こんにちは、シロです。

コストコでは、人気定番商品の「ロティサリーチキン」!
「ハニーグレイズチキン」は、そのロティサリーチキンの食べやすいもも肉だけを厳選し、
流行りのハニーマスタードをかけて食べるおすすめ商品です。
普段の夕食にはもちろん、クリスマスやパーティーなどに華を添える一品になります。

今日は、コストコの「ハニーグレイズ」の商品詳細、価格と味のレビューを紹介します。





商品詳細:ハニーグレイズチキン

図10

商品名:ハニーグレイズチキン
原材料名:ロティサリーチキン、マリネ-ドソース(還元水あめ、砂糖、はちみつ、その他)
     ハニーマスタードソース(はちみつ、醸造酢、砂糖、植物油脂、その他)、
     糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、酒精、リン酸塩(Na)、調味料(アミノ酸)、
     着色料(カラメル、クチナシ)、香料、パプリカ抽出物、
     (原材料の一部に小麦、卵、大豆、りんごを含む)
保存方法:要冷蔵4℃以下
調理方法:蓋をとり、カップを取り出して電子レンジ500Wで10分程温めてお召し上がりください。
価格:998円
内容量:960g
消費期限:加工日より2日間
製造者:コストコホールセールジャパン

ロティサリーチキンのもも肉だけを厳選

ハニーグレイズは、コストコのロティサリーチキンのもも肉だけを切って、
マリネ-ドソース、ハニーマスタードソースと一緒に食べます。

ロティサリーチキン(rotisserie chicken)は、「鶏を1羽丸ごと串に刺して、
ゆっくり回転させながらあぶり焼きにしたもの」という意味だそうです。

コストコでは、ロティサリーチキンが`699円というお買得価格で購入できますが、
こちらの商品には、ロティサリーチキンの食べやすく、やわらかいもも肉だけが入っています。

もも肉は全部で5切れ入り

図12

シロが購入したハニーグレイズには、5切れの骨付きもも肉が入っていました。
ロティサリーチキン一羽あたり2切れのもも肉がとれますので、およそ2羽分です。

ハニーグレイズの内容量は960gですので、一切れあたりの重量は約200gです。
ただし、入っていたもも肉の大きさはまちまちであり、
小ぶりで120g程度のものや、大ぶりで300g程度のものも入っていました。

10分で簡単調理できる

ハニーグレイズの調理方法は、電子レンジ500Wで10分温めて、
付属のマリネ-ドソース、ハニーマスタードソースをかけるだけです。

我が家では、コストコから購入してきた容器を使って、
そのまま電子レンジで調理しました。

コストコでの買い物後は、小分けや解体があるので、
10分で簡単に調理できるお惣菜はとってもありがたいですね!
図11


価格は他店の半額以下

ハニーグレイズの価格は、960gで998円ですので、100gあたり104円です。
ここでは、骨付きもも肉の価格と重量を調べてみました。

販売店コストコイオンKFCコストコ
商品名ハニー
グレイズ
ロースト
チキンレッグ
照り焼きソース

オリジナル
チキンドラム
さくらどり
もも肉
重量960g240g約100g2.4kg
価格988円594円250円2,498円
100gあたりの価格104円248円250円104円

コストコのハニーグレイズは、イオン、KFCと比べると、価格は1/2以下です。

また、ハニーグレイズは、コストコ定番商品の「さくらどりもも肉」とほぼ同じ価格です。
使っている鶏の種類が違うとはいえ、原材料とお惣菜の単価がほぼ同じなんてお買得ですね!

ハニーグレイズチキンの味レビュー

今回は、電子レンジで「500W、10分間」温めていただきました。

ロティサリーチキンよりもやや甘いソースがかかっています。
その上から、さらにマリネ-ドソース、ハニーマスタードソースをかけますので、
味付けはかなり甘めです。

もも肉は骨付きですが、大きな骨しかありません。
さらに、もも肉はかなり柔らかく、お箸でも簡単に骨から外せますので、とっても食べやすいです。
お箸が上手だと自慢はできないシロですが、お箸だけで綺麗に完食しました。

おわりに


コストコの「ハニーグレイズ」は、柔らかくて食べやすいもも肉に、
マリネ-ドソース、ハニーマスタードソースをかけて食べます!

100gあたりの価格は「さくらどりもも肉」とほぼ同じで、電子レンジで10分で調理できますので、
とってもお買得で食べやすいおすすめ商品です。

もも肉がぎっしり入っているので、平日の夕食だけでなく、
パーティや、クリスマスのごちそうにもぴったりです!
我が家でも、夕食のおかずに迷ったときにはリピートしたいと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  
SPONSORED LINK