こんにちは、シロです。

手軽に必要な栄養素が摂れるサプリメントは、補助食品として使われる方も多いと思います。

コストコでは、お肉やお魚、冷凍食品に加え、各種のサプリメントも安く販売されています。その中で、オメガ3脂肪酸(EPA、DHA)のサプリメントは3種類販売されています。

毎日採るからこそ、1日あたりの価格が安いものを選びたいですよね。でも、それぞれ一粒あたりのオメガ3脂肪酸の含有量や、価格が異なります。一体どれが安いのか、なかなかわかりにくいですよね?

今回は、コストコで販売されているEPA・DHAサプリ3種類の栄養素を徹底比較するとともに、DHCなどの市販品と合わせて価格を比較しました。

SPONSORED LINK



EPA・DHAとは?

EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)は、オメガ3(n-3系)脂肪酸に分類される栄養素です。オメガ3脂肪酸には、他にαリノレン酸があります。

オメガ3脂肪酸(EPA、DHA)は、血液中の赤血球を柔軟にし、体内で動きやすくする効果があります。そのため、血中中性脂肪値の低下、不整脈の発生防止、血管内皮 細胞の機能改善、血栓生成防止作用などの効能で、生活習慣病の予防効果があります。

厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準」(2010年版)によると、EPAやDHAは体内で合成できず、欠乏すると皮膚炎などの発症が懸念されています。成人男性は1,000mgの摂取が推奨されていますが、日本の成人男性の摂取量の平均は430mgと、不足しがちなようです。

コストコの販売商品

コストコで販売されているEPA・DHAのサプリメントには、次の3種類があります。

ネイチャーメイド社

図2

米ファーマバイト社の栄養補助食品ブランド「ネイチャーメイド」の製品です。黄色いパッケージは、全国の薬局でも見慣れていますね。

KIRKLAND社

図1
コストコのプライベートブランド「KIRKLAND」の製品です。KIRKLANDのサプリメントは、この水色のパッケージが特徴的ですね。


トライデントシーフード社

図1

トライデントシーフード社の製品です。3種類の中で唯一透明のボトルですので、中身が見えやすいですね。

一粒あたりの栄養素

まずは、各社のサプリ1粒に含有されている栄養素を比較してみます。それぞれの製品一日分(1粒)で摂取できるEPAとDHAの量と、18歳以上の成人男性の一日あたりの摂取推奨量をまとめました。

栄養成分ネイチャーメイド
スーパーフィッシュ
オイル1粒の含有量
KIRKLANDオメガ3
フィッシュオイル
1粒の含有量
トライデント
シーフード
アラスカサーモン
オイル
1粒の含有量
成人男性の
1日あたりの
平均摂取量1)
EPA162mg420mg30mg140mg
DHA108mg280mg36mg290mg
オメガ3脂肪酸
合計値
270mg700mg100mg430mg
1)「日本人の食事摂取基準」(2010年版)

参考までに、1日に必要なEPA・DHA(1,000mg)は、焼いたサンマであれば一尾、サバ缶であれば1缶、ツナ缶であれば2缶で摂取できます。

ネイチャーメイド製品
は、EPA・DHA合わせて270mg含有しています。食物と合わせて1日あたりの推奨量を摂取するには、一日2粒の摂取が必要です。

トライデントシーフード製品は、EPA・DHA合わせて100mg含有しています。食物と合わせて1日あたりの推奨量を摂取するには、一日6粒の摂取が必要です。

KIRKLAND製品は、EPA・DHA合わせて700mg含有しています。成人男性の平均摂取量(430mg)と合わせると、1,130mgですので、1日あたり1粒で推奨摂取量1,000mgを十分摂取できます。

ここで、EPA・DHAを過剰摂取は問題とならないか、という疑問があります。「日本人の食事摂取基準」(2010年版)では、摂取量の上限の項目があり、次のように記載されています。



n‒3系脂肪酸の出血時間、血中 LDL‒コレステロール、血糖値、免疫能、過酸化脂質、PAI‒1、 その他の副作用についてレビューを行ったが、日常の摂取量では問題は認められていない。(中略)
極端な大量摂取による健康障害の懸 念はあるものの、人におけるエビデンスは十分ではない。そのため、目標量(上限)は算定しなか った。

また、オメガ-3脂肪酸は、赤血球を柔軟に活動しやすく効果があるため、摂りすぎると血液が固まりにくくなり、出血が止まりにくいという副作用があります。このため、オメガ-3脂肪酸の摂取量は1日3gまでに抑える必要があります。

最も栄養素が多いKIRKLAND社のサプリメントであっても、オメガ3脂肪酸の量は食物と合わせて約1Gですので、摂りすぎの心配はないと考えられます。ただし、手術や出血を伴う歯科治療(抜歯など)を受ける場合は、服用を中止した方がよいと言われますので、これらを受ける際は、お医者さんに相談した方がよいと思います。

サプリの飲みやすさ

それぞれのサプリの大きさは次の通りです。

栄養成分ネイチャーメイド
スーパーフィッシュ
オイル
KIRKLANDオメガ3
フィッシュオイル
トライデントシーフード
アラスカサーモン
オイル
1粒のサイズ直径1cm×2.7cm直径0.7cm×1.6cm

ネイチャーメイド製品と、KIRKLAND製品は、どちらも1粒のサイズは直径約1cm×2.7cmですので、飲みやすさに違いはなさそうです。

トライデントシーフード社製品は、他の2社に比べて小さめです。以下に、ネイチャーメイドとトライデントシーフード社の製品を比べてみました。
図3

トライデントシーフード社のサプリは、1粒が直径約0.7cm×1.6cmと他の2社に比べて小さめです。そのため、初めての方も飲みやすいと思います。


SPONSORED LINK


コスパ

オメガ3脂肪酸(EPA、DHA)のサプリは、ここで紹介した以外の他社も同様の成分で販売しています。

ただし、会社ごとに一日の推奨量が異なります。ここでは、価格を比較するために、オメガ3脂肪酸の量600mg(推奨量1,000mgー食物からの平均摂取量400mg)を一日分として、一日あたりの価格を比較しました。

商品名販売者
価格
(内容量)
1日の摂取量
(オメガ3合計値)
1日あたり価格
KIRKLAND
図1
コストコ2,178円
(180粒)
1粒
(700mg)
12.1円
大塚製薬
ネイチャーメイド
スーパーフィッシュオイル
コストコ2,728円
(250粒)
2粒
(540mg)
21.8円
Amazon1,138円
(90粒)
2粒
(540mg)
25.2円
トライデント・シーフード
オメガ-3  天然アラスカ
サーモンオイル
図1
コストコ2,198円
(450粒)
6粒
(600mg)
29.3円
ディアナチュラ
Amazon1,748円
(240粒)
5粒
(640mg)
36.4円
DHC
Amazon909円
(90粒)
5粒
(583mg)
50.5円

今回比較した中で、最もコスパが良いのはKIRKLAND社のサプリメントです。

また、「魚を普段から取り入れていて、サプリの摂取量を少なめにしたい」という方もいらっしゃると思います。KIRKLAND社のサプリは1粒に700mgが含まれているため、一日の摂取量を調節したい場合には、コスパが2番目に良かったネイチャーメイド社の製品がおすすめです。

シロのおすすめ

ここまでの結果をまとめると、次のようになります。

〇ネイチャーメイド社
1日あたりのコスパは2番目であるが、1日に2粒なので摂取量の調節が可能。

〇KIRKLAND社
1日あたりのコスパは最も良いが、一粒に多量に含まれているため、摂取量の調節ができない。

〇トライデントシーフード社
1日あたりのコストは最も割高であるが、サイズが小さく飲みやすい。


普段から魚が多いという方は、ネイチャーメイド社の製品を1粒を接種することで、一日あたり10.9円となり、最もコスパが良いです。

シロはお肉が好きで、魚を全く食べない日もありますので、600mgあたりのコスパが最も良いKIRKLAND社のオメガフィッシュオイルを愛飲しています。魚をよく食べる日本であっても、そのような方はかなり多くいらっしゃると思いますので、KIRKLAND社のサプリをおすすめします。

この記事が、皆さまのサプリ選びの参考になれば幸いです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK