こんにちは、シロです。

一人暮らしの野菜不足や、主婦の時短に便利な冷凍野菜。
コストコの冷凍食品コーナーでもいくつかの冷凍野菜ミックスが販売されています。

「ステアフライベジタブルブレンド」は、ブロッコリーやにんじんなど、
色とりどりの野菜が9種類、カットされた状態で冷凍されています。
価格も2.49kgで1,298円というお値段はお買得でしょうか?

今回は、コストコの「ステアフライベジタブルブレンド」の商品紹介と、
価格、調理例を紹介します。

SPONSORED LINK


商品詳細:ステアフライベジタブルブレンド

図1

商品名:ステアフライ ベジタブルブレンド
名称:野菜ミックス
原材料名:ブロッコリー、スナップエンドウ、サヤインゲン、ニンジン、
     黄ニンジン、マッシュルーム、赤パプリカ、シログワイ、玉ねぎ
内容量:2.49kg
賞味期限:購入日より約9か月
保存方法:ー18℃以下で保存してください。
凍結前の加熱の有無:加熱してありません
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください。
原産国名:アメリカ
輸入者:コストコホールセールジャパン
価格:1,298円
※本品製造工場では、乳、卵、小麦、エビ、カニ、サーモン、あわび、大豆、ごまを含む製品を生産しています。

9種類の野菜

ステアフライベジタブルブレンドには、彩り鮮やかな野菜がたっぷり入っています。
緑、黄色、赤といろいろな色があり、とっても健康に良さそうですね!

ベジタブルブレンドに入っている野菜は、次の9種類です。

〇 ブロッコリー
〇 スナップエンドウ
〇 サヤインゲン
〇 ニンジン
〇 黄ニンジン
〇 マッシュルーム
〇 赤パプリカ
〇 シログワイ
〇 玉ねぎ

黄ニンジンはふだんあまり見かけないかもしれません。
いろいろな品種がありますが、一般的にしっかりとした甘みが特徴の野菜です。

シログワイは、白いレンコンに似たシャキシャキした食感の甘みのある野菜です。
中華料理では、つぶして米粉と合わせて団子を作ったりします。
この商品には、厚さ2mm程度にカットされて入っています。

便利なジップロック付き

図5

ステアフライベジタブルミックスの袋を、ミシン目に沿って手で開けると、
中にはジップロックがついています。
開封後でも、密閉して保存できますので便利ですね。

日本にジップロックは、袋の上端についているものがほとんどですが、
海外ではこのように袋の上端からやや下についていることが多いです。

シロは、他のコストコ商品を、ジップロックに気づかずにハサミで開けて、
ジップロックが使えなくなったことがあります。
コストコ商品に慣れていない方は、ご注意ください。

カット済みでそのまま使える

図4

さっそく袋から取り出してみました。

ブロッコリーは房からカットされています。

サヤインゲンとスナップエンドウはそのまま、もしくは輪切りにされています。
ニンジンと黄ニンジン、マッシュルームは、短めの輪切りにされています。
パプリカは乱切り、シログワイ、玉ねぎは小さめにカットされています。

パッケージには、フライパンや電子レンジを使った調理例が書いてありますが、
どちらも袋から出した野菜をそのまま使えます。

調理方法(フライパン)
フライパンに少量の油を熱し、凍ったままの製品
約450gを加えて5~7分炒めてください。
(時間はお好みによりご調整ください。)

調理方法(電子レンジ)
凍ったままの製品約450gを電子レンジ対応の皿に入れ、
大さじ3杯の水を加えます。
蓋、またはラップをして、強の設定で5分加熱してください。
一度かき混ぜてさらに3~4分、もしくはお好みの硬さになるまで加熱してください。

コスパ△:100gで52円

ステアフライベジタブルブレンドは、2.49kg入って1,298円でした。
100gあたりの価格は52円です。

他の野菜ミックスとは、入っている野菜が違うため、単純に価格を比較できませんが、今回は、いくつかの冷凍野菜ミックスと価格だけで比較してみました。

野菜名ステアフライ
ベジタブルミックス
ベジタブル
ブレンド
6種類の
野菜ミックス

ミックス
ベジタブル
販売元コストココストコ業務スーパーAmazon
(ニチレイ)
原材料ブロッコリー
スナップエンドウ
サヤインゲン
ニンジン
黄ニンジン
マッシュルーム
赤パプリカ
シログワイ
玉ねぎ
ブロッコリー
カリフラワー
人参
黄人参
トマト
なす
ズッキーニ
たまねぎ
赤パプリカ
緑パプリカ
グリーンピース
コーン
ニンジン
内容量
2490g2490g500g1,000g
価格1,298円1,078円127円601円+送料550円
100gあたり
の価格
52円43円25.4円60円+送料55円

価格だけで比較すると、ステアフライベジタブルミックスは、
コストコ、業務スーパーのベジタブルミックスよりも割高でした。
サヤインゲンやマッシュルームはやや割高なため、価格もやや高くなるようです。

最もコスパが良いのは業務スーパーの6種類の野菜ミックスでした。
こちらの商品はやや割高野菜が入っているのにも関わらず、
ステアフライベジタブルミックスの半額で購入できます。


SPONSORED LINK

ステアフライベジタブルブレンドの調理例

図3

ステアフライベジタブルブレンドを使って、野菜炒めを作りました。
味付けは醤油バターです。

作り方は次の通りです。

【材料(2~3人分)】
①ステアフライベジタブルブレンド・・300g
②鶏肉・・・・・・・・・200g
③バター・・・・・・・・10g
④しょうゆ・・・・・・・大さじ1

【作り方】
①フライパンに油をしき、鶏肉を炒めます。
②鶏肉に火が通ったら、フライパンにバターとステアフライベジタブルブレンド、
 醤油を加え、ふたをして蒸します。
③野菜がしんなりしたら蓋をとり、軽く炒めます。

ステアフライベジタブルブレンドの感想

商品によっては、冷凍野菜は解凍後水っぽかったり、冷凍食品特有の匂いがします。

シロは、フライパンや電子レンジ調理に加え、湯せん調理もしましたが、
水っぽかったり、匂いはしませんでした。
どの調理方法であっても、野菜はシャキシャキとした歯ごたえがあり、
生野菜と同じようにおいしくいただけます。

9種類で、緑、白、赤、黄色と4色入っており、
野菜炒めにするだけでも、彩り豊かな料理に仕上がりますね。

全体量を見ると、パプリカ、マッシュルーム、玉ねぎ、シログワイは少な目、
スナップエンドウとサヤインゲンが多めに入っています。
シロはサヤインゲンが好きなので、この商品は当りでした。

おわりに

コストコの「ステアフライベジタブルブレンド」は、9種類のカット野菜が
たっぷり2.49kgも入った、使いやすい冷凍野菜です。
そのまま食べられるサイズにカットされており、緑、赤、黄色、白と彩り豊か
なので、そのまま野菜炒めなどのお料理に使えます。
水っぽかったり、冷凍特有の匂いなどもありませんでした。

我が家では、野菜が足りない時に野菜炒めにしたり、お弁当のおかずに使用したりして使っています。

他の冷凍野菜ミックスと入っている野菜は違うのですが、お値段だけでみればやや割高でした。
今回比較した中では、業務スーパーの「6種類の野菜ミックス」がお買得でした。
こちらの商品は、トマトやナスなどの野菜がはいっており、
シチューやカレー、野菜炒め等におすすめです。

気になった方は一度試してみてください。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK