こんにちは、シロです。

コストコの「プレスンシール」をご存知ですか?

プレスンシールは、片面に粘着力があるラップのようなものです。
ラップよりも密着するので、ラップの代わりだけでなく、
お肉やお魚の冷凍保存や、コップのふたとしても利用できます。

プレスンシールは、環境にやさしい素材でできているため、衛生面も安心です!

今回は、「プレスンシール」の商品紹介と特徴、お買得度を紹介します。





商品紹介:プレスンシール

図1

商品名:GLAD Press'n Seal
              グラッド プレス&シール
品名:食品包装用ラップフィルム
   (冷凍、冷蔵、電子レンジ、保管用)
原材料名:ポリエチレン
寸法:幅300cm×43.4m
数量:3本
耐熱温度:100℃
耐冷温度:-23℃ 
使用注意:火気には近づけない。
     オーブン、ガスレンジ、オーブントースター等直火での調理には使用しない。
     ラップが溶ける恐れがあるため、油分の強い食品や砂糖のかかった食品を
     直接包んで電子レンジで使用しない。
     容器にかけて使用する際は、上記を逃がすためラップと容器が密閉されないように
     一部折り返す等して使用する。
価格:1,628円

高い密閉性

プレスンシールは、片面に粘着力があり、食品を高い密閉性で保存できます。

例えば、水の入ったコップにプレスンシールをかぶせます。

図2 図3

コップが倒れてしまっても、中の液体はまったくこぼれません。

図4

ストローをさした状態でも、ほとんど中の液体はこぼれません。
図6


ハサミで切れる

プレスンシールは、2枚を貼り合わせた内側に食品を保存することもできます。
接着面どうしを貼り合わせるため、はがれにくく高い密閉性を保てます。

さらに便利なのは、貼り合わせた後にカットしても、簡単にははがれない点です。
例えば、次のようにチーズやお菓子を密封します。

図6


その後、ハサミをつかって切り分ければ、あたかも最初から個包装したように扱えます。
もちろん、切り口からはがれることはほとんどありません。
図7

幅広い使い方ができる

プレスンシールは、密閉性が高く、いので、お肉やお魚、ジュースなどいろいろなものに使えます。
また、耐冷温度は-23℃ですので、冷凍保存にも使用できます。

例えば、次のような使い方ができます。

〇食品の冷蔵、冷凍
〇ドリンクの保存
〇食品バック
〇お菓子の小分け
〇マスキングテープ

コストコのマフィンの冷凍保存もこの通り。
図7




ダイオキシンが発生しない素材

プレスシールの原材料はポリエチレンのみです。
「非塩素系」の素材ですので「ダイオキシン」などの有害物質が発生しません。

ダイオキシンは、人体や生態系に重大な影響を与える環境ホルモンの一種です。
「ポリ塩化ビニリデン」など塩素系素材のラップを燃やした時に発生します。
「サランラップ」や「クレラップ」など、丈夫で密閉性の高いラップは
「ポリ塩化ビニリデン」が使用されていることが多いです。

ラップは食品に直接ふれることが多いですし、環境のことも考えて、
我が家では「非塩素系」のラップを使用しています。

1本あたり542円とやや高め

プレスンシールは、3本入りで1,628円ですので、1本あたりの価格は542円です。
ここでは、同じ食品保存が可能なラップや、ジップロックと価格を比較してみましょう。

商品名プレスンシールサランラップクレラップやさしいラップジップロック
フリーザーバッグ
購入先コストコ
AmazonAmazonコストココストコ
価格
(税込)
1,628円
1,499円
1,209円978円1,798円
本数3本3本3本8本216枚
一本の長さ43.4m50m50m50m
1mあたり
の価格
12.5円10円8.1円2.4円一枚あたり
8.3円

ラップやジップロックと比べると、価格はやや高めです。
節約のためには、ラップやジップロックでも十分、という場面では使用を控えたいですね。

一方、コストコのパンやチーズの小分け、液体の密閉などには、
ラップより高い密閉性と、切り分けられるという点で活躍してくれます


電子レンジは中身に注意

プレスンシールの注意点は、中身によっては電子レンジができないことです。

これは、プレスンシールの耐熱温度が100℃であるためです。
例えば、中身の油分が多い場合、加熱中に中身の温度が100℃以上に上昇するため、
加熱中にプレスンシールが溶けてしまう場合があります。

まとめ


プレスンシールは、高い密閉性と、切ったり冷凍したりできるため、
食品の冷凍保存や、お菓子の小分けなどに便利な商品です。
また、人体に有害な物質は含まれていませんので、安心して使用できます。

注意点は、電子レンジが使えないことと、すこし価格が高いことです。
我が家では、食器に入った食品の保存にはラップ、細切れ肉の保存にはジップロックを使用し、
コストコのパンやチーズなどの冷凍保存や、液体の密閉にはプレスンシールを使っています。

プレスンシールは、今後もリピート確定の便利グッズです。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK