こんにちは、シロです。

日本でもブームとなっている「タピオカドリンク」
都内にもタピオカドリンク販売店が増加しており、モスバーガー、はま寿司やバーミヤンなど、
大手全国チェーン店のメニューにもタピオカドリンクが並んでいます。

そんなタピオカが、業務スーパーの冷凍コーナーで販売されています。
タピオカを加熱して好きなドリンクに入れるだけで、タピオカドリンクが完成!
しかも一杯あたりたったの29円で楽しめます!

今回は、業務スーパーの「インスタントタピオカ」の商品詳細、価格、味などをご紹介します。



商品詳細:インスタントタピオカ

図3

商品名:インスタント タピオカ
名称:冷凍 タピオカ
原材料名:タピオカ澱粉/着色料(カラメル)、増粘剤、香料、甘味料(スクラロース)
内容量:300g(1食分25g×12回分)
賞味期限:購入日より約2年
保存方法:ー18℃以下で保存してください。
凍結前加熱の有無:加熱してありません。
加熱調理の必要性:加熱して召し上がりください。
原産国名:台湾
輸入者:株式会社 神戸物産
価格:348円(税別)

30秒加熱するだけで完成

図4

パッケージを開けると、納豆のようなタピオカの粒が入っています。
調理方法は、沸騰したお湯で30秒間加熱するだけです。
早速調理してみましょう!

図5

加熱すると、お店で販売しているタピオカと同じ色になりました。
これを好きなドリンクに入れるだけで、タピオカドリンクの完成です!

本場台湾のタピオカドリンクが一杯約30円

タピオカの量は、1杯あたり25gです。
インスタントタピオカには、合計12杯分(300g)のタピオカが入っています。

こちらの商品は348円(税別)ですので、一杯あたり30円程度でタピオカドリンクが作れます。

タピオカドリンクをお店で購入すると一杯500円ぐらいしますので、とってもお買得ですよね!



お好みのタピオカドリンクが作れる

インスタントタピオカの最大の楽しみは、自分の好きな味のタピオカドリンクが作れることです。

レモンティーや抹茶ラテ、コーヒー牛乳などにタピオカを入れれば、
すぐにタピオカドリンクが楽しめます。

我が家で作ったタピオカドリンク

我が家でも、いくつかタピオカドリンクを作ってみました。

無糖タピオカボスティー

図6

Bossが販売している無糖クラフトボスティーにタピオカを入れて、
無糖ストレートティーのタピオカドリンクが完成です!

スッキリとしたストレートティーと、タピオカの甘さのバランスが最高です!

タピオカ抹茶ラテ

図7

アサヒ飲料が販売している抹茶ラテにタピオカを入れれば、タピオカ抹茶ラテが完成です。

抹茶ラテの甘さが、タピオカのおいしさをさらに引き立てています。

タピオカの味


タピオカは、台湾産で、大きさ、食感とも本場と同じぐらいです。

ストローで吸うと大きなタピオカが口の中に入ってきて、とっても楽しいです。
タピオカのもちもち食感がたまりません!

ついついいろんな飲み物を買って、タピオカドリンクを作っちゃいました。

おわりに


インスタントタピオカを使えば、お好きなドリンクがタピオカドリンクに大変身!
一杯あたりたったの30円程度で、本場のタピオカドリンクがおうちで簡単に作れます。

「こんな味のタピオカドリンクがあればよいのに!」
と思っている方、ぜひインスタントタピオカで手作りしちゃいましょう!

甘いものが苦手で無糖タピオカドリンクを探していたシロも、
無糖アイスティーでタピオカドリンクが作れて大満足です!!

次回から、しっかりリピートしていきたいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK