シロです。

コストコでは、世界各国の多様なチーズが販売されています。
本場フランス産のブリーチーズは、350gで928円と、
スーパーやネット通販などの2/3以下の価格で購入できます。

今回は、コストコの「ルスティックブリー」の特徴、価格、保存方法や味を紹介します。





Le Rustique Brie(ルスティックブリー)

図5

商品名:Le Rustique Brie
              ルスティックブリーチーズ
種類別:ナチュラルチーズ
原材料:ナチュラルチーズ(生乳、食塩)
内容量:350g
保存方法:要冷蔵(10℃以下)
原産国:フランス
賞味期限:購入日より5日
購入価格:928円(税込)

本場フランスのブリーチーズ

ブリーチーズとは、フランスのブリー地方で1000年以上前から作られている白カビ系のチーズです。

フランスで白カビチーズと言えば、カマンベールチーズが有名ですよね。
カマンベールチーズは、フランスのノルマンディー地方のカマンベール村で製造されたチーズですが、実はブリーチーズから派生したとも言われています。

価格は市販品の約2/3

図6

コストコのブリーチーズは、直径30cm程度で、約45°分が販売されています。
成城石井などで1/16カット(22.5°)で、ほぼ同じ価格で販売されていますので、
コストコのブリーチーズはかなりお買得だと思います。

今回は、ブリーチーズ、ほぼ同じ製法で作られているカマンベールチーズと、
価格を比較してみました。

商品名ルスティック
ブリー
熟成ブリールスティック
ブリー
モンペール
ブリー
雪印
カマンベールチーズ
購入先コストコ
成城石井AmazonAmazonイオン
価格
(税込)
928円862円
4,291円2,880円+送料365円
重量350g180g1,000g1000g100g
100gあたり
の価格
265円478円429円288円+送料365円

今回比較した商品の中では、コストコのブリーチーズが最もお買得でした。
同じ「ルスティックブリー」をAmazonで購入すると、1.5倍以上の価格です。

コストコのブリーチーズがいかにお買得かがわかりますね。

ブリーチーズの保存方法

我が家でのブリーチーズの保存方法を紹介します。

まず、一回に使うサイズにブリーチーズを切り分けます。
我が家では、10cm×2cm程度に切り分けています。
図6

切り分けたブリーチーズを、サランラップ等で包みます。
我が家は、コストコで販売されているプレスシートを使っています。

ブリーチーズは中がとろりとしていますが、
プレスシートなら取り出した時にシートにほとんどくっついていません。

図6

プレスシートをハサミで切ります。
図7

切り終わったら、それぞれ冷凍庫に入れて保存します。

食べる時は、30分ほど自然解凍します。
自然解凍してから切ると、中がとろっとしていて切りにくいため、
冷凍庫から取り出してすぐの方が切りやすいですよ!




ルスティックブリーチーズの味


クセは全くなく、濃厚なミルクの香りと、こってりとした風味があります。
まわりの白カビの部分もほとんど気になりません。

中身はトロっとしており、濃厚な生クリームを食べているような感じです。
また、塩分控えめですので、どんどん食べれてしまいます。

お酒だけでなく、クラッカーやパン、ジャムと一緒にたべてもおいしいです。

まとめ


コストコのルスティックブリーチーズは、市販のブリーチーズや、
同じ製法のカマンベールチーズに比べて2/3程度の価格で購入できます。

濃厚なミルクの香りと、トロッとしたクリームのような食感で、
おつまみとしてだけでなく、パンやクラッカーと合わせてもおいしくいただけます。

ぜひ、お酒のおつまみとして常備しておきたい一品です!

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

SPONSORED LINK