シロです。

コストコで販売されている冷凍ブロッコリーは2種類あります。
一つは格安のNewWorldFarmsブロッコリー、もう一つはエクアドル産有機ブロッコリーです。

今回、少し割高ではありますが、有機ブロッコリーを購入しましたので、
商品の詳細、価格、食べた感想などをご紹介します。


商品紹介:有機ブロッコリー

図2 図3

名称:有機ブロッコリー
原材料名:有機ブロッコリー
内容量:1.8kg (454×4袋)
賞味期限:購入から約20か月
保存方法:-18℃以下で保存してください
凍結前加熱の有無:加熱してありません。
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください。
原産国名:エクアドル
価格:1,158円(税込)

4つに小分けされている

図4

NewWorldFarmsの冷凍ブロッコリーは2.2kgが大袋に入っていましたので、
冷凍庫に収納するには大きなスペースが必要でした。
また、中でよくぶつかるためか、袋の底にブロッコリーのくずがたくさんたまっていて、
とても勿体ない思いをしていました。

有機ブロッコリーは、大きな袋を開封すると、454gずつの小分けになって4袋入っています。
一度に全て開封しなくてもよいため衛生的ですし、冷凍庫の中もかさばらずに済みます。
また、写真からわかるように、ブロッコリーくずはほとんどありません。

有機JAS認証あり

図6

有機ブロッコリーには、農薬や化学肥料などを使わずに、自然の力で生産された食品であることを示す「有機JAS」マークが印字されています。

コストコは、各国ごとに独自に買い付けを行っていますが、
他の国で成功した商品は、すぐに試せるように常に情報交換しているそうです。

オーガニック商品については、米国コストコが優れており、
「オーガニック商品売り上げ全米1位」にランクインしています。
日本コストコもこれに続くため、高品質で安心なオーガニック商品の取扱いを増やしていく予定だそうです。

有機ブロッコリーはお得!?

有機ブロッコリーのお得度を検討してみます。
比較する商品は、コストコのNewWorldFarmsブロッコリー、Amazon、楽天市場のブロッコリーです。

商品名有機
ブロッコリー
ブロッコリー
(NewWorld
Farms)
そのまま
使える
ブロッコリー
(ニチレイ)
春雪
さぶーる
ブロッコリー
(NewWorld
Farms)
購入先コストコ
コストコAmazonAmazon楽天市場
価格
(税込)
1,158円
888円
377円+送料380円1,269円+送料
内容量1816g2270g500g500g2270g
100gあたり
の価格
63.8円39.1円75.4円+送料76円55.9円+送料

今回比較したなかで、最もお買得商品は、コストコのNewWorldFarmsブロッコリーでした。

有機ブロッコリーは、NewWorldFarmsブロッコリーよりは高いです。
しかし、有機ブロッコリーでないAmazonや楽天市場のブロッコリーと比べると、
100gあたりの価格はやや安く、お買得でした。




ブロッコリーが豊富に含む栄養素

シロは、毎日のお弁当に入れる野菜としてブロッコリーを選んでいます。
その理由は、ブロッコリーに豊富に含まれる栄養素の健康効果です。

以下に、ブロッコリーに含まれる栄養素とその効能を紹介します。

ビタミンC

ブロッコリーは、レモンの約2倍のビタミンCが含まれているってご存知ですか?

ビタミンCの効能は、疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止、
さらには、美肌効果やシミ対策にも有効です。

大人が1日に必要なビタミンCは、100mgと言われています。
ただし、身体に溜めておくことができず、サプリで採取しても尿として排出されてしまいます。
そのため、ビタミンCは、毎日継続して、食品から摂取することが推奨されています。
ブロッコリーでは、たった5房で1日に必要な量が摂れてしまいます。

葉酸

ブロッコリーには、葉酸もたくさん含まれています。

葉酸は、DNAの合成や調整に深く関わっており、正常な細胞の増殖を助ける働きがあります。
特に、妊娠前後の女性は、胎児の成長に大量に必要なので、普段の必要量の約1.7倍摂取する必要があると言われています。

大人が1日に必要な葉酸は、約240μgと言われています。
ブロッコリーでは、こちらも5房で摂取できます。

ビタミンE、ビタミンK、食物繊維

その他にも、ビタミンEやビタミンK、食物繊維なども含まれます。
さらに、スルフォラファンというデトックス作用のある物質も含まれます。

このようにブロッコリーには、
成人、特に妊娠前後の女性にうれしい成分が豊富に含まれています


ブロッコリーのおすすめの調理方法


ブロッコリーに含まれる栄養素の多くは、ゆでると栄養素がゆで汁に逃げてしまいます。
その点、コストコのブロッコリーは加熱されていませんので、
栄養素がばっちり含まれています。

ブロッコリーのおすすめの調理法は蒸す、もしくはレンジです。
シロは、栄養素が逃げないように、以下のように調理した後、
もう一度冷凍して、お弁当に詰めています。

【ブロッコリーのおすすめ調理法】
①耐熱皿にのせ、大さじ2の水をかけてラップをする。
②電子レンジ(600w)で1分30秒〜2分加熱する。

まとめ


コストコの有機ブロッコリーは、4つに小分けされているため、
同じくコストコで販売されているNewWorldFarmsのブロッコリーと比べると、
衛生的に使用でき、冷凍庫でかさばりにくいです。

価格はNewWorldFarmsのブロッコリーと比べるとやや高いものの、有機食材であること、
Amazonや楽天市場の商品と比べると安いことを考えれば、お買得です。

シロは、その栄養価から、お弁当の野菜として平日は毎日ブロッコリーを食べています。
これまでNewWorldFarmsのブロッコリーを使用していましたが、冷蔵庫の中でかさばる、
最後にブロッコリーくずが溜まるという問題がありました。

これからは、小分けされており、ブロッコリーくずの少ない有機ブロッコリーを
購入しようと考えています。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
SPONSORED LINK