シロです。

生野菜やカット済み野菜の多いコストコですが、調理済みの野菜も販売されています。
「北海道じゃがバター」もその一つ!

じゃがバターって、自宅で作るとなると結構時間がかかりますよね?
この商品は、ゆでた北海道男爵いもが、バターと一緒に真空パックされているので、
電子レンジで2分で簡単においしいじゃがバターが食べられます。

今回は、コストコの「北海道じゃがバター」の商品紹介、価格、味を紹介します。



商品紹介 北海道じゃがバター

図1

商品名:北海道じゃがバター
名称:バター入りゆでじゃがいも
原材料名:男爵いも(北海道産・遺伝子組み換えでない)、
     バター(北海道)、食塩
内容量:4個入り×3袋
賞味期限:購入日から約3週間
保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
製造者:丸和油脂株式会社
購入価格:798円

たった2分で食べられる

図4

パッケージを開けると、ゆでたジャガイモとバターが真空パックされて入っています。
なんと、袋から取り出して、そのままでも食べられるそうです!

でも、じゃがバターってアツアツの方が美味しいですよね!
電子レンジ、もしくは湯せんで、簡単に温められます。

〇電子レンジ:袋に穴をあけ、2分くらい温める
〇熱湯:袋のまま熱湯に入れて温める
    (我が家では、沸騰したお湯に入れて約5分でアツアツでした)


参考に、生のジャガイモでじゃがバターを作る時の加熱時間は次の通りです。
〇電子レンジ:約6分
〇熱湯:約20分

ジャガイモを洗って茹でる30分程度の時間を短縮できますので、
お仕事で忙しい方や子育て中の主婦の方にはおすすめです。

4個入り×3パック

図2

パッケージを開けると、ジャガイモ4個入りの真空パックが3パック入っています。
真空パックになっているので、パッケージは開けてこの状態で保存した方がよいと思います。

また、3パック入りですので別居の家族や友達と小分けにするのにも便利ですね。

ジャガイモ一個あたり66円で割高

北海道じゃがバターには、ジャガイモが合計12個入っています。
一袋798円ですので、ジャガイモ一個当たりの値段は66円です。

ジャガイモの価格をスーパーでみると、時期にもよりますが、おおよそ一個20~40円です。
コストコといえど、調理済み野菜となると原価よりも高いですね。

北海道じゃがバターの味

今回は、電子レンジできっちり2分温めました。
図1


開封すると、バターのとっても良い香りがします。
お皿に盛り付ける時に、袋から出てくるとろとろのバターがたまりません!

割ってみると、中は白っぽい色をしていますが、中まで柔らかく、
しっかり火が通っています。

さっそく食べてみます。あっつ、あっつあっつ♪

バターの甘さとともに、じゃがいも自体のほんのりとした甘味が感じられます。
バターはジャガイモの表面にかかっているだけなので、ディップしながら食べるとおいしいです。

ジャガイモは、ほくほく、というよりもしっとりとした食感です。
ゆっくりと煮詰めたじゃがいもを想像していただければよいですね。

食塩も入っているそうですが、しょっぱさはほとんど感じられません。
シロはもう少し塩分が欲しかったので、自宅にあった塩を振りかけて食べました。

まとめ

コストコの「北海道じゃがバター」は、ゆでたジャガイモとバターが真空パックされており、
電子レンジだとたったの2分で一品完成する便利商品です。

じゃがいもは、ほくほくというよりしっとりとした食感です。
バターはたっぷりついていて甘味は十分ですし、お好みで塩を振ってもおいしいですよ。

北海道じゃがバターは、調理時間として30分程度は時短にはなります。
お仕事で忙しかったり、子育てでなかなか時間のとれない主婦の方におすすめの商品です。

ただし、価格はジャガイモ一個あたり66円と、生のジャガイモ(1個20~40円)と比べて割高です。
節約を心掛けている我が家では、30分時短するより自宅で作りたいと思います。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

SPONSORED LINK