図1
商品名:生パンガシウスフィレ
購入価格:100gあたり188円(2020年7月)

コストコの鮮魚売場で販売されている「生パンガシウス」を購入しました。

イオン系スーパーに最近現れたパンガシウスは、皮や骨がなく、淡白な味ですので、いろいろな味付け、お料理に使いやすいお魚です。バターソテーや煮つけ、フライ、鍋などにも合う、まさに万能選手のような魚です。

今回は、「生パンガシウスフィレ」の商品詳細や保存方法、味のレビューを紹介します。

SPONSORED LINK



商品詳細 生パンガシウスフィレ

商品名:生パンガシウスフィレ 生・養殖
品番:95936
正味量:1,124g
価格:2,113円
100g当り価格:188円
賞味期限:加工日より約2日

パンガシウスとは?

最近、イオン系列のスーパーやコストコで販売されるようになってきたパンガシウスは、「バサ」というナマズの一種です。体長1m以上にも成長する大きな魚で、もともと東南アジアに生息する魚です。ベトナムやカンボジアでは食用として養殖されています。

ベトナムで養殖されたパンガシウスは、白身魚のフライなどに加工されて、北米や日本に大量に輸出されています。さらに最近では、イオンでパンガシウスの蒲焼きが販売されており、うなぎの代用魚としての地位を確立しつつあります。

日本で販売されているパンガシウスの多くは、ほとんどベトナムで養殖されたものですので、寄生虫の心配はなさそうです。

生パンガシウスフィレの中身

図2

コストコでは、900g~1,300gのパッケージが販売されていました。我が家では平均ぐらいの1,124gのパッケージを購入しました。

パッケージには、4切れの半身のフィレが入っていました。一切れあたり約280gですので、かなり大きいですね!
図3

こちらが一切れです。ほのかにピンクがかった白身で、長さは約28cmと魚の半身としてはかなり大きめですね。一般的な魚の中では、ホッケぐらいの大きさですね。

捌いていて驚いたのは、皮・骨が全くないことです。生鮮食品によくあるドリップもないため、捌いたり、保存したり、調理したりがとっても楽です!

さらに、コストコで販売されている「生パンガシウスフィレ」は、「生」という名前に表れている通り、産地でさばかれてから店頭に並ぶまで、一度も冷凍保存されていないそうです。

そのため、自宅での冷凍保存が再冷凍にならないため、鮮度がよい状態で保存することができます!

図4

我が家では、主にお弁当のおかずに使用するため、半身を半分に切り、お弁当サイズにザクザクと切って冷凍保存しています。

SPONSORED LINK


生パンガシウスフィレの味レビュー

図1

まずは、オーブンでそのまま焼いて食べてみます。

「ナマズ」ということですが、臭みどころか、魚っぽい匂いもありません。脂身もほぼない淡白な白身で、ふっくらしていて適度な弾力があります。味の薄い鮭、もしくは蒸し焼きにしたささみといった食感です。

身ばなれがよく、箸で簡単にほぐすことができ、さらに骨もありませんので、とっても食べやすいです。このまま我が子の離乳食とし使っています。

図5

次に、玉ねぎと一緒に炒めて、バター、醤油で味付けしてみました。

玉ねぎの甘味、醤油とバターの味がしっかりしみ込んで、とっても美味しいです。フライパンで炒めても、身がバラバラにならないので調理しやすく、食べる時にはふわふわとした食感が残っていました。

以上をまとめると、次の通りです。

・炒めても身がバラバラにならないので調理しやすい
・淡白な味なので、いろいろな味付けで違和感がなく、味が浸みやすい
・骨がなく、お箸で簡単にほぐれるので食べやすい

コスパ

生パンガシウスフィレは、コストコでは100gあたり188円で販売されていました。

今回は、Amazonや楽天市場、イオンで販売されているパンガシウスフィレや、同じ淡白な味のタラと、お値段を比較してみます。

商品名販売元価格内容量100gあたり
の価格
生パンガシウスフィレ
コストコ2,113円1,124g188円
パンガシウス養殖・解凍イオン210円250g84円
パンガシウスフィレ
Amazon9,990円10,000g99.9円
パンガシウスフィレ
楽天市場5,940円5,000g118.8円
甘塩たら切身
図1
コストコ1,488円886g168円
※消費税は10%として計算した

今回比較した中では、コストコの「生パンガシウスフィレ」は最も割高でした。コストコで白身魚を購入するのであれば、甘塩たら切身の方が約1割お買得でした。

また、白身魚という点では、イオンのパンガシウスの方が5割以上もお買得であることがわかりました。コストコの生パンガシウスフィレは、産地から冷凍されずに輸送されており、他のパンガシウスフィレは冷凍や、冷凍後に解凍された切り身と比べると鮮度が良いため、このような値段なのだと想像しますが、コストコにしてはちょっと高いなぁ、と驚きました。

まとめ

コストコの「生パンガシウスフィレ」は、魚特有の臭みや、皮・骨・ドリップがない淡白な白身魚です。炒めても身がバラバラにならず、味が浸みやすいので調理しやすく、調理後もお箸で簡単にほぐれるので食べやすい一品です。

ただし、イオンやAmazon、楽天市場のパンガシウスや、コストコの同じ白身魚であるタラに比べると、お値段はかなり割高でした。コストコでは、産地から店頭まで一度も冷凍しない品質管理がされており、そのため割高になっていると推測します。

調理しやすく、離乳食としても使いやすいお魚ですが、節約したい我が家ではリピなしと判断しました。

リピ買い:なし(価格が高い)
おすすめ度:★★★★


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK