図1
商品名:鶏竜田揚げ
購入価格:648円(税抜き、2020年5月)

あと一品欲しいときや、お弁当のおかずに便利な「鶏竜田揚げ」!柔らかい鶏むね肉を醤油ベースで味付けし、カリカリの衣で揚げた一品で、レンジで温めればすぐに完成!メインの一品となる食べごたえで、100gあたり70円というコスパは業界でも最安レベルです!

今回は、業務スーパーの「鶏竜田揚げ」の商品詳細、味や価格をレビューします!

SPONSORED LINK


商品詳細

商品名:鶏竜田揚げ
名称:冷凍 鶏竜田揚げ
原材料名:鶏むね肉、しょうゆ、小麦粉、香辛料、食塩、衣(小麦粉、タピオカでん粉、馬鈴薯でん粉、食塩、植物油脂、ぶどう糖)、揚げ油(大豆油)/ポリリン酸Na、調味料(アミノ酸)、発色剤(亜硝酸Na)、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)
内容量:1,000g
賞味期限:購入日より約1年
保存方法:-18℃以下で保存してください
原産国名:中国
輸入者:株式会社 神戸物産

竜田揚げと唐揚げの違い

竜田揚げと唐揚げって、見た目はそっくりですよね?そもともと竜田揚げと唐揚げは、それぞれ次の料理を指していたようです。

・唐揚げ:下味をつけた後、小麦粉や片栗粉などを薄くまぶして揚げたもの
・竜田揚げ:下味をつけた後、片栗粉のみを薄くまぶして揚げたもの
 
ただし、唐揚げは「空揚げ」とも言い、もともと下味をつけず、小麦粉などもまぶさずに「素揚げ」を指していたとう説もあります。また、竜田揚げも小麦粉、ジャガイモのでんぷんなど片栗粉以外のものをまぶして作ることも多いです。(業務スーパーの竜田揚げは実際に小麦粉、タピオカでん粉を使用しています。)

このように、現在はから揚げと竜田揚げに明確な違いはいようです。要は、調理した人が唐揚げといえばから揚げ、竜田揚げと言えば竜田揚げになるようです。

鶏竜田揚げの中身

図2

パッケージを開けると、1kgの冷凍鶏竜田揚げが入っています。竜田揚げの直径は3~6cmとややばらつきがあり、入っている個数も異なるようです。

シロが購入したパッケージには40個の竜田揚げが入っていました。1個当たりの重さは約25gということですね。

大人ですと、だいたい一つあたり2口で食べれますので、1人一食あたり3~4個ぐらいが適用です。1袋40個入りですので、1パックで10~13人前といった量です。

4人家族ですと約3食分なので、残った分は冷凍保存が必要ですが、パッケージの上部にはジッパーがついていませんので、輪ゴムや袋止めなどが必要です。

調理方法

調理方法について、次のように記載されています。電子レンジもしくは油を使用して調理が可能です。

【電子レンジ調理の場合】
凍ったままの本品を3個あたり約3分半加熱します。

【油で揚げる場合】
170℃のたっぷりの油で、凍ったままの本品を6個あたり約3分揚げ、あとは油を切りながら予熱で火を通ります。

【少量の油で揚げる場合】
①フライパンで少量の油を中火で加熱し、温まったら凍ったままの本品を6個入れます。
②裏返しながら約3分加熱し、あとは油を切りながら予熱で火を通します。

我が家では、電子レンジで6個をレンジ調理してみました。 こちらがレンジ前ですが、竜田揚げの表面が凍っていてやや白くなっています。
3

調理方法に従って、600Wで7分加熱しました。
図5
見た目はおいしそうなのですが、竜田揚げの一部はとっても硬くなってしまいます。おそらく電子レンジで水分が抜けたためだと思います。レンジは、少しお水を加えて、サランラップをしてレンジするとうまくいきますよ。

鶏竜田揚げの味レビュー

4

今回は、少し水を加えてラップして電子レンジしたあと、1分ほどオーブンで加熱して調理しました。

衣は、電子レンジ後は柔らかいのですが、オーブンで加熱するとカリカリになります。片栗粉が入っているので、業務スーパーの商品の中ではかなりカリカリになりますね!

鶏むね肉はとっても柔らかいのですが、肉汁が少ないためジューシー感は控えめです。味付けは醤油ベースで、なにもつけなくてもごはんが進むぐらい濃いめの味付けです。香辛料も入っているようですが、何の香辛料かわかりませんでした。

白ごはんとから揚げだけであれば、シロは1食に1人3~4個ぐらいが適量でした。キャベツの千切りなどをつければ、メインとなる一品です。

コスパ

業務スーパーの「鶏竜田揚げ」は、1kg入りで648円、100gあたりの価格は70円でした。今回は、Amazonや楽天市場、イオン、業務スーパーのお値段と比較してみます。

商品名購入元内容量価格100gの価格
鶏竜田揚げ業務スーパー1,000g699円69.9円
若鶏あっさり唐揚げ
図1
業務スーパー1,000g624円62.4円
若鶏の和風唐揚げ
Amazon
(マルハロ
ニチロ畜産)
1,000g827円82.7円
レンジ若鶏からあげ
図11
コストコ1,000g998円99.8円
若鶏の唐揚げ(胸肉)
楽天市場
(神栄)
1,000g1,568円(送料込み)157円
※消費税は8%として計算

今回比較した中では、同じく業務スーパーの「若鶏あっさりから揚げ」が最もお買得でした。ただし、衣でかさ増ししている?と感じるくらい衣の存在感がありました。

シロは、「若鶏あっさりから揚げ」よりも、2番目に安く、鶏肉と衣のバランスもよい「鶏竜田揚げ」をおすすめします。

おわりに

業務スーパーの「鶏竜田揚げ」は、柔らかい鶏むね肉を醤油ベースで味付けし、カリカリの衣で揚げた一品!レンジで簡単に調理でき、メインの一品となる食べごたえです!

価格は100gあたり70円であり、同じ業務スーパーの「若鶏あっさり唐揚げ」に次いで業界でも最安!コストコのから揚げより安いので、とってもお買得ですよ!

あと一品欲しいときや、時間がないときに便利なので、我が家では冷蔵庫のストックとして活用しています!

リピ買い:あり
おすすめ度:★★★★
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK