シロです。

コストコでは、よくトイレットペーパーやキッチンタオルがカートインされています。
そんな人気商品の一つが「キッチンペーパー」。

妻が聞いてきた話によると、コストコのキッチンペーパーを使い始めると、
他のキッチンペーパーはもう使う気がしないそうです。
そんなに良いものならと、我が家でも購入してみました。

今回は、コストコのキッチンペーパーのレビューとお買得度を紹介します。





商品紹介:キッチンペーパー

図6

商品名:KIRKLAND ペーパータオルキリエイトアサイズ(キッチンタオル)
内容量:160シート×12ロール
1枚の寸法:279mm×177mm 2枚重ね
購入価格:2,498円(税込)
原産国名:アメリカ
取扱上の注意:本商品は水に溶けにくい為、水洗トイレに流さないでください。
       包装のビニール袋を小さなお子様が扱いますと、窒息などの危険性があります。
       お子様の手の届かない場所に保管してください。

一つ一つ個包装

図7

外側の大きな袋を開けると、このように個包装されたキッチンペーパーが12ロール入っています。
個包装のメリットとして、次の3点があげられます。

〇衛生的に保管できる 
 通常、キッチンペーパーは2個や4個がセットになっており、大きな袋に包装されています。
 そのため、使用するときに一つを取り出すと、残りは破けた袋に入れておくか、
 わざわざ埃がかかったりしないように保管する必要があります。
 個包装であれば、使用するときまで中身が衛生的に保てます。

〇保管しやすい

 複数のロールが入っている大きな袋のままだと、収納には何かとスペースが必要です。
 また、袋から出して保管すると、埃をかぶる可能性がありますし、
 ふとした拍子にロールがほどけてしまう可能性があります。
 個包装であれば、これらの心配がないので保管しやすいです。
 
〇シェアしやすい
 コストコを利用する方が良く行うシェア買い。
 ご家族や友人の方と分ける時に個包装されていれば、それぞれが持って帰りやすいですよね。

二枚重ねで破れにくい

キッチンペーパーは、食器を拭いたり、野菜の水分を吸収させるなどの用途にも使います。
そんなとき、一枚重ねだと水分を吸うと破れる可能性がありますよね?

コストコのキッチンペーパーは二枚重ねですので、水分を吸っても破れにくいですし、
キッチン台やシンクを拭いても破れにくいです。

そのため、野菜の水分を吸わせた後に、台所周りの清掃をするなど、
一枚で二度おいしい使い方ができます。



1シートあたり1.3円

160シート×12ロールで2,498円ですので、1シートあたりの価格は1.3円です。

キッチンペーパーは、エリエールやリードなどからも販売されています。
ここでは各社のキッチンペーパー1×1mmあたりの価格を比較してみます。

メーカーカークランドリードエリエールスコッティイオン
購入先コストコAmazonAmazonAmazonイオン
価格
(税込)
2,498円
613円222円1,561円148円
ロール数12ロール2ロール4ロール6ロール4ロール
1ロールの
シート数
160シート75シート70シート61シート50シート
シートサイズ279×177mm275×240mm228×210mm242×270mm228×220mm
1枚あたり
の価格
1.3円4.0円0.79円4.3円0.74円
1m×1m
の価格
26円62円17円65円14円

今回比較したなかで最もお買得なキッチンペーパーは、イオントップバリュー製品でした!

カークランド製品は、リードやスコッティと比べるとお買得ですが、
エリエールやイオンと比べると、一枚当たり、1×1mあたりともに割高でした。
どちらも使用してみましたが、2枚重ねで破れにくく、品質は悪くはないようです。

ただし、後で紹介するように、カークランド製品は野菜や食器の水分を取ったあとに、
掃除に使用するなど、一枚で2枚分の働きをしてくれます。
これを考慮すれと1枚あたりの価格が半分になりますので、カークランド製品が最もお買得となります。

日本製より1ロールが大きい

コストコのキッチンペーパーは160シートもあり、ロールの直径は約14cmです。
日本のキッチンペーパーの直径は10~11cmのものが多いので、かなり大きめです。

そのため、キッチンペーパーのホルダーをお持ちの方は、コストコのキッチンペーパーが
入らない可能性があることに注意する必要があります。

ロールのサイズを下記に記載しておきますので、
購入前にご自宅のホルダーのサイズを測ることをおすすめします。

ロールのサイズ:直径14cm×幅28cm

コストコのキッチンペーパーのレビュー

図4

100円均一で購入したキッチンペーパーホルダーにはぎりぎり収まりました。
我が家のホルダーは2個セットで、キッチンペーパーの芯に両端から挟んで、
磁石で冷蔵庫などに固定するタイプですので、幅は気にする必要はありません。

図4

我が家でいつも使用しているイオントップバリュー製品と比較してみました。
トップバリューは正方形に近い形状ですが、カークランド製品は長方形に近い形です。
揚げた天ぷらをのせるとき、長方形ではお皿全体を覆えない場合があるかもしれません。

図5

全体を水で濡らしてしぼったあとに伸ばしてみました。
トップバリュ製品は伸ばすときに破けてしまいましたが、カークランド製品は全く破けていません。
また、トップバリュ製品は床が透けていますが、カークランド製品は透けていません。
カークランド製品は、水に濡れても台所周りの掃除や床掃除に使えそうです。

カークランド製品は、水を吸収させて、さらに掃除できる一石二鳥製品ですので、
1枚あたりの価格を2で割ってもよさそうです。
そうであれば、100×100mmあたりの価格は0.13円となりますので、
今回価格を比較した商品の中で、最もお買得と言えます。

まとめ


カークランド製のキッチンペーパーは、厚手で水に濡れても破けにくいので、
野菜の水切りや食器拭きをした後に掃除をするなど、一枚で2回以上使える優れものです。

一枚あたりの価格は、国内メーカー品の2枚分以下ですので、
2回以上使えることを考えればお買得です。

使用してみるとわかりますが、かなり厚手でちょっとやそっとや破れませんので、
床や玄関ドアの掃除など、キッチンペーパー以上の役割を果たしてくれます。
一度使ってみれば、もう他のキッチンペーパーは使えないというのも納得です!

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK