図1 図2
商品名:合鴨ロース
購入価格:235円(税別、2020年4月)

業務スーパーの冷凍食品コーナーで販売されている合鴨ロース!

鳥肉類の中で最も美味しいと言われる濃厚で脂身たっぷりの鴨肉を、独自の調味液で味付け、燻製した一品です。鴨肉は、コンビニでも串焼きで販売されていますが、業務スーパーではごろっとした塊で販売されています。

業務スーパーでは、黒こしょう、白こしょうで調味した合鴨パストラミも販売されていますが、こちらは鴨なんばんやチャーハンなどの調理用にぴったり!お値段も、Amazonやイオンの約7割以下とお買得です!

今日は、業務スーパーの「合鴨ロース」の商品詳細、価格と味のレビューを紹介します。

ワインなどのお酒のあてにピッタリな合鴨パストラミの記事はこちらです。

SPONSORED LINK




商品詳細 合鴨ロース

商品名:合鴨ロース
名称:冷凍 合鴨ロース
原材料名:
合鴨肉、食塩、こしょう/リン酸塩(Na)、酸化防止剤(V.C.)、発色剤(亜硝酸Na)
内容量:190g
賞味期限:購入日より約16か月
保存方法:-18℃以下で保存してください。
原産国名:中国
輸入者:株式会社 神戸物産

合鴨ロースの中身

合鴨ロースは、業務スーパー独自の調味液で長時間漬け込んだ鴨肉の燻製製品です。

業務スーパーでは、冷凍食品コーナーで販売されており、食べる前に次のとおり、解凍して頂きます。

【召し上がり方】
袋ごと流水解凍していただくか、自然解凍してお召し上がりください。
薄くスライスするには、半解凍の状態が適当です。

パッケージに記載のとおり、常温で1時間ほど自然解凍して、開封しました。
図3
図4

コンビニ商品は薄切りの状態で販売されていますが、業務スーパーでは190gの塊で販売されています!

燻製にされているので、中まで火が通っており、解凍後はすぐに食べられます。しっかり茶色になるまで燻されており、つやがあって美味しそうですね!

図5

スライスすると、このように脂身がしっかりのっています。鴨肉の脂身は、コレステロールが少なく、鉄分、ビタミンB2が豊富に含まれているので、疲労回復効果があります。また、鶏肉のようにくどくないので、これぐらいのっている方が美味しいですよ!

合鴨ロースの味レビュー

図6

まずは、そのまま食べてみます。半解凍して厚切りにしたあと、電子レンジで2分ほど加熱しました。レンジの際は、合鴨についた煮込んだ時のソースがかなり出ますので、深めの皿をご使用ください。

鶏肉と比べて、歯ごたえがあり、脂身もくどくなくてまろやかです。パッケージには「業務スーパー特製の調味液で長時間漬け込んだ」と記載されていましたが、その通りしっかり中まで味が浸みこんでいます。そのまま食べてもよいですし、ワサビ醤油をつけてもおいしいと思います。

合鴨ロースの調理方法

かも南蛮(ラーメン)

パッケージには、かも南蛮の作り方が記載されています。
【鴨南蛮の作り方(2人分)】
〇材料
本品・・・・・・・100g
白ねぎ・・・・・・1/2本
そば(うどん)・・2玉
【つゆ】
水・・・・・・・・600ml
和風だしの素・・・小さじ1
しょうゆ・・・・・50ml
みりん・・・・・・50ml
砂糖・・・・・・・小さじ2

①本品は解凍し、食べやすい大きさに切ります。白ねぎは斜めに5mm幅でスライスします。
②鍋に【つゆ】を入れて火にかけ、沸騰すれば①を加えて一煮たちさせます。
③そば(うどん)は別に茹で、ざるにとって水気を切った後、丼に盛り②をかけると出来上がりです。合鴨ロースの調理方法
今回は、市販の醤油ラーメンをつかってかも南蛮をつくってみました。鴨はやはり醤油ベースの味つけに合いますね!

図9


チャーハン

こちらは、我が家のオリジナルメニューです。
【鴨南蛮の作り方(2人分)】
〇材料
本品・・・・・・・90g
野菜・・・・・・・適量
ごはん・・・・・・1合
たまご・・・・・・1個
鶏ガラスープの素・大さじ3

①本品は解凍し、野菜と合わせて食べやすい大きさに切ります。
②フライパンにごま油をしき、①を炒めます。
③ごはん、鶏ガラスープの素を加えて、パラパラになるまで炒めます。
④溶き卵を加え、卵が固まったら完成です。
図10
鴨肉は、ベーコンに比べて、歯ごたえがあり、ダシが出るので、おすすめですよ!

コスパ

業務スーパーの「合鴨ロース」は、190gで235円(税別)、100gあたりの税込み価格は136円です。

今回は、Amazonや楽天市場で販売されている合鴨と、お値段を比較してみます。

商品名販売元内容量価格100gあたり
の価格
合鴨ロース業務スーパー
190g258円136円
合鴨のスモーク
Amazon
1,000g1,950円195円
合鴨スモーク(ロース)
Amazon約1,000g
2,080円208円
燻製合鴨ロースト
パストラミ
業務スーパー70g213円304円
※消費税は10%として計算

業務スーパーの「合鴨ロース」は、今回比較した中で最もお買得でした!Amazonでも格安の合鴨ロースが販売されていますが、業務スーパーでは約3割もお買得です!

100gで約80~100円の鶏肉と比べるとやや割高ですが、鶏肉よりも歯ごたえがあって、脂身もまろやかなので、一食の価値はありますよ!

おわりに

業務スーパーの「合鴨ロース」は、歯ごたえがあって脂身たっぷりの鴨肉を、特製の調味液で長時間漬け込み、燻製した一品です。中までしっかり味が浸みており、そのまま食べてもよいですし、塊で販売されているので、かも南蛮やチャーハンなど、いろいろな料理にアレンジできます!

お値段は190g入りで235円(税別)、100gあたり135円で、Amazonやイオンの7割以下ととってもお買得です!

鳥肉類の中で最も美味しいとされる鴨肉!気になった方は、ぜひ試してみてください。

リピ買い:あり
おすすめ度:★★★

業務スーパーでは、合鴨を白こしょう、黒コショウで味付けした「合鴨パストラミ」も販売されています。ワインなどのお酒のあてにピッタリなので、よろしければどうぞ!!



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK