図1
商品名:チョコレートトリュフ
購入価格:248円(税別、2020年5月)

ホットクやタピオカミルクティーなど、海外のお菓子が格安で購入できる業務スーパー!

そんなスイーツの中から、今回ご紹介するのは、イタリア直輸入の「チョコレートトリュフ」。ふんわりとした口あたりと、甘すぎない大人のチョコレートの味わいが楽しめます!

今回は、業務スーパーの「チョコレートトリュフ」の味や、価格をレビューします!

SPONSORED LINK


商品詳細

商品名:チョコレートトリュフ
名称:菓子
原材料名:グルコースシロップ、植物油脂、ココア粉末、脱脂粉乳、チョコレート、砂糖、アルコール、ココア加工品(ココア粉末、ぶどう糖、小麦でん粉、砂糖、ココアバター)/糊料(増粘多糖類、加工デンプン)、乳化剤(大豆由来)
内容量:200g
賞味期限:購入日より約7か月
保存方法:-18℃以下で保存してください。
加熱調理の必要性:解凍してそのまま召し上がりください。
原産国名:イタリア
輸入者:株式会社神戸物産

チョコレートトリュフの中身

トリュフ、と聞くとボール状のチョコレート菓子が思い浮かびます。しかし、こちらのお菓子は全く別物で、どちらかというとチョコムースのような形状です。

パッケージを開封すると、プラスチック製のカップが2つ入っています。カップは、内容量は200g入りですので、カップ1つあたり100gということですね。

フィルム越しにはココア粉末が見えていて、ちょっと上品なスイーツを思わせます!とっても美味しそうでわくわくしますね!

図2

チョコレートトリュフの食べ方

チョコレートトリュフの保存方法は冷凍ですが、食べる前には半日かけて半解凍する必要があります。パッケージには、次のように記載されています。

召し上がり方
●冷蔵庫で一晩解凍して召し上がりください。
☆解凍時間はお好みで調整してください。

一晩とは・・、かなり長い解凍時間が必要なのですね。
今回は初めてということもあり、朝7時に冷蔵庫に移して夜の8時頃にいただくことにしました。

味のレビュー

図3

はい、12時間程度解凍した後の様子がこちらです。表面にはココアパウダーがしっかりと敷き詰められていて、とっても美味しそう。
図4

ひとさじすくってみました。ムースのような軽い感触ですが、ココアパウダーの下には、濃厚なチョコレートクリームがたっぷり入っています。断面を見ると、空気がたっぷりと入っていて、口あたりがとてもまろやかそう!

さっそく一口!

口当たりはとってもふわふわ!チョコムースよりもさらに柔らかいのですが、生チョコのような濃厚な味わいです。ほろ苦いココアパウダーが、チョコの甘さをしっかりと引き立てていますが、甘すぎるというわけでもなく、絶妙なバランスです。

チョコクリームの下にはさらに濃厚なチョコソースも入っており、さらに複雑な味わいを与えてくれます。これはチョコレート好きにはたまりません!

コスパ

業務スーパーの「チョコレートトリュフ」は、200gで248円(税別)、100gあたりの税込み価格は134円でした。

同じ価格帯の商品では、カスタードプリンや、アイスクリームが挙げられます。しかし、これだけの繊細な味わいのスイーツは、この価格帯ではなかなかなく、かなりお買得だと思いました。

おわりに

業務スーパーの「チョコレートトリュフ」は、口あたりはとってもふわふわで、生チョコのような濃厚な味わいです。ほろ苦いココアパウダーが、チョコの甘さをしっかりと引き立てていますが、甘すぎるというわけでもなく、絶妙なバランスです。

お値段は、1カップ(100g)あたり134円と、少しリッチなスイーツの価格帯ですが、繊細で完成した味を考えれば、かなりお買得と思います。

大人の時間が味わえるスイーツ、とっても美味しいのでぜひ試してみてください!

リピ買い:あり
おすすめ度:★★★

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK