図5 図6
商品名:エッグワッフル
購入価格:248円(2020年5月)


ホットクやタピオカミルクティーなど、業務スーパーでは海外のお菓子が格安で販売しています。そんなスイーツの中から、今回ご紹介するのは、ベルギーから直輸入の「エッグワッフル」!

卵がたっぷり入っているので、中はふわふわで優しい甘さ!オーブンで焼くと外はカリカリの食感になります!薄味なので、はちみつやアイスクリームをトッピングするなど、アレンジ自在!

自然解凍ですぐに食べられる手軽さと、12枚も入って248円(税別)というコスパはもはやリピート確定です!

今回は、「エッグワッフル」の商品詳細と、味のレビュー、価格を紹介します。

SPONSORED LINK



商品詳細 エッグワッフル

商品名:エッグワッフル
名称:冷凍ワッフル
原材料:
卵、砂糖、小麦粉、植物油脂、大豆粉末、脱脂粉乳、食塩、転化糖シロップ/ソルビトール、香料、乳化剤、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)
内容量:250g
賞味期限:購入日より約14か月
保存方法:-18℃以下で保存
加熱調理の必要性:解凍後、そのままお召しあがりください。
原産国名:ベルギー
輸入者:株式会社 神戸物産
価格:248円(税込)
※原材料配合割合:卵27.4%(仕込時)

ベルギー直輸入のアメリカンワッフル

ワッフルには、主にアメリカンワッフルベルギーワッフルの2種類あります。どちらも格子柄で、表面のサクサク感と中のふんわりとした食感が特徴です。これらのワッフルの最大の違いはイーストが使われているか否かという点。

ベルギーワッフルは、パンを膨らませる酵母であるイーストを使うため、食べごたえのある食感が特徴です。

業務スーパーのエッグワッフルは、イーストを使わないアメリカンワッフルの一種で、ふわっふわの食感が特徴です。
図11

卵を約27.4%も使用しているので、食感はふわっふわです!自然解凍してそのまま食べても良いですし、フルーツやアイスクリーム、チョコレートソースをかけたりしてアレンジしてもおいしいですよ!

エッグワッフルの中身

図7

パッケージを開けると、3つ重なったエッグワッフルが4セット、合計12枚のエッグワッフルが入っています。1枚あたりのサイズは、大人の手のひらよりもやや大きい幅9cm×高さ6cm×厚み1cmです。

図8

このように、しっかりと3枚がくっついています。冷凍庫から取り出した直後でも頑張れば外せないこともないですが、少し室温で置いておいてからの方が、きれいに外せます。

包装はされておらず、パッケージにもジッパーが付いていませんので、開封後は輪ゴムや袋止めクリップなどを使用して保存するのがおすすめです。

図1

我が家では、購入してきてすぐに一枚ずつサランラップに包んで冷凍保存しています。購入してきてすぐは少し解凍されているので一枚一枚簡単にはがれますし、一枚ずつにしておくと冷凍庫の隙間に入れられるので、収納も楽々です!

エッグワッフルの食べ方

エッグワッフルの食べ方は、次のように記載されています。

【召し上がり方】
自然解凍で召し上がりいただけます。オーブントースターでやいていただくとより美味しく召し上がりいただけます。

●オーブントースター調理(1200W)
予熱したオーブントースターで凍ったままの本品を約3分加熱すれば出来上がりです。

自然解凍の時間は書いてありませんが、30分も解凍すれば食べごろです!

自然解凍していなくても、オーブンで加熱すればすぐに食べられます。ただし、3分も加熱すると表面がすこし焦げてしまいます。我が家では「180℃,2分」で外側がカリッカリになります。ご家庭のオーブンによって違うと思いますので、様子を見ながら加熱してみてください。

SPONSORED LINK


エッグワッフルの味レビュー

図9

解凍したエッグワッフルの断面です。ワッフルの中に適度に空気が入っており、ふわふわの食感が期待できますね。

まずは自然解凍して食べてみます!
材料の1/4が卵ですので、屋台のベビーカステラのような卵の良い香りがします!食感は、全体的にふわっふわで、表面の少しもっちりとした食感がたまりませんね!
味はほんのりと甘めですのでそのまま何枚でもパクパクと食べられます。また、優しい甘さですので、紅茶やコーヒーと一緒に食べてもおいしいですよ!

図10

バニラアイスをトッピングしてみました。アイスの甘さがワッフルに染みてとっても美味しい!チョコレートやはちみつなど、ほとんどのトッピングと相性ピッタリです!
図1

次はオーブン調理して食べてみます。オーブンで加熱していると、卵のよい香りが漂ってきます!

オーブン加熱後すぐは、まだ少ししっとりしていて柔らかいため破れやすいです。加熱後、オーブンの扉を開けて1分ほど放置しておくと、水分が飛んで表面がカリカリになります。

オーブン加熱すると、サクサクとした食感になります!ほんのりとした甘さはそのままですが、食感的にはこちらの方が紅茶やコーヒーに合わせやすいですね!

オーブン調理すると、自然解凍後のふわふわ食感が嘘のように食感が変わります!2パターンの食べ方で食べてみる価値がありますよ

ベルギーワッフルとの違い

業務スーパーでは、エッグワッフルの他に「ベルギーワッフル」という商品も販売されています。「ベルギーワッフル」も大人気で、リピ買いする方が多い商品です。

「エッグワッフル」と「ベルギーワッフル」の違いは、食感と味です。(コスパの違いは後ほど紹介します)

「エッグワッフル」は、オーブン加熱すれば表面はサクサクになるものの、中はふわわっふわで、ほんのりとした優しい甘さが特徴です。

一方、「ベルギーワッフル」は、中のもちっとした弾力と、表面のサクサクした食感、中から出てくる3mm角ぐらいの砂糖のザクザク食感がポイントです。氷砂糖のような砂糖が入っているので、お菓子のような甘さも特徴の一つです。

コスパ

エッグワッフルは12枚(250g)入りで248円(税抜)、100gあたりの価格は107円です。

今回は、同じ業務スーパーや、Amazon、楽天市場で販売されているワッフルと価格を比較してみます。

商品名販売元価格内容量100gの価格
(1個の価格)
エッグワッフル業務スーパー267円12枚(250g)107.1円
(22.2円)
ベルギーワッフル
図1
業務スーパー382円10個(550g)69.6円
(38.2)
訳あり ベルギーワッフル
Amazon2,200円1,000g220円
楽天市場3,480円1,000g348円
ザクザク食感の
ベルギーワッフル
セブン
イレブン
127円約50g254円
さくふわ食感の
ベルギーワッフル
ローソン130円約50g260円
発酵バターを使った
こだわりのワッフル
ファミリー
マート
138円約45g306円
※消費税は10%として計算

今回比較した中で最もお買得だったのは、業務スーパーのベルギーワッフルでした。エッグワッフルと比べて3割、他社商品と比べると約7割もお買得です!

エッグワッフルは、1個あたりの価格はベルギーワッフルと比べるとやや割高ですが、他社商品と比べると5割以上もお買得です。
(1個あたりに換算すると、エッグワッフルの方が軽いので、安くなります。)


しっかりとした甘さとザクザク食感のベルギーワッフル、ほんのりとした甘さとふわふわ食感のエッグワッフル、どちらもおいしくお買得ですので、お好みの方を購入されたらよいと思います。

まとめ

業務スーパーのエッグワッフルは、ふわっふわの食感とほんのりと優しい甘さが特徴のアメリカンワッフルです。オーブン加熱すると、自然解凍後のふわふわ感が嘘のようにサクサク食感になりますので、ぜひ2通りの食べ方をしてみてください!

自然解凍、オーブン加熱どちらでも美味しく食べられるので、とっても手軽でお子様やご自分のおやつにぴったり!コーヒーや紅茶と合わせてもよいですし、アイスやフルーツとの相性も抜群です!

お値段は、同じ業務スーパーのベルギーワッフルと比べるとやや割高ですが、コンビニやAmazonの商品に比べて約5割もお買得です!

妻が、ベルギーワッフルとともに「リピ確」宣言したおすすめのおやつ!
気になった方は、ぜひ一度購入してみてください。

リピ買い:あり
おすすめ度:★★★★★


業務スーパーのワッフルに外れはない!


合わせて読みたい
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK