シロです。

毎回のように試食コーナーが設置され、長い列ができているプルコギビーフ!
これまで、コストコに通い続けてきたシロが、ついにプルコギビーフに手を出しました。

コストコのお惣菜はどれも量が多く、1,000円を超えてしまうので、
ドケチ節約家のシロはあまり購入していませんでした。

しかしよくよく検討してみると、スーパーの特売の牛肉よりも安く購入できますし、
下味がついているので、ただ焼くだけでも美味しく食べられます!

今回は、コストコのプルコギビーフの保存方法や調理方法を紹介します。





プルコギビーフ(韓国風焼肉)の商品紹介


図3

商品名:プルコギビーフ(韓国風焼肉)
原材料:牛肉(アメリカ産)、プルコギソース(しょうゆ加工品、異性化液糖、梨ビューレ、
    砂糖、玉ねぎ、食塩、にんにく、発酵調味料、こしょう、ごま、酵母エキス)、
    玉ねぎ、ごま、青ねぎ、パイナップル、pH調整剤、カラメル色素、
    増粘剤(キサンタン)、(原材料の一部に小麦を含む)
保存方法:要冷蔵(4℃以下)
賞味期限:購入日よ2日
購入価格:100g当り148円(税込)

コストコの定番商品であるプルコギビーフ。。
実は、フードコードのプルコギベイクの中身でもあります。

今回、シロはお試しだったので内容量の一番少ない商品を探したのですが、
それでも1,995g、約2kgも入っていました。
これだけあれば、しばらく他の牛肉は必要ないですね。

プルコギビーフの保存方法


図1

プルコギビーフは、2kgも入っているのに消費期限がたったの3日しかありません。
たくさん人を呼んでパーティーでもしない限り、消費できませんよね?
じゃあ、冷凍保存してしまいましょう!!

使用するものは、コストコのジップロック クオートです。
といっても、使う分量ずつ、ジップロッククオートに入れていくだけです!
我が家では、200gずつに小分けして冷凍保存しました。
図1





コストコのプルコギビーフはお得?

今回購入したプルコギビーフは、100gあたり148円(税込)でした。

コストコのプルコギビーフは、ほとんどが牛肉ですので、
スーパーの牛肉の価格を比べてみましょう。

米牛細切れ      ・・・100gあたり約250~350円
米牛細切れ(セール時)・・・100gあたり約200円
和牛細切れ      ・・・100gあたり約400円

スーパーのセール時でも100gあたり200円はしますので、
100gあたり148円のコストコは、かなりお得感があります。

プルコギビーフの調理方法

コストコのプルコギビーフは、すでにプルコギソースで味付けされた状態で販売されています。
そのため、ただ焼くだけでも十分においしく食べられます。

また、いろいろな調理法を考えてみたので、参考にしてみてください。

調理法①炒める

プルコギビーフの基本的な食べ方です。
冷凍したプルコギビーフを1時間程度解凍して、フライパンで炒めます。

プルコギビーフからかなり油が出てきますので、油をしかなくても大丈夫です。
赤身の部分がなくなるまで火を通せば完成です。

図2

韓国風焼肉味ですので、ごはんがとってもすすみます。

調理法②プルコギ丼

炒めたコストコのプルコギビーフを、丼ぶりに盛ったごはんに乗せるだけです。
お好みで、ネギ、しょうがなどを盛り付ければ完成です。
図1

簡単に調理できて、牛肉と一緒に野菜が食べられるのでおすすめですよ!

調理法③プルコギきんぴら

【材料(1人分)】
プルコギビーフ・・150g
ごぼうにんじんミックス・・100g

凍ったままのごぼうにんじんミックスと、解凍したプルコギビーフを一緒に炒めます。
プルコギの下味が濃いめですので、調味料は不要です。
お好みで、ネギ、しょうがなどを盛り付ければ完成です。


まとめ


今回は、プルコギビーフの商品紹介と、いくつかの調理方法を紹介しました。

プルコギビーフは、100gあたり148円と、スーパーの牛肉よりも安く購入できます。
また、そのまま焼くだけで食べられ、焼肉風の下味がついているので、
お子さんもきっと「大好き~」といって食べてくれます!
冷凍保存もできるので、大量に買ってきてストックしておけば家事がとっても楽になります。
冷凍保存には、コストコのジップロック クオートが便利ですよ!

いつもあと一品にお悩みの主婦のみなさまにおすすめです!

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  


SPONSORED LINK