シロです。

先日、歯医者さんに定期健診に行った時に、虫歯が見つかりました。
シロ、3か月ごとにちゃんと定期健診を受けていたのにも関わらず、虫歯を作ってしまいました・・。
そのまま治療が開始し、かぶせものが必要と言われました。

歯科医さん「銀歯以外は保険対象外になります」
シロ「えっと、自然な歯の色のかぶせものだとどのくらいのお値段ですか?」
歯科医さん「それならジルコニアですね、5万円ですよ♡」

その後、シロは必至に虫歯治療のお金を節約する方法を調べました。
今日は、虫歯と診断された時に取るべき節約法を紹介します。
blonde-2094172_1280



虫歯の治療費

そもそも、虫歯の治療費っていくらぐらいかかるかごぞんじでしょうか? まずは、虫歯になった時の節約術について紹介する前に、虫歯になった場合の治療費を紹介します。
虫歯の治療費は、虫歯の進行度によって異なります。

虫歯の進行度と治療費の目安は、以下の4段階に分かれます。

初期段階の虫歯

歯の表面のエナメル質という白い部分が溶けた状態です。
一般的な治療では、虫歯を削って白い詰め物をします。
保険治療の範囲であり、治療費の目安は1,500~3,000円です。 

中度の虫歯

歯の表面のエナメル質の下にある象牙質という層が溶けた状態です。
象牙質の下にある神経近くまで虫歯が進行していると、しみる場合があります。

治療は、虫歯を削ってから詰め物をします。
詰め物が銀の場合は保険治療で、治療費は2,000~10,000円です。
詰め物を、歯の色に近い白にする場合は自費診療となり、
詰め物の種類によって43,200~54,000円程度かかります。

重度の虫歯

虫歯が象牙質の奥の神経に達した状態で、激しく歯が痛みます。

治療は、神経を取り除いてから、土台と被せものをします。
また、神経を取り除いた後、歯の根の中を清掃するため、通院が必要になり、
通院回数によって総治療費がかわります。

被せものを保険適用品とした場合、抜歯や清掃などの毎回の治療費に加えて10,000円~20,000円が必要です。
保険適用外のセラミックスなどにする場合は、抜歯や清掃などの治療費に加えて6~13万円程度かかります。

歯を抜く必要がある虫歯

歯の見えている部分が完全に溶けて、神経も壊死した状態です。
神経が死んでいるため痛みはありませんが、この歯が感染源となって虫歯が広がるため、治療が必要です。

治療は、基本的に歯を抜いて、そこに入れ歯やインプラントなどの処置を行います。
保険治療は、銀色のパラジウムで行い、抜歯や清掃などの治療費に加えて1~2万円が必要です。
歯の色に近い白い入れ歯やインプラントは自費治療となり、
抜歯や清掃などの治療費に加えて6~30万円程度が必要です。

虫歯の治療費の節約方法

虫歯の治療費を節約する方法として、次の二つの方法があげられます。

①医療費控除

医療費控除とは、1/1~12/31までに10万円以上の医療費を支払った場合、
確定申告を行うことにより10万円を超えた金額を税金から控除できる制度です。

国税庁は、医療費の対象を次のように定めています。
・納税する本人が、「生計を一にする人」(配偶者やその他親族)のために支払った医療費であること
・その年の1/1~12/31の間に支払った医療費であること

虫歯の治療であれば、保険治療、および自費治療どちらも医療費控除の対象となります。
虫歯の治療で、詰め物や被せものの色を歯の色に近い白色にすると自費治療となり、
それらの料金は全額負担となるため、治療費が高額になります。
しかし、虫歯治療した年の家族を含む治療費が10万円以上であれば、医療費控除をしましょう。

ただし、治療目的以外で歯科医を受診した料金は、医療費とはみなされません。
例えば、美容のために治療の必要がない歯を矯正したり、ホワイトニングの費用は対象外です。
また、定期健診の費用も、虫歯などの治療が必要な歯が見つからなかった場合は対象外です。

②クレジットカードのポイント

歯医者さんにクレジットカード決済が導入されている場合、
クレジットカードで支払いをすることでポイントをためることができます。

クレジットカード決済が導入されている歯医者であっても、
保険治療は使えない場合が多いですが、自費治療分は対象としている場合が多いです。
自費治療とは、詰め物や被せものの色を歯の色に近い白色にする場合が対象で、
治療費は安くとも4万円以上、高ければ数十万円に上ります。

例えば、治療費が12万円かかった場合、1%のポイントが返ってくれば1200円ですし、
①の医療費控除を使えば、さらに2万円分の税金が控除されます。

大きな病院や、ショッピングモールなどに入っている歯医者では、
クレジットカード決済を導入している場合が多いです。
まずは窓口で、カード決済に対応しているか確認してみましょう。

そもそも虫歯にならないために

虫歯の治療費を節約する究極の方法は、そもそも虫歯にならないことです。

虫歯の原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊です。
白っぽくてネバネバしているプラークは、食後8時間ほどで作られ、
徐々に唾液中のミネラルと結合して固まっていきます。

これが歯石であり、プラークを48時間放置するとできてしまいます。
歯石は、文字通り石のように固く、歯磨きでは除去できないため、
プラークの段階で歯磨きをしっかり行うことが虫歯予防に重要です。

特に、プラークは唾液が少ない睡眠中に繁殖しやすいといわれます。
そのため、虫歯にならないためには、睡眠前後の夜と朝の歯磨きが必要です。

おわりに

中度以上の虫歯では、詰め物や被せものが必要ですが、保険治療では銀色となってしまいます。
銀色では、治療のあとが目立ってしまったり、取れやすいといったデメリットがあるため、
歯の色に近い白のセラミックなどのかぶせものにする方が多いと思います。

しかし、セラミックなどのかぶせものは自費治療となるため、治療費は4万円以上となります。
少しでも治療費を節約するために、医療費控除やクレジットカード払いを検討しましょう。

また、治療費の節約には、そもそも虫歯にならないことが重要です。

シロは、今回中度の虫歯で、かぶせもので54,000円を支払いました。
これからは、心を入れ替えて、しっかりケアしていきたいと思います。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
SPONSORED LINK