徴

auフラットプラン7プラスは、データ容量が毎月7GBまでのプランです。
このプランでは、さらに以下のSNSを使用する場合にはデータ容量を消費しません

対象のSNS:メッセージ、Facebook、Instagram、Twitter
※2019年秋以降に対応するまでは、データ容量を消費します。
※Facebookのメッセンジャー、Twitter でGIF画像を投稿、再生する場合はデータ容量を消費

また、7GBを超過した場合、速度制限は最大300kbpsとなります。
従来、速度制限時は最大128kbpsでしたので、この点は改善点と言えます。

新auピタットプラン、auフラットプラン7プラスの料金と割引き


新auピタットプランauフラットプラン7プラス
通信量~1GB1~4GB4~7GB7GB
基本料金2,980円4,480円5,980円5,480円
auスマートバリュー-500円-1,000円
家族割
プラス
3人以上加入-1,000円
2人以上加入-500円

上の表は、auのホームページに紹介されている「新auピタットプラン」、「auフラットプラン7プラス」の基本料金、およびその割引きをまとめたものです。

これらの割引きの内容、および注意点について見ていきましょう。

割引き1:家族割プラス

auでは初めての家族割引き制度である「家族割プラス」が導入されます。
割引額は、新auピタットプラン、auフラットプラン7プラスともに共通で、次の通りです。

家族2人が加入:-500円
家族3人が加入:-1,000円


2019年6月1日~2019年9月30日の期間は、家族の人数にかかわらず、-1,000円/月の割引きが受けられる「家族割プラス スタートキャンペーン」を実施中です。

ただし、スマホプラン契約のみの場合、「家族」は同居している家族のみに限られます。
対象の固定通信サービスに契約している場合は、別住所の50歳以上の家族も対象となります。

対象固定通信サービス
〇光サービス: auひかり、auひかり ちゅら、コミュファ光、eo光、
       ピカラ光、メガエッグ、BBIQ、ひかり J
〇ケーブルテレビ:J:COM、提携先ケーブルテレビ


割引き2:auスマートバリュー

スマホ契約と同時に、以下の固定通信サービスか、auスマートサポートに契約した場合、
auスマートバリューが適用されて割引きが受けられます


各プランで受けられる割引き額は、次の通りです。
・新auピタットプラン:-500円
・auフラットプラン7プラス:-1,000円

対象の固定通信サービス、およびauスマートサポートの詳細は次の通りです。

〇光サービス: auひかり、auひかり ちゅら、コミュファ光、eo光、
       ピカラ光、メガエッグ、BBIQ、ひかり J
〇ケーブルテレビ:J:COM、提携先ケーブルテレビ

〇auスマートサポート
 スマートフォンを使いこなせない方向けのサポートサービス
 料金は、加入月は3,000円、4か月目以降は480円/月

固定通信サービスに比べて、スマートサポートの方が契約料金は安いです。
それでも、スマートサポートは加入月に3,000円かかり、4か月目以降は月額380円かかります。
つまり2年間で10,980円、1か月あたり457.5円かかります。
割引き額-500円の新auピタットプランでは、実質の割引きはわずか42.5円です。


注意点1:2年契約

新auピタットプラン、auフラットプラン7プラスの料金は、いずれも2年契約時の料金です。
2年契約は自動更新であり、途中で解約した場合には、9,500円の違約金が発生します。

注意点2:通話は別料金

新auピタットプラン、auフラットプラン7プラスともに、基本料金はデータ通信のみの料金です。
通話をするためには、20円/30秒の別料金が必要になります。

また、通話時間が長い方のために、下記の定額通話プランが用意されています。

通話サービス1:通話定額ライト

5分以内の国内通話が無料となる定額サービスです。
料金は700円/月であり、5分を超えた分については20円/30秒がかかります。

通話サービス2:通話定額

国内通話が、無料で利用できる定額サービスです。
料金は1,700円/月です。

SPONSORED LINK


新プランと旧プランの料金を比較

では、新auプランの料金は、旧料金プランと比べて安いのでしょうか?
4GB、7GB使用する場合について、料金をシミュレートしてみました。

【契約内容】
・新規契約で、現在のスマホを継続利用(機種代なし)
・旧プランは、auピタットプラン(スーパーカケホ)
・auスマートサポートに加入し、auスマートバリューを適用。
・家族は3人加入していると仮定(割引き額-1,000円/月)

データ利用量/月4GB
(3~5GB)
4GB
(1~4GB)
7GB
(5~20GB)
7GB
プランauピタット
プラン
(旧プラン)
新auピタット
プラン
(新プラン)
auピタット
プラン
(旧プラン)
auフラット
プラン7プラス
(新プラン)
利用料金
6,480円
4,480円7,480円5,480円
スマホ応援割-1,000円
(1年間)
なし-1,000円
(1年間)
なし
auスマートサポート1か月目3,000円
4か月~380円
1か月目3,000円
4か月~380円
1か月目3,000円
4か月~380円
1か月目3,000円
4か月~380円
auスマートバリュー永年-1,000円永年-500円永年-1,000円永年-1,000円
家族割プラスなし-1,000円なし-1,000円
月額料金
1か月目5,480円5,980円8,480円6,480円
2か月~3か月4,480円2,980円5,480円3,480円
4か月~12か月4,860円3,360円5,860円3,860円
13か月~24か月5,860円3,360円6,860円3,860円
24か月総額
(1か月平均)
128,500円
(5,354円)
82,500円
(3,438円)
154,500円
(6,438円)
94,500円
(3,938円)
※2年縛りのため、24か月目まで計算

旧プランの割引きサービスであるスマホ応援割は、割引き期間は1年間のみでした。
新プランでは、このスマホ応援割の代わりに家族割プラスを導入し、
割引き期間の制限をなくしたことで、大幅に料金が安くなっています。

新プランの料金は、旧プランに比べて、データ容量が月4GBの場合は46,000円(約36%)、
データ容量が7GBの場合は50,000円(約32%)安くなります。


おわりに

auの新料金プランである「新auピタットプラン」、「auフラットプラン7プラス」の
特徴と割引き内容について紹介するとともに、
新料金プランと旧料金プランの料金を比較しました。

新料金プランで毎月4、7GB使用した場合の2年間の料金は、
旧料金プランに比べて約3~4割安くなっており、報道内容は正しいようです。

しかし、依然月額料金は1~4GBで3,500円程度であり、
格安SIMのY!Mobileや、LINEモバイルの3GBで2,000円代には及ばないようです。

シロは、今後もauにはお世話にならず、格安SIMと仲良くしたいと思います。
参考記事:格安スマホIIJ mioを三年間使った感想と、平均月額を大公開!


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK