シロです。

コストコではいくつかのミネラルウォーターが販売されています。
中でも1本(1,000ml)46.6円のカークランドブランドの「スプリングウォーター」は、コンビニで買うミネラルウォーターよりもお買得です!

ただし、「スプリングウォーター」は、「水道水をつめただけ」、「味がまずい」などの悪い評判も少なからずあります。

今回は、コストコの「スプリングウォーター」を飲んでみましたので、商品紹介と味のレビューを紹介します。





spring water(スプリングウォーター)の商品詳細

図1 図2

商品名:spring water スプリングウォーター
名称:ミネラルウォーター
原材料名:水(湧水)
内容量:1L×21本
保存方法:高温、直射日光を避けて保存してください。
原産国名:アメリカ
賞味期限:購入日より約8か月
購入価格:978円(税込)
輸入者:コストコホールセールジャパン

持ち運びしやすいペットボトル

図3

市販の2Lペットボトルと並べてみました。

ペットボトルのサイズは、おおよそ径7.5cm×高さ26.5cmです。
2Lペットボトルに比べて、ほっそりしていて高さも低めですので、リュックやトートバッグなら持ち運びできますね。

ペットボトルのふたの厚みは約7mmと、一般的な2Lペットボトル(14mm)の約半分のサイズですので、ペットボトルから直接は飲みにくいですね。
また、慣れないうちは閉めにくいかもしれません。

図4

また、ペットボトルがつぶしやすいのも、ポイントです!
こんなに薄く折りたためるので、ごみ箱がなくてもバックに入れておけます。



500mlあたり23.2円:コスパ×

1Lが21本入りで978円ですので、500mlあたり23.2円です。

ここでは500mlや2Lペットボトルの商品と、価格を比較してみます。

商品名販売元内容量価格(税込)500mlあたり
の価格
スプリングウォーターコストコ1L×21本978円23.2円
富士山のしずくカインズ2L×6本300円
12.5円
国内で採水した天然水イオン2L×6本385円16.0円
飛騨の雫業務スーパー
2L70円17.5円
スプリングウォーターコストコ
500ml×40本748円18.7円
良品物語ミネラル
ウォーター
Amazon535ml×40本1,488円35.4円
いろはすコンビニ555ml100円90円
※消費税は10%として計算

スプリングウォーター(1L)は、おなじスプリングウォーター(500mL)に比べて割高です。
内容量が増えると、ペットボトル代が少なくなって割安になると思っていましたが、これは意外な結果でした。

今回比較した中で最もお買得だったのは、カインズの「富士のしずく」です。
こちらの商品は、ペットボトルのラベルをなくすことで、500ml13.5円という価格を実現しています。

水の品質・味

においなどはなく、水道特有の味などもありませんでした。

「spring」とは湧水の意味であり、原材料にも「水(湧水)」と記載されいます。
この()内の表記は、農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」に規定されており、湧水は次のように定義されています。

湧水:不圧(自由面)地下水、被圧地下水の区分によることなく、自噴している地下水

つまり、コストコのスプリングウォーターは水道水ではなく、自然に湧きでている水をボトルに詰めた商品です。

「ただ湧いてるだけの水を詰めただけなんて大丈夫?」
という方もいらっしゃるかもしれません。
他に、原材料に「水(湧水)」と記載されている商品には、以下のようなものがあります。

・Crystal Gyser(クリスタルガイザー)
シラス台地の天然湧水

クリスタルガイザーは、多くのコンビニで販売していますよね?
湧水だから、といって危険というわけではありません。

また、コストコのスプリングウォーターはお腹弱めのシロも飲んでいますが、腹痛になったことは一度もありませんよ。

まとめ

スプリングウォータ(1L)は、500ml23.2円と、コンビニに比べてお買得なミネラルウォーターです。
ボトルがやや小さめですので、カバンなどにも入れやすく、匂いや味もありません。

ただし、お値段は同じスプリングウォーター(500ml)と比べても割高で、おすすめしません。
また、価格面からは500ml13.5円という驚異の安さの「富士のしずく」がおすすめです。

シロは、マイボトルを購入し、毎日「富士のしずく」をいれて使用しています。
マイボトルを洗ったり、詰め替える作業が手間でない方にはこちらをおすすめします。

この記事が、皆さまの節約に役立てば幸いです。


大変励みになりますので、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ  


SPONSORED LINK