シロです。

コストコではいくつかのお水が販売されています。
その中でも1本(500ml)18.7円のカークランドブランドの「スプリングウォーター」は、
コンビニで買うミネラルウォーターよりもお買得です!

ただし、「スプリングウォーター」は、
「水道水をつめただけ」、「味がまずい」などの悪い評判も少なからずあります。

今回は、話題のスプリングウォーターを購入して飲んでみましたので、
商品紹介と味のレビューを紹介します。





spring water(スプリングウォーター)の商品詳細


図1


商品名:spring water
              スプリングウォーター
名称:ミネラルウォーター
原材料名:水(湧水)
内容量:500ml×40本
保存方法:高温、直射日光を避けて保存してください。
原産国名:アメリカ
賞味期限:購入日より約18か月
購入価格:748円(税込)

コストコブランドのKIRKLAND製品です。

ペットボトルの使いやすさ

図2

市販のお茶のペットボトルと並べてみると、口の分だけ小さいことがわかります。
そのため、ウエストポーチなどの小さいバッグでも入れやすいですね。

また、ペットボトルがつぶしやすいので、飲み終わってごみ箱が見つからない場合も、
あまりかさばらない点がよいです。

一方、実はこのフタ、日本のペットボトルのフタの1/3程度の厚みです。
そのため、最初は慣れていないため少し閉めにくいかもしれません



水の品質・味

においなどはなく、水道特有の味などもありませんでした。

「spring」とは湧水の意味であり、原材料にも「水(湧水)」と記載されいます。
この()内の表記は、農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」に
規定されており、湧水は次のように定義されています。

湧水:不圧(自由面)地下水、被圧地下水の区分によることなく、自噴している地下水

つまり、コストコのスプリングウォーターは、
水道水ではなく、自然に湧きでている水をボトルに詰めた商品です。

「ただ湧いてるだけの水を詰めただけなんて大丈夫?」
という方もいらっしゃるかもしれません。
他に、原材料に「水(湧水)」と記載されている商品には、以下のようなものがあります。

・Crystal Gyser(クリスタルガイザー)
シラス台地の天然湧水

クリスタルガイザーは、どこのコンビニにも置いてあるので、知らない人はいませんよね?
湧水だから、といって危険というわけではありません。

また、コストコのスプリングウォーターはお腹弱めのシロも飲んでいますが、
腹痛になったことは一度もありませんよ。

価格(一本あたり値段)

40本入りで798円ですので、一本あたり18.7円という驚きの価格です!
10円代というだけで、コンビニや業務スーパーの水よりも安いことがわかります。

ここでは、500mlペットボトルだけでなく、2Lペットボトルとも価格を比較してみます。

商品名スプリング
ウォーター
いろはす良品物語
ミネラル
ウォーター
飛騨の雫富士のしずく
ラベルレスボトル
販売元コストココンビニAmazon業務スーパーカインズ
容量500ml×40本555ml525ml×40本2リットル2リットル×6本
価格748円100円1,488円70円324円
500ml
の価格
18.7円90円35.4円17.5円13.5円

スプリングウォーターは、今回比較した500mlサイズのミネラルウォーターの中では最もお買得でした。
Amazon限定の良品物語は1本35.4円とかなり安いのですが、その約半額とは驚きの安さです。

また、2Lサイズのミネラルウォーターと比べても、500mlあたり1円しか違いません。
2Lサイズを500mlに小分けする作業が手間な方は、スプリングウォーターで良いと思います。

一方、シロが価格面から最もおすすめするのは、カインズが販売する「富士のしずく」です。
こちらの商品は、ペットボトルのラベルをなくすことで、500ml13.5円という価格を実現しています。


まとめ

スプリングウォータは、1本(500ml)18.7円と、コンビニに比べてお買得なミネラルウォーターです。
ボトルがやや小さめですので、カバンなどにも入れやすく、
変な匂いや、味などもないミネラルウォーターです。

シロは、外を歩く日は、マイボトルの代わりにペットボトルをコンビニで購入していましたが、
コストコでこの商品を見つけてからは、一時期これをずっと持ち歩いていました。
コンビニで500mlを購入する方は、1回80円も節約できます。

一方、最近はコストを重視して、ペットボトル製のマイボトルを購入し、
500ml13.5円という驚異の安さの「富士のしずく」を詰め替えています。
マイボトルを洗ったり、詰め替える作業が手間でない方にはこちらをおすすめします。

この記事が、皆さまの節約に役立てば幸いです。


大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  


SPONSORED LINK