こんにちは。
業務スーパーのお買得商品の発掘にはまっています、シロです。

業務スーパーでは、ベルギー産の冷凍野菜が販売されています。
本日紹介するのは、そんなベルギー産冷凍野菜の芽キャベツです。

シロは、業務スーパーで購入するまで、芽キャベツを食べたことがありませんでしたが、
キャベツの栄養価が凝縮されており、業務スーパーでは安価に購入できます。

今回は、業務スーパーの「芽キャベツ」の商品紹介と、おすすめの食べ方を紹介します。




芽キャベツの商品詳細


図1

商品名:芽キャベツ
原材料名:芽キャベツ
内容量:500g
賞味期限:購入日より約2年
保存方法:-18℃以下で保存してください
凍結前加熱の有無:加熱してありません
加熱調理の必要性:加熱して召し上がりください
原産国名:ベルギー
輸入者:神戸物産
価格:138円(税抜)

図2

業務スーパーの冷凍品コーナーで販売されていました。

中には、形のきれいな芽キャベツが入っています。
どれも形がしっかりしているので、お料理やお弁当のおかずに使っても見栄えが良さそうです。

また、軽く湯通しされているそうですので、農薬がついたままという心配はなさそうです。

芽キャベツの栄養価


芽キャベツに含まれる主な栄養素には、次のものがあります。

〇ビタミンB2
〇ビタミンC
〇ビタミンK
〇葉酸
〇カリウム
〇βカロテン
〇ルテイン

100gあたりの栄養素をキャベツと比べると、
ビタミンB2は約7倍、ビタミンCは約4倍、食物繊維は約3倍含まれています。

また、抗酸化作用や免疫力を増加するβ-カロテンは、なんとキャベツの約14倍も含まれています。
βカロテンは、体内でビタミンAに変換されるので、皮膚や粘膜の健康を維持したりもします。

小さいけど、栄養がぎゅっと詰まっているんですね。



我が家のレシピ


芽キャベツ焼き

図1

解凍した芽キャベツを、オーブントースターで焼くだけです。
あと一品欲しい、というときにすぐにつくれて便利ですよ。

ガーリックバター炒め

解凍した芽キャベツを、バターと刻んだニンニクと一緒に炒めました。
香ばしいニンニクがアクセントになって、ごはんも進みます。

図3


おわりに


芽キャベツは、キャベツ100gあたりに比べて、ビタミンB2や食物繊維が豊富で、
ニンジンなどに含まれるβカロテンは約14倍も含まれます。

業務スーパーの芽キャベツは、湯通しもされており、
解凍して焼いたり、炒めるだけですぐに食べれます。
また、野菜炒めに添えるだけで見た目も生えますので、お料理にも使いやすいです。

調理しやすく、栄養素も豊富な芽キャベツを、一度試してみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK