図1
商品名:オメガ-3 天然アラスカサーモンオイル
購入価格:2,198円(2020年5月)


1粒で手軽に必要な栄養素が摂れるサプリメントは、補助食品として使われる方も多いと思います。

シロは、青魚などに含まれるオメガ3を補充するため、「アマニオイル」を摂っていました。しかし、食べる時に匂いが強く、お値段も高かったため、サプリメントに
変更しました。

コストコでは、お肉やお魚、冷凍食品などに加えて、食生活の偏りを支えてくれるサプリメントも販売されています。毎日採るからこそ、1日あたりの価格が安いものを選びたいですよね!

今回は、コストコのトライデント「オメガ3」の栄養素や、1日あたりのお値段を検証しました。

SPONSORED LINK


この記事のもくじ
 商品詳細
 オメガ-3の中身
 オメガ-3の栄養価
 コスパ
 まとめ

商品詳細 オメガ-3

商品名:オメガ-3 天然アラスカサーモンオイル
名称:鮭由来魚油含有加工食品
原材料名:鮭油(アメリカ)、ゼラチン/グリセリン、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部にさけ・ゼラチン・大豆を含む)
内容量:244g(544mg×240粒)
賞味期限:購入日から約18か月
保存方法:直射日光・高温多湿を避けて常温で保存してください。
原産国名:アメリカ
輸入者:トライデント・シーフード・アジア・インク日本支社

オメガ-3の中身

図2

オメガ-3を開封すると、プロテクトシールに守られてサプリメントが入っています。シールをはがすと「シュポッ」と空気の抜けた音がするので、真空状態で保存されており、状態がよいことがわかります。

オメガ-3はトライデント・シーフード社製品の輸入品です。トライデント・シーフード社では、アラスカの海を回遊する天然のアラスカサーモンから採取されています。化学処理による精製や高温処理をしておらず、低温圧搾で抽出していますので、天然そのままの状態が保持されています。

図1

一粒のサイズは直径7mm×長さ16mmです。

サプリメントとしては標準的なサイズだと思います。コストコでは、他にも2種類のオメガ-3サプリメントが販売されていますが、どちらもかなり大きく、最初は飲み慣れませんでした。これだけ小さい、初めての方でも抵抗なく飲めますね。

オメガ-3の栄養価

オメガ-3には、体内では合成できない、オメガ3(n-3系)脂肪酸に分類されるEPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれています。

オメガ3脂肪酸は、欠乏により皮膚炎などが発症する危険性があります。一方、オメガ-3の摂取により、赤血球が柔軟に活動しやすくなり、血中中性脂肪値の低下、不整脈の発生防止、血管内皮 細胞の機能改善、血栓生成防止作用など、生活習慣病の予防効果があります。

1粒で摂取できるEPAとDHAの量と、18歳以上の成人男性の一日あたりの摂取推奨量は、以下の表のとおりです。

栄養成分オメガ-3
1粒の含有量
成人男性の
1日あたりの
平均摂取量
成人男性の
1日あたりの
推奨量
EPA30mg140mg-
DHA37mg290mg-
オメガ-3脂肪酸合計値100mg430mg1,000mg
1)「日本人の食事摂取基準」(2010年版)

オメガ-3のサプリ一粒には、EPAが30mg、DHAが37mg含まれています。オメガ-3脂肪酸の合計値が100mgと記載されていますので、αリノレン酸が33mg含まれていると考えられます。

「日本人の食事摂取基準」(2010年版)によると、日本人は、平均的にEPAとDHAを合計430mg摂取しているそうです。一方、成人男性のオメガ-3脂肪酸の摂取の推奨量は、合計1,000mgです。つまり、サプリメントで補うには570mg(6粒)必要ということです。

参考までに、1日に必要なEPA・DHA(1,000mg)は、焼いたサンマであれば一尾、サバ缶であれば1缶、ツナ缶であれば2缶で摂取できます。

パッケージには、オメガ-3の1日の目安量は3~6粒と記載されています。普段の食事で青魚などからオメガ3脂肪酸をしっかり摂取できている場合は3粒、あまり摂取できていないという方は6粒ということですね。


さて、オメガ-3脂肪酸は、赤血球を柔軟に活動しやすく効果があるため、摂りすぎると血液が固まりにくくなり、出血が止まりにくいという副作用があります。このため、オメガ-3脂肪酸の摂取量は1日3gまでに抑える必要があります。

食物とオメガ-3サプリメント6粒を合わせても、オメガ-3脂肪酸の量は約1gですので、摂りすぎの心配はないと考えられます。ただし、手術や出血を伴う歯科治療(抜歯など)を受ける場合は、服用を中止した方がよいと言われますので、これらを受ける際は、お医者さんに相談した方がよいと思います。

SPONSORED LINK


コスパ

トライデントのオメガ-3は、450粒で2,198円、1粒あたりの価格は4.9円です。1日にオメガ-3脂肪酸を1,000mg摂取する場合、摂取量は6粒ですので、1日分あたりの価格は29.3円です。

オメガ3脂肪酸のサプリメントは、ネイチャーメイドをはじめ、他社も同様の成分で販売しています。ここでは、コストコ、Amazon、楽天市場における各社の販売価格を比較しました。

商品名販売者
価格
(内容量)
1日の摂取量
(オメガ3合計値)
1日あたり価格
トライデント・シーフード
オメガ-3  天然アラスカ
サーモンオイル
コストコ2,198円
(450粒)
6粒
(600mg)
29.3円
KIRKLAND
図1
コストコ2,178円
(180粒)
1粒
(700mg)
12.1円
大塚製薬
ネイチャーメイド
スーパーフィッシュオイル
コストコ2,728円
(250粒)
2粒
(540mg)
21.8円
Amazon1,138円
(90粒)
2粒
(540mg)
25.2円
ディアナチュラ
Amazon1,748円
(240粒)
5粒
(640mg)
36.4円
DHC
Amazon909円
(90粒)
5粒
(583mg)
50.5円

今回比較した中では、KIRKLANDブランドのサプリメントが最もお買得でした。他社と比べても約10円(5割)以上お買得です。

トライデント・シーフード社のサプリメントは、DHCなどの市販品と比べるとお買得ですが、コストコの他の2種類と比べると、3割以上も割高でした。

なお今回は、価格を比較するためにオメガ3脂肪酸の量600mgを一日分としました。600mgより少ない量を摂取目安としているサプリメントもあり、目安量によって一日あたりの価格は多少前後します。

おわりに


オメガ3脂肪酸(EPA、DHA)は、血中中性脂肪値の低下、不整脈の発生防止、血管内皮 細胞の機能改善、血栓生成防止作用などの効能があります。

コストコで販売されているトライデント・シーフード社のオメガ-3は、食物と合わせて、3~6粒で1日のオメガ-3推奨量をカバーできます。また、コストコの他の製品に比べて粒が小さいので、比較的飲みやすいです。

ただし、1日(600mg)あたりの価格は29.3円と、コストコで販売されているオメガ3サプリメントの中では最も割高でした。

我が家では、粒が小さく飲みやすいという利点はあるものの、コスパを重視して、KIRKLAND社のオメガ-3サプリメントを継続購入していきます。

リピ買い:なし
おすすめ度:★

合わせて読みたい

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 


SPONSORED LINK