シロです。

みなさん、箱ティッシュはどのぐらいの値段で購入していますか?
5箱で190円~210円なら結構安いほうですよね?

しかし、イオントップバリュでは、なんと5袋で174円(税別)で購入できます。
しかも袋!外箱がないため、ゴミも減らすことができます。

今回は、我が家で愛用しているイオントップバリュの「外箱を省いたティッシュペーパー」の
商品紹介と使い心地をレビューします。




商品詳細:外箱を省いたティッシュペーパー

図1

商品名:外箱を省いたティッシュペーパー
内容量:5袋×300枚(150組)
寸法:たて205mm×横195mm
購入価格:174円(税別)

他商品との価格比較

外箱を省く最大のメリットは、包装代がないために価格が安いことです。
どれぐらい安いのか、いくつかのティッシュペーパーと比較してみましょう。


商品名外箱を省いた
ティッシュ
ペーパー
ソフトパック
ティシュー
ネピネピ
メイトティシュ
業務用ティッシュ
詰め替え用
ボックス
ティッシュ
購入先イオンCAINZAmazon楽天市場楽天市場
価格
(税込)
187円
(178円)
248円281円
5,700円4,380円
箱(袋)数5袋6箱5箱50箱60箱
1箱(袋)の容量150組150組150組200組200組
1組あたり
の価格
0.25円
(0.24円)
0.28円0.37円0.57円0.365円
()内はお客様感謝デー(5%オフ)価格


今回比較した中では、イオンの外箱を省いたティッシュペーパーが最もお買得でした。
CAINZも外箱なしティッシュを販売していますが、価格面ではイオンに軍配があがりました。

さらに、イオンでは毎月20日、30日はお客様感謝デーとして5%オフを実施しており、
さらにお買得に購入することができます。

ゴミの量が減る

外箱のないことの二つ目のメリットは、外箱というゴミが減ることです。

外箱は燃えるゴミですが、ゴミ袋の中でかさ張ります。
外袋であれば、ゴミの体積が減りますし、地域によっては包装として無料で回収してもらえます。




年間節約額は1人400円

外箱ありのティッシュを、イオンの「外箱を省いたティッシュペーパー」に代えることで、
節約できる金額を計算してみましょう。

azfitの推定によれば、年間一人あたりの使用量は3,566組、1日10組となるそうです。
azfit HP:ティッシュペーパーの年間使用量はどのくらいですか?

外箱ありのティッシュは1枚0.37円ですので、年間総額は1,319円です。
外箱を省いたティッシュペーパーは、一枚0.25円ですので、年間総額は891円です。
つまり、外箱を省いたティッシュペーパーを使うことで、1人年間400円節約できます。

ご家族、とくにお子さんのいる家庭では、ティッシュの使用量はさらに多いため、
年間に節約できる金額はさらに多いと思います。

「外箱を省いたティッシュペーパー」を使った感想

図3

外箱がないので、ティッシュが出しにくいかなと思いましたが、かなりしっかりと出てきます。
わざわざティッシュカバーを購入しなくても、快適に使用できます。

ティッシュそのものも、かなりやわらかめで、匂いなどはありません。
ただし、風邪の時に鼻をかみすぎると、鼻の下が赤くなります。
「鼻セレブ」のようなお肌に優しい質感ではないようです。

ティッシュそのものの質は、5箱で200円~300円のティッシュとほぼ同等でした。

まとめ

イオンで販売されているトップバリューブランドの「外箱を省いたティッシュペーパー」は、
一枚一枚がしっかりと出てきて、質感は5箱で200~300円の箱ティッシュと同等です。

箱ティッシュと比べると、一枚あたりの価格が安く、
ゴミの量が減るため減るため、家計にやさしい商品です。

我が家では、ここ数年こちらの商品を使用しており、今後もリピートしていきたいと思います。
また、我が家はイオン株主のため、お客様感謝デーの5%オフに加え、購入価格の3%の還元を受けています。
食料品や日用品をイオンやマックスバリューで購入されている方、
ぜひキャッシュバックの株主優待のあるイオン株の購入をおすすめします。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  


SPONSORED LINK