シロです。

コストコ「やさしいラップ」8本セットを発見しました。
1本あたり123円と、とてもお買得ですので、節約のためにさっそく購入です。
さらに今回はストアクーポンで200円割引き一本あたり97円で購入しました。

やさしいラップは、環境にやさしい素材でできているため、安心して使えますよ!

今回は、「やさしいラップ」の商品紹介、使った感想とお買得度を紹介します。





商品紹介:やさしいラップ

図2

商品名:やさしいラップ
内容量:8箱
原材料名:ポリエチレン
添加物名:脂肪酸エステル(柔軟剤) 
耐熱温度:110℃
耐冷温度:-60℃ 
サイズ:30cm×50m
販売者:オカモト株式会社
価格:978円
   ※2019年8月11日 ストアクーポンで200円割引
製造者:オカモト

1本50mのロングサイズ

一本のサイズは、幅30cm×50mです。

ラップには、15mや20mなどいろいろな長さの商品があります。
全長の短いラップだと、なくなりやすいので端が勿体ないですし、
1mあたりの価格でみると、実は割高商品だったりします。

1mあたりの価格は下記で検討していますので、参考にしてください。

ダイオキシンが発生しない素材

図3

やさしいラップの側面には、「非塩素系」と記載されています。
これは、ラップを燃やしたときに環境汚染物質である「ダイオキシン」が発生しないという意味です。

1998年、「環境ホルモン」という言葉がの流行語のトップ10にランクインしました。
環境ホルモンとは、人体や生態系に重大な影響を与える化学物資の総称であり、
「ダイオキシン」もこの一つです。

ダイオキシンは、「ポリ塩化ビニリデン」など塩素系素材のラップを燃やした時に発生します。
有名な「サランラップ」や「クレラップ」は、この「ポリ塩化ビニリデン」を使用しています。
「ポリ塩化ビニリデン」製のラップは、丈夫で匂いを通しにくく、容器にぴったりとくっついて密閉性が高いことなどが理由です。

ラップは食品に直接ふれることが多いですし、環境のことも考えて、
我が家では「非塩素系」のラップを使用しています。



1本あたり123円とお買得

通常価格は、8本入りで978円ですので、1枚あたりの価格は123円です。
ここでは、「サランラップ」や「クレラップ」などのラップと価格を比較してみましょう。

商品名やさしい
ラップ
サランラップクレラップポリラップ食品保存用ラップ
購入先コストコ
AmazonAmazonAmazonイオン
価格
(税込)
978円
1,499円
1,209円137円62円
本数8本3本3本1本1本
一本の長さ50m50m50m50m20m
1mあたり
の価格
2.4円10円8.1円2.7円3.1円


今回比較したなかでは、コストコのやさしいラップが最もお買得でした。

サランラップやクレラップは、いずれも特価セールなどがなければAmazonが最安値でしたが、
やさしいラップと比べると、4倍程度の価格であることがわかります。

やさしいラップを使った感想


我が家で「やさしいラップ」を使用してみました。
ラップをお皿にかけるとしっかりとくっつきますし、カットしにくいなどの不満もありません。

ただし、「ポリ塩化ビニリデン」製のサランラップやクレラップと比べると、柔らかいです。
使っていて破れるということはありませんが、サランラップなどを使い慣れている方は、
最初は違和感があるかもしれません。

ちなみに我が家では、長期保存する食品はジップロック、3日程度で食べる食品にはサランラップ、
というふうに使い分けています。


まとめ


やさしいラップは、燃やしても有害な物質が出ない素材で作られており、
サランラップや、クレラップに比べて1mあたりの価格もお買得です。

さらに、今回はコストコのストアクーポンで200円割引きで購入できましたので、
一本あたりの価格は97円と、100円均一よりも安く購入できました。

サランラップやクレラップを使い慣れている人は、最初は柔らかく感じるかもしれませんが、
使っていて破れたり、お皿にうまくくっつかないということはありません。

我が家では、長い間「非塩素系」ラップである「ポリラップ」を使用してきましたが、
今後は節約のためにも、コストコの「やさしいラップ」を使っていこうと思います。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK