こんにちは。
業務スーパーのお買得商品の発掘にはまっています、シロです。

彩りあざやかで、食卓を華やかにしてくれる「かぼちゃ」。
甘くて好き嫌いが少ない野菜なので、お子さんがいる家庭では使いやすいですが、
硬くて切りにくかったり、種とりなどの下ごしらえが面倒ですよね。

業務スーパーの冷凍カボチャは、カットや種とりをして冷凍されており、そのまま煮物に使えます。
価格は年中500gで159円(税込)なので、市販のかぼちゃと同じぐらいの値段です。

今回は、業務スーパーの「冷凍かぼちゃ」の商品紹介と、おすすめの食べ方を紹介します。




冷凍かぼちゃの商品詳細


図2

商品名:冷凍 かぼちゃ
原材料名:かぼちゃ
内容量:500g
賞味期限:購入日より約2年
保存方法:-18℃以下で保存してください
凍結前加熱の有無:加熱してありません
加熱調理の必要性:加熱して召し上がりください
原産国名:中国
輸入者:神戸物産
価格:159円(税抜)
図1


業務スーパーの冷凍品コーナーにて販売されています。
種を取り除いて、煮物に使いやすいサイズにカットされています。
どれも形がしっかりしているので、お料理やお弁当のおかずに使っても見栄えが良さそうです。

他の商品との価格比較


かぼちゃは、スーパーではそのまま販売されています。
冷凍品も、マルハニチロなどから販売されています。
今回は、これらの商品と業務スーパーの冷凍かぼちゃの価格を比較してみます。

商品名かぼちゃ北海道産
栗かぼちゃ
北海道産
栗かぼちゃ 冷凍
北海道
かぼちゃ
生かぼちゃ
購入先業務スーパーイオンマルハニチロ
(Amazon)
Delcy
(Amazon)
スーパーなど
価格(税込)159円
255円440円4,580円100~400円
内容量500g
350g500g300g×15個1,200g(1個)
100gあたりの価格31.8円72.8円88円101.8円8.3~33円

業務スーパーの冷凍カボチャは、今回比較した冷凍野菜の中では最もお買得です。
生のかぼちゃと比較しても、値段が高いときと比べるとお買得です。
秋~冬にかけては、冷凍カボチャの方がお買得ということですね。



我が家のレシピ

かぼちゃの和風あんかけ

冷凍かぼちゃのパッケージに書いてある調理例です。
作り方は、次の通りです。

①凍ったままのかぼちゃ200gに、以下の調味料を振りかける。
調味料 砂糖・・・・・・・大さじ2
    うま味調味料・・・小さじ1/2
    塩・・・・・・・・一つまみ

②①を電子レンジ(500W)で約6分間加熱する。

③鍋に以下の和風あんを合わせて中火にかける。
 沸騰させ、とろみをつけて②にかける。
和風あん 水・・・・・・・・100ml
     和風だしの素・・・小さじ1/4
     酒・・・・・・・・大さじ1/2
     しょうゆ・・・・・小さじ1/2
     片栗粉・・・・・・小さじ1

煮物

かぼちゃの定番、煮物です。
しょうゆ:酒:砂糖:みりん=1:1:1:1で煮るだけです。
図2


かぼちゃサラダ

こちらもかぼちゃ料理の定番ですね。
かぼちゃをレンジで加熱したあと、つぶしてお酢をかけます。
そのあと、マヨネーズをかけて、玉ねぎやきゅうりなどの野菜と混ぜ合わせるだけです。
図3


おわりに


業務スーパーの冷凍かぼちゃは、種が取り除かれ、カットされているので、
そのまま料理に使うことができます。
下ごしらえが必要ないので、生のかぼちゃよりも使いやすいですね。

100gあたりの価格も、イオンやマルハニチロに比べると安く購入可能です。

手間いらずでコスパもよい業務スーパーの冷凍かぼちゃ、
一度試してみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK