図1
商品名:コアユース
購入価格:1,598円(2020年5月)


コストコのトイレットペーパー、といえばKIRKLAND製品を思い浮かべる方が多いと思います。多くの方がカートインされているのを見かけますが、同じ売り場で販売されている「コア・ユース」はご存知でしょうか?

こちらの商品、芯なしタイプのトイレットペーパーで環境に優しい!さらに家計にも優しく、価格は1mあたり0.39円と、KIRKLANDバスティッシュ(1mあたり1.47円)のほぼ1/4以下のお値段です!

今回は、コストコの「コア・ユース」の商品詳細、価格とレビューを紹介します。

SPONSORED LINK



商品詳細 コア・ユース

商品名:コア・ユース
名称:シングルロールトイレットペーパー
内容量:24ロール
寸法:幅114MM ×長さ170m(1ロール)
表示者:春日製紙工業株式会社
価格:1,598円(税込)

コアユースの中身

図2 図3

コアユースを開封すると、6ロール入りのパッケージが4つ、合計24ロールのトイレットぺーパーが入っています。

「コア・ユース」は1990年に、世界初の芯なし再生紙ロールとして開発された、トイレットペーパーです。100%再生紙を使用しているため、地球環境に優しいのはもちろん、ご家庭にとってもうれしいことが2つあります。

1.省スペース

うれしいことの1つは、保管のためのスペースが少ないことです。

コア・ユースは1ロールあたり170mと、一般的なトイレットペーパー(1ロールあたり約60m)の約3倍以上の長さです。にもかかわらず、1ロールあたりの大きさはほとんど同じなので、他社商品に比べて保管スペースが1/3以下になります。

2.交換の手間が少ない

家庭でうれしいことのもう一つは、交換の手間が少ないことです。

コアユースの1ロールの長さは、一般的なトイレットペーパーの約3倍以上なので、トイレットペーパーの交換頻度は1/3ですみます。また、芯がないので捨てる必要がなく、不要なゴミも出ません。

コアユースの使用レビュー

我が家で使用していたイオンのトイレットペーパーと比較してみます。
図7
新聞紙の上に並べてみました。
文字の透け具合はほとんど同じですので、厚みははほぼ同じようです。

触った感触は、イオン製品と比べると少しごわついています。
業務用のようなゴワゴワの紙ではないものの、普段柔らかいトイレットペーパーを使用されている方は、やや硬く感じると思います。

ロールのサイズは少し大きめ

1ロールあたりが長いコア・ユースですが、ロールのサイズはどうでしょうか?実際に、コアユースのサイズを測定してみました。

外寸:直径約11.4cm×幅10.4cm
芯部分:直径約3.2cm
図6

イオン(Top Value)のトイレットペーパーと比較すると、このようなサイズ感です。
イオン製トイレットペーパーは直径11cmですので、コアユースは直径が少し大きく、芯の部分の穴がすこし小さいようです。

「そんなに大きくて、トイレットペーパーホルダーに入るかな?」

そんな疑問が出そうですよね?実は、日本のトイレットペーパーは、直径12cm以下とJIS規格で決まっています。コア・ユースは、JIS規格を満足しるため、ほとんどのご家庭のトイレットペーパーホルダーで対応可能です。

ちなみに、シロの家のトイレットペーパーでも、コア・ユースはしっかりセットでき、問題なくトイレットペーパーも出てくれました。

ミシン目がない

コアユースが他のトイレットペーパーと違うところは、ミシン目がないことです。

最近では、公衆トイレのトイレットペーパーでもミシン目がついているので、これは珍しいですね。ミシン目をなくして、必要なだけ使うようにすれば、環境にもやさしいという思いが込められているのかもしれません。

コスパ

コストコのコア・ユースは、24ロール、1ロール170mです。1mあたりの価格は、おおよそ0.39円です。

今回は、Amazonや楽天市場、イオンなどのトイレットペーパーと価格を比較してみます。

商品名タイプ購入先価格内容量1ロール
の長さ
1mあたり
の価格
コア・ユースシングルコストコ
1,598円24ロール170m0.39円
イオントップバリュー
再生トイレットペーパー
シングル
イオン437円18ロール60.0m0.40円
ネピアロングロール
シングル
楽天市場3,599円64ロール90m0.62円
スコッティ
フラワーパック 2倍巻き
シングル
Amazon374円6ロール100m0.62円
エリエール
トイレットペーパー
シングル
Amazon497円12ロール60m0.69円
バスティッシュダブル
コストコ1,898円30ロール42.9m1.47円

今回比較した中では、コストコのコア・ユースが最もお買得でした。ネピアやエリエールと比べると約4割もお買得です。

一方、KIRKLANDのトイレットペーパー「バスティッシュ」は、1mあたりの価格が1.47円とかなり割高です。ダブルですので、一回当たりの使用量が半分で済むとしても0.73円ですので、節約からは程遠いようです。

おわりに

コストコの「コア・ユース」は、1ロール170mの芯なしトイレットペーパーです。
一般のトイレットペーパーに比べて1ロールが長いため、保管時の省スペース化が可能であり、交換頻度が1/3、芯を捨てる必要もありません。

イオン製品と比較して、紙の厚さはほぼ同じですが、やや紙が硬い印象があります。

1mあたりの価格は、エリエールなどの製品に比べて4割もお買得です。
イオンのトイレットペーパーと比べても、少しですがお買得でした。

成人のトイレットペーパーの平均使用量は、1日あたり約8mです。
1mあたり0.2円の節約で、年間で約570円も節約になります。

この記事が、みなさんの節約に役立てば幸いです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK