図20 図21
商品名:STIR-FRY Vegetable Blend
    (ステアフライ ベジタブルブレンド)
購入価格:1,298円(2020年1月)
購入価格:1,368円(2020年11月)

一人暮らしや共働きなど、お料理の時間を時短したい時に冷凍野菜は便利ですよね。
コストコの冷凍食品コーナーでは、2~3種類の冷凍野菜ミックスが販売されています。

「ステアフライベジタブルブレンド」は、「Stir-fry(炒める)」のに適したブロッコリーやにんじんなど、色とりどりの9種類の野菜をカットして冷凍した商品です。お料理の彩りが華やかになり、時短にもなるので、便利な一品です。

今回は、コストコの「ステアフライベジタブルブレンド」の商品詳細、価格や使い勝手を紹介します。

SPONSORED LINK


商品詳細 ステアフライベジタブルブレンド

商品名:ステアフライ ベジタブルブレンド
名称:野菜ミックス
原材料名:ブロッコリー、スナップエンドウ、サヤインゲン、ニンジン、黄ニンジン、マッシュルーム、赤パプリカ、シログワイ、玉ねぎ
内容量:2.49kg
賞味期限:購入日より約9か月
保存方法:-18℃以下で保存してください。
凍結前の加熱の有無:加熱してありません
加熱調理の必要性:加熱してお召し上がりください。
原産国名:アメリカ
輸入者:コストコホールセールジャパン
価格:1,368円
※本品製造工場では、乳、卵、小麦、エビ、カニ、サーモン、あわび、大豆、ごまを含む製品を生産しています。

ステアフライベジタブルブレンドの中身

図24

ステアフライベジタブルブレンドのパッケージを開封すると、赤や黄色、緑など彩り鮮やかな野菜がカットされた状態で入っています。パッケージのサイズはおおよそA4サイズ、重さは2.49kgです。かなり大きめですので、冷凍庫のスペースをしっかりと確認してから購入しましょう。

コストコで購入した時は野菜がバラバラになって冷凍されているのですが、我が家で冷凍していると、野菜同士がくっついて大きな塊になっていきました。一度開封すると水分が入ってしまって、くっついてしまうのかもしれません。

図22
こちらのパッケージ、日本ではあまり見かけない位置に切取り線とジップロックがついています。一番上をハサミで切ってしまうと、ジップロックが使えないので注意しましょう。

ベジタブルブレンドに入っている野菜は、次の9種類です。
図25


〇 ブロッコリー
〇 スナップエンドウ
〇 サヤインゲン
〇 ニンジン
〇 黄ニンジン
〇 マッシュルーム
〇 赤パプリカ
〇 シログワイ
〇 玉ねぎ

黄ニンジンはふだんあまり見かけないかもしれません。いろいろな品種がありますが、しっかりとした甘みが特徴の野菜です。

シログワイは、白いレンコンに似たシャキシャキした食感の甘みのある野菜です。中華料理では、つぶして米粉と合わせて団子を作ったりします。

ブロッコリーは房からカットされています。スナップエンドウ、サヤインゲンはそのまま、大きいものは輪切りです。ニンジン、黄ニンジン、マッシュルームは薄い輪切り、赤パプリカは乱切り、シログワイ、玉ねぎは2~3cmぐらいの大きさにカットされています。

全体的に、スナップエンドウとサヤインゲンが多く、パプリカ、マッシュルーム、玉ねぎ、シログワイは少ない印象です。

ステアフライベジタブルブレンドの調理方法

「Stir-Fly」は、「炒める」という意味です。パッケージの写真では、ステアフライベジタブルをフライパンで炒めています。

パッケージの調理方法にも、フライパンや電子レンジで野菜いためを調理する方法が記載されています。いずれも解凍は不要で、冷凍室から出した野菜をそのまま使えるので便利ですね。

【フライパン】
フライパンに少量の油を熱し、凍ったままの製品約450gを加えて5~7分炒めてください。(時間はお好みによりご調整ください。)

【電子レンジ】
凍ったままの製品約450gを電子レンジ対応の皿に入れ、大さじ3杯の水を加えます。蓋、またはラップをして、強の設定で5分加熱してください。一度かき混ぜてさらに3~4分、もしくはお好みの硬さになるまで加熱してください。


図3

ステアフライベジタブルブレンドとコストコのさくらどりで、醤油バター炒めを作りました。作り方は次の通りです。
【材料(2~3人分)】
①ステアフライベジタブルブレンド・・300g
②鶏肉・・・・・・・・・200g
③バター・・・・・・・・10g
④しょうゆ・・・・・・・大さじ1

【作り方】
①フライパンに油をしき、鶏肉を炒めます。
②鶏肉に火が通ったら、フライパンにバターとステアフライベジタブルブレンド、醤油を加え、ふたをして蒸します。
③野菜がしんなりしたら蓋をとり、軽く炒めます。

お肉は豚や牛肉でもよいですし、あっさり塩コショウやオイスターソースで炒めてもおいしそうですね。


SPONSORED LINK

ステアフライベジタブルブレンドの味レビュー

冷凍野菜は、製品によっては水っぽかったり、冷凍食品特有の匂いがしますが、こちらの製品は、フライパンや電子レンジ調理、湯せん調理をしても水っぽかったり、匂いはしませんでした。
図23
今回は、シンプルに豚肉と塩コショウで野菜炒めを作ってみました。さっそく実食してみます!

ニンジン、黄ニンジンは輪切りにしたためかやや表面はやや水っぽいものの、芯はしっかりとしており、火を通すとポリポリとした生野菜のような食感が出ます。

赤パプリカは、みじん切りのため、他の野菜に比べると水分を吸ってしまっています。生野菜のようなシャキシャキ食感はなく、しなっとしています。

他の野菜(スナップエンドウ、ブロッコリー、サヤインゲン、玉ねぎ)やマッシュルームは、水っぽさがなく、火を入れると生野菜のようなシャキシャキとした歯ごたえがあります。

野菜炒めにするだけで緑、白、赤、黄色と彩りが豊かになり、しかも生野菜のように野菜の甘さが感じられます。野菜炒めではなく、温野菜にして肉料理の付け合わせにしてもおいしいと思います。

コスパ

ステアフライベジタブルブレンドは、2.49kg入って1,368円、100gあたりの価格は55円です。

野菜ミックスは、製品によって入っている野菜が違うため、単純に価格を比較できませんが、今回は、いくつかの冷凍野菜ミックスと価格だけで比較してみました。

商品名購入先原材料税込価格内容量100gあたり
の価格
ステアフライ
ベジタブルブレンド
コストコブロッコリー
スナップエンドウ
サヤインゲン
ニンジン
黄ニンジン
マッシュルーム
赤パプリカ
シログワイ
玉ねぎ
1,368円2.49kg54.9円
6種類の野菜ミックス
図2
業務スーパートマト
なす
ズッキーニ
たまねぎ
赤パプリカ
緑パプリカ
127円500g25.4円
ベジタブルブレンド
図9
コストコブロッコリー
カリフラワー
人参
黄人参
1,078円2.49kg43円
洋風 野菜ミックス
Amazon
(ニチレイ)
ブロッコリー
カリフラワー
ニンジン
1,248円
(送料込)
1.0kg124.8円
※消費税は10%として計算

ステアフライベジタブルは野菜炒め、他の野菜ミックスはどちらかと言えばクリームシチューなどの煮物野菜が中心です。ご自身の得意なお料理のスタイルによって選ぶと良いですね。

ステアフライベジタブルブレンドの価格は、コストコのベジタブルブレンド、業務スーパーの野菜ミックスよりも割高でした。サヤインゲンやマッシュルームはやや割高なため、価格もやや高くなるようです。

最もコスパが良いのは業務スーパーの6種類の野菜ミックスでした。こちらの商品は、トマトやナスなどのやや割高の野菜が入っているのにも関わらず、ステアフライベジタブルブレンドの半額で購入できます。

おわりに

コストコの「ステアフライベジタブルブレンド」は、「Stir-fry(炒める)」のに適したブロッコリーやにんじんなど、色とりどりの9種類の野菜をカットして冷凍した商品です。

彩り豊かさ野菜は、冷凍と思えないほどシャキシャキしていて、野菜炒めだけでなく、温野菜にもピッタリです。野菜が足りない時に手軽に使えて便利ですね。

価格は、他の煮物野菜が中心の冷凍野菜ミックスと比べるとやや割高でした。スナップインゲンやさやえんどうがお好きな方、主な用途が野菜炒めの方はこちらの商品がおすすめです。少しでも安い製品がよい方は、業務スーパーの「6種類の野菜ミックス」をどうぞ!

我が家での主な用途はお弁当向けの野菜炒めですので、こちらの商品を何度かリピ買いしています。気になった方は一度試してみてください。

リピ買い:あり
おすすめ度:★★(やや割高)



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK