シロです。

2019年8月2日の資産・投資状況についてまとめます。
2019年7月のトピックスはありません。


chart-1905225_1280





現在の資産状況

名目評価額/ドル評価額/円構成比
米国株10,3381,104,78973%
日本株-400,85027%
合計-1,505,639100%
※1ドル=106.868円で計算

2019年8月2日の円建て評価額は1,505,639円です。
株式の購入総額は1,635,058円ですので、利益(率)は-129,420円(-6%)です。
2019年6月の投資利益(率)は、-13.5万円でしたので、今月はプラス収支となりました。

日本株のポートフォリオ

社名セクター保有株数株価/円構成比株価
(先月)/円
イオン生活必需品1001,835.546%1,851
夢の街創造委員会サービス1001,60740%1,577
RIZAPサービス20028314%262

夢の街創造委員会(購入額2930円/ 株)の株価は、現在1,607円/株です。
6/28発表の2019年8月期第三四半期決算の結果が良くありませんでしたが、
株価の大きな変動はありませんでした。
現在の株価は、赤字を見込んだ額になっていると思われます。

今後、夢の街創造委員会は株価上昇まで維持、RIZAPは500円程度で売り、
確定した利益で米国株に投資していく予定です。





米国株のポートフォリオ

ティッカー社名セクター保有株数株価/円構成比株価
(先月)/円
VVISAサービス9179.1716%173.55
MOアルトリア・グループ生活必需品4347.8820%47.35
TAT&Tサービス4034.1213%33.51
WWRウェストウォーター・リソーシズ素材93.490%
6.01
IBMIBMIT16150.3223%
137.9
KOコカ・コーラ生活必需品3052.0315%
50.92
XOMエクソン・モービルエネルギー1872.4613%
76.13

7月後半は、米国各社の決算が続いています。
決算の良かったコカ・コーラ、VISAは株価が上昇、
決算は良かったものの喫煙者数が減少しているアルトリア・グループは一度上がっていた株価が下落しました。
また、8/2工場で火事のあったエクソン・モービルは、一時的に株価が下落しています。

8/2、トランプ大統領が中国製品に対して10%の追加関税を課すと発言したことで、
ドルが一時106.788円までドル安となりました。
ダウ平均株価も、一転-280ドル安となっており、今が株の購入チャンスと考えられます。

おわりに

名目投資額/円評価額+配当/円利益率(%)先月利益率(%)
米国株1,058.4181,119,5596%+4%
日本株576,640418,746-27%-28%
合計1,635,0581,505,639-6%-8%
※1ドル=106.868円で計算

2019年8月のポートフォリオの利益率は-6%、内訳は日本株-27%、米国株6%です。
シロが株を始めた2018/6月に比べて、現在の日経平均は-5.3%、S&P500は+8.7%ですので、
米国市場、日本市場ともにアンダーパフォームしています。

日本株の投資戦略は、売却益(キャピタルゲイン)による資産拡大でしたが、
夢の街創造委員会が赤字転落して以来大敗しています。
また、日経平均も昨年6月以来悪化しており、日本株自体への投資が良くなさそうです。
今後は、日本株への投資は、イオンを残して撤退していく予定です。

米国株の投資戦略は、高配当の株を購入し、その配当を再投資するものです。
キャピタルゲインのように、短期的な利益は得られませんが、
配当で再投資することで株式数が増えるとともに、市場が長期的には成長していくことを考えれば、
自身の資産額は長期的に増加していきます。

今後は、米国の高配当株に投資、再投資を繰り返していく予定です。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

SPONSORED LINK