シロです。

コストコのチルド売り場一面にところ狭しと販売されているチーズ!
外れこそありませんが、どれが美味しいかは食べてみるまではわかりませんよね?

今回購入したのは、「ROLFチェダーチーズ」!
濃厚であっさりとした味わいで、おつまみやサラダ向きです。
雪印と同じスライスタイプのチーズですが、価格は半額以下でとってもお買得!

今回は、コストコの「ROLFチェダーチーズ」の特徴、価格比較、味を紹介します。



商品詳細 ROLFチェダーチーズ

図1

商品名:ROLFチェダーチーズ  
種類別:プロセスチーズ
原材料名:ナチュラルチーズ、乳たん白/乳化剤、保存料(ソルビン酸K)、pH調整剤、安定剤(増粘多糖類)、カロチノイド色素(一部に乳成分を含む)
内容量:1,300g(108枚入り)
賞味期限:購入日から約5か月
保存方法:0~10℃で冷蔵してください
製造者:株式会社宝幸 ロルフ西宮プラント
購入価格:1,398円(税込)

安心の国産製品

図1

このマークと、透明で中身が丸見えの包装から、
欧米のチーズかな?と思って購入しましたが、実は国産でした。

日本ハムのグループ会社で、株式会社宝幸(HOKO)という会社が製造しています。
宝幸は、チーズのほかに冷凍食品や缶詰め、レトルト食品などを販売しています。
「さけフレーク」は、シロもスーパーなどで見かけたことがあります。

ROLF(ロルフ)は、宝幸のチーズ専門ブランドです。
ROLFマークにある笑顔のおじさんは、北欧デンマークの伝説的バイキング
「キャプテン・ロルフ」にちなんで名付けられたそうです。
より多くの人においしいチーズを届け、とびきりの笑顔を増やしたい、
という想いが込められているそうです。


チェダーチーズは、元々イングランドのチェダー地方で作られていたチーズです。
現在は、世界中で生産されており、最も一般的なチーズの一つです。

チェダーチーズとは


チェダーチーズは、本来あわい黄色(オフホワイト)ですが、
アナトー色素等を使ってオレンジ色に着色されることもあります。
一般に、オレンジ色に着色されたものはレッド・チェダー、
着色されていないものはホワイト・チェダーと呼ばれます。

ちなみに、アナトー色素を使って着色することに理由はないようです。
着色されていると、やや味が濃く、熟成されているように見えてしまいますね。

取り出しやすいスライスタイプ

図2

ROLFチェダーチーズを開封すると、スライスチーズが重なっています。
一般的なスライスチーズのように個包装はされておらず、
フィンランディアのミュンスターチーズのように間に紙が挟んでもありません。

ただし、よく見ると取りやすいように、少しずつずらして積み重ねてあります。
そのおかげで、一枚一枚きれいに取り出すことができます。

1枚の大きさはやや小さめ

図3

ROLFチェダーチーズは、グラタンやトーストに使いやすいスライス形状です。
チーズ1枚の大きさは厚み2mm×7.5cm×7.5cm、重さは約12gです。

参考までに、雪印のスライスチーズは8.5cm×8.5cm、重さが18gです。
国内で販売されているスライスチーズより2割ほど小さいですね。

価格は市販品の半額以下

ROLFチェダーチーズは、1,300g入りで1,398円、100gあたり約108円です。

今回はコストコや楽天市場のスライスチーズと価格を比較します。
なお、国内のスライスチーズとは、1枚のサイズ、重量が異なるため、
今回は100gあたりの価格を計算しました。

商品名ROLF
チェダーチーズ
ミュンスター
チーズ
雪印メグミルク
スライスチーズ
マイルド
チェダーチーズ
購入先コストココストコ楽天市場
コストコ
価格
(税込)
1,398円
1,268円7,020円798円
重量1,300g
(108枚)
907g
(30枚)
3,024g
(7枚×24袋)
907g
1枚あたり
の価格
12.9円42.3円41.8円
100gあたり
の価格
107.5円140円232円88円

コストコのROLFチェダーチーズは、1枚あたりの価格、100gあたりともに、
今回比較した中で最も割安でした。
雪印スライスチーズと比較すると、お値段は半額以下です。

ただし、コストコで有名な塊チーズの「マイルドチェダーチーズ」と比べると、
ROLFチェダーチーズは3割増程度の価格です。
小分けする手間を省くと、やはり割高になってしまいますね。



ROLFチェダーチーズの味

さっそく、一枚味見してみます。

スライスチーズとしては、やや濃い味でコクがあります。
クセは無く、塩気も少なめで、生で食べるのにピッタリの味です。
お酒のおつまみやサンドイッチ、サラダなどにおすすめのチーズです。

トーストにのせて焼いてみると、チーズは柔らかくなるものの、
溶けたり、伸びたりはしません。
チーズトーストやハンバーグ、グラタンなど、とろっとろのチーズがあう料理より、
サンドイッチやドリア、サラダなどのお料理向きと思います。

ROLFチェダーチーズの食べ方

そのまま

図3

おやつやおつまみとして、そのまま食べます。
味が濃いめですので、クラッカーに挟んだり、お酒のおつまみにするとよいです。

焼き野菜


野菜の上にチーズをのせて、レンジで5分ほど加熱します。

とろっとろに溶けたチーズがドレッシングのようにかかって、野菜がとっても美味しくなります。
塩分控えめですので、健康にもよいですね!

まとめ


コストコのROLFチェダーチーズは、濃厚であっさりした味で、
チーズ特有の匂いやクセの少ない、お子様も一緒に食べられるチーズです。
加熱しても溶けたり伸びたりしませんので、そのまま食べたり、
サンドイッチやクラッカー等に挟んで食べるのにおすすめです。

国産のチェダーチーズですが、雪印スライスチーズと比べてやや小さめです。
価格は他のスライスチーズに比べて割安で、雪印の半額以下でお買得です!

ただし、小分けにする手間はあるものの、
コストコの塊チーズマイルドチェダーチーズの方がお買得ですので、
価格重視の方は、こちらをおすすめします。

大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  

SPONSORED LINK