シロです。

突然ですが、みなさん、毎日飲む水はどのように手に入れていますか?

水道水からそのまま飲むのはちょっと・・・、という方も多いので、
以下のいずれかの方が多いのではないでしょうか?

・自動販売機で買っている
・コンビニで買っている
・スーパーなどで大型ペットボトルを買っている

例えば、コンビニのミネラルウォーターから浄水器の水にすれば、
年間約37,000円もの節約
ができます!

シロは飲料水代を節約するために、すでに3年以上、浄水器の水を使っていますが、
故障したり、まずいと思ったことは一度もありません。

今回は、浄水器の選び方と、シロが購入した浄水器、およびその節約効果を紹介します。

図1



浄水器のタイプと特徴


設置方法でみると、浄水器には、主に次の4つのタイプがあります。

①卓上型:蛇口から、そばにあるタンクで水を処理するタイプ
②水道管型:シンクの下や、元栓付近の水道管に取り付けるタイプ
③蛇口先端型:蛇口の先端に取り付けるタイプ
④ポット型:ろ過装置がついたポット型の浄水器

これらのタイプについて、衛生面、初期費用、ランニングコスト、設置・フィルター交換の手間、水処理の手間を、
シロが評価した結果は、次の表のようになりました。
これらについて、一つずつ説明していきます。

タイプ卓上型水道管型蛇口先端型ポット型
衛生面××
初期費用20,000円~20万~3,000~10,000円2,000~10,000円
ランニングコスト
(1年あたり)
20,000円~
30,000円~
12,000~24,000円12,000~24,000円
設置・フィルター
交換の手間
△:業者の場合あり×:業者〇:簡単〇:簡単
すぐ飲めるか×
※ランニングコストは1日5リットルとした場合

①衛生面

衛生面では、卓上型と水道管型を×としました。

卓上型は、浄水器に専用の蛇口がついている、もしくは浄水器からホースで蛇口まで流水します。
これら蛇口やホースが汚れた場合、せっかく処理した水にゴミが付着してしまいます。

一度卓上型を使われた方はわかると思いますが、ホースはすぐに黒く汚れてしまいます。
また、専用の蛇口も、ホースと同じ状況であることは、簡単に想像できます。

元栓付近や、シンク下の水道管の途中に取り付ける水道管型浄水器も、
水を処理した後に水道管を通りますので、水道管の汚れが付着する可能性があります。

一方、蛇口の先端に取り付けるタイプや、ポット型は、
水を処理した後、ホースや水道管を通りませんので、他の2つに比べると衛生的と考えます。

②初期費用

卓上型は、自分で設置できるものも増えてきましたが、本体価格は20,000円程度かかります。
また、業者に工事を依頼するタイプであれば、本体価格、工事費用で50,000円はかかってしまいます。

水道管型は、自身では設置できないので、工事費用が掛かりますし、
本体もかなり大型になりますので、初期費用は20万円を超えてしまいます。

蛇口の先端に取り付けるタイプは、ほとんどの商品が自身で簡単に取り付けられますので、
初期費用は、本体価格の4,000円~10,000円程度ですみます。

ポットタイプは、そもそも取り付けが不要ですので、本体価格が初期費用となります。

③ランニングコスト・フィルター交換の手間

浄水器は、一定量の水を処理すると、汚れたフィルターを交換する必要があります。

卓上型、水道管型は、1年に1回程度の交換となります。
また、卓上型、水道管型のフィルター交換は、業者に依頼する商品もあり、
この場合はフィルター料金と手数料がかかります。

蛇口先端型、ポット型の多くは、フィルターが処理できる残り水量が表示されており、
これがゼロになるとフィルター交換となります。

フィルター料金は、商品ごとに異なりますが、いずれのタイプでも
月あたりに換算すると1,000~2,000円であることが多いです。

④すぐに飲めるか

卓上型、水道管型、蛇口先端型は、流水しながら水の処理が可能ですので、
水道をひねれば水が出てきます。

ただし、水の処理能力に限界があるため、通常の水道に比べて流量は落ちます。
一般的に、流量は、水道型>卓上型>=蛇口先端型の順番となります。

ポット型は、蛇口から水を注いでから、フィルターが水を処理するまで待つ必要があります。
最短で数分、遅い機種だと10分近くかかるものもあります。

また、ポットの容量は最大2リットル程度ですので、
それ以上使用する場合は、一度移し替えてもう一度水の処理を待つ必要があります。
 
SPONSORED LINK



シロがおすすめする浄水器



我が家が、すでに3年間使用している浄水器がこちら、クリンスイSCP701です。

先に述べた通り、蛇口先端型は、以下のメリットがあります。

蛇口先端型は処理した水がホースや水道管などを通らないため、衛生的
②初期費用が安い
③自分で設置、フィルター交換ができる。
④蛇口をひねればすぐに浄水がでる

こちらのフィルター(カートリッジ)は、900リットルの水を処理できて、1853円です。
1リットルあたり、1個の料金は、2,700リットルあたり5,560円ですので、
浄水1リットルあたりの値段は約2.06円です。


蛇口先端型には、東レの「トレビーノ」という機種もあります。
こちらのフィルター(カートリッジ)は600リットル処理できて1,993円ですので、
浄水1リットルあたりの値段は3.32円と、クリンスイよりも割高です。

浄水器による節約金額

浄水器による節約効果を検証します。

自動販売機、スーパー、およびコストコのミネラルウォーターと、
クリンスイの浄水器の水の料金を比較してみました。
また、1日500mlの水を飲むとして、年間182.5リットルの水の料金も計算しています。


コンビニの
ミネラルウォーター
スーパーの
ミネラルウォーター
コストコの
ミネラルウォーター
浄水器
クリンスイ
容量500ml2リットル500ml900リットル
価格103円128円18.7円1,853円
(カートリッジ代)
1リットル
あたりの値段
206円64円
37.4円2.06円
1年間の料金37,595円11,680円6826円376円
※1年間の料金は182.5リットルとして計算(1日500ml×365日)

圧倒的に、浄水器で水を飲む方が安いという計算になりました。
蛇口先端型浄水器の本体価格(3,000円~10,000円)は、1年で十分に元が取れますね。
また、翌年からは本体代はかかりませんので、コストコの格安ミネラルウォーターであっても
年間6,000円程度の節約につながります。

コンビニのミネラルウォータを常用している方の節約効果はさらに高いです。
スーパーの2リットルのミネラルウォーターに変えるだけで年間26,000円、
浄水器にすれば37,000円もの節約になります。


おわりに


コンビニのミネラルウォーターから浄水器の水にすれば、年間約37,000円の節約になります。
浄水器は、蛇口先端型が衛生的で、本体料金も節約できます。
さらに、クリンスイならフィルター(カートリッジ)代が他社に比べて割安です。

みなさんもぜひ、浄水器の導入を検討してみてください。