シロです。

コストコに行くたびに、お弁当用に銀鮭を購入していましたが、
さすがに3か月も続けると飽きてきます。

お弁当によいお魚ないかなー、と探しているとしらす干しを発見しました!
スーパーでは100gぐらいで売られているしらす干しも、コストコではなんと500g入り!

さっそく購入してみましたので、味のレビューやお買得度、保存方法、調理方法などを紹介します。





しらす干しの商品紹介


図2


商品名:しらす干し
原材料:かたくちいわし(遠州灘)、食塩
原料原産地名:遠州灘
保存方法:要冷蔵(4℃以下)
賞味期限:加工年月日より4日
購入価格:100g当り399円(税込)

「しらす干し」とは、塩茹でしたしらすを干して、7割程度の水分量にしたものです。
水分量が8割ほどのものは「釜揚げしらす」、5割以下になったものは「ちりめんじゃこ」と呼びます。
乾燥度の違いで名前が変わるんですね!

コストコのしらす干しは、400~550gぐらい入っており、パッケージによって値段が異なります。
購入したしらす干しは、480g入りで1,915円でした。
100gあたりの価格は399円です。

「しらす」とは、マイワシ、もしくはカタクチイワシの稚魚のことです。
コストコのしらすは、遠州灘で獲れたカタクチイワシです。
 遠州灘とは、静岡県から愛知県にかけて広がる、しらす漁で有名な海域です。

原材料は、そんな有名地域のしらすと食塩だけで、保存料などは入っていません。

しらす干しの保存方法


しらす干しは、500gも入っているのに、消費期限はたったの4日間です。
さすがにこれだけの量を消費するのは難しいので、
生で食べる分量以外は冷凍保存してしまいましょう。

使用するものは、コストコのジップロック サンドイッチです。
注意点は、ジップロックの中の空気をしっかり抜くことです。
しらすをはじめ、魚は空気に触れていると菌が繁殖しやすかったり、
酸化して風味が損なわれてしまうからです。

我が家では、100gずつに小分けして冷凍保存しました。
使用するときは、使う分だけ出して解凍します。
図3




コストコのしらす干しはお買得?

今回購入したしらす干しは、100gあたり399円(税込)でした。

イオンやAmazon、楽天市場などで、しらす干しのお値段を調べてみました。
ただし、釜揚げしらす、ちりめんじゃこは乾燥度が違うため、除いています。

商品名 遠州灘産
しらす干し
茨城産
しらす干し
静岡遠州灘産
しらす干し
しらす屋の
しらす干し
販売元コストコ298円Amazon楽天市場
内容量480g50g1kg1kg
価格1,915円298円4,800円4,000円
100gあたりの価格399円596円480円400円

今回比較した中では、コストコのしらす干しが最もお買得という結果です!
楽天市場もほぼ同額でしたので、購入するならどちらかがおすすめです。

しらす干しを食べた感想

図1

さっそく生で食べてみました。

適度に水分があってふわふわ!!
また、薄く塩味がついているので、しょうゆなしでもおいしいです!
生のままおやつとして食べれちゃいます!
でも、やっぱりごはんが欲しくなりますね!

しらす干しの調理方法


しらす干しは、薄く塩味がついていますので、生でも食べられます。
また、いろいろな調理法を考えてみたので、参考にしてみてください。

調理法①そのままごはんにかける

しらす干しのシンプルな食べ方ですね。
しょうゆや大根おろしをかけて食べると、さらにおいしくなります!
しらす干しだけで、ごはん一杯はたべれちゃいますね!

調理法②アボカドと和える

図4

我が家の人気メニュー、アボカドにしらす干しを振りかけてみました。
アボカドにしょうゆがかなり合うんですが、さらにふわふわのしらす干しの食感が楽しめます。

まとめ


コストコのしらす干しは、100gあたり399円と、Amazonやスーパーに比べてお買得です。
消費期限が4日と短めですが、空気をしっかり抜いてジップロックに入れれば、冷凍保存できます。

薄い塩味がついているので、そのままごはんにかけたり、サラダにまぶしたりしてもおいしいですよ!
シロはお弁当のごはんに振りかけて食べています!

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  


SPONSORED LINK