図7

商品名:オーブンペーパー
購入価格:1,198円(税込、2020年6月)

ラップやジップロック、アルミホイルなど、キッチンの消耗品は作りが良くて、コスパも良いものを探してしまいますね。油調理の苦手な我が家では、クッキングペーパは必需品で、スーパーの3~5mの製品なんて1か月でなくなってしまいます。

コストコの「オーブンペーパー」は、1本が50mととっても長く、しかも1本あたり599円とお買得!さらに、耐熱温度が250℃ですので、調理中に食品がくっつくことはありません。

今回はコストコで販売されているアルファミック株式会社の「オーブンペーパー」の商品紹介、使用レビューとお買得度を紹介します。

SPONSORED LINK



商品詳細 オーブンペーパー

商品名:オーブンペーパー
品名:オーブンペーパー
材質:シリコン樹脂加工耐油紙
寸法:幅30cm×長さ50m
内容量:2箱
耐熱温度:250℃
販売者:アルファミック株式会社

オーブンペーパーの中身

図8

1989年に創業したアルファミック株式会社は、アルミホイルをはじめ、クッキングシート、お弁当カップや、コンロ・換気扇まわりのパネルなどの製品を販売しています。コストコでは、オーブンペーパーの他に、アルミホイルやお弁当用カップも販売されています。

アルファミック株式会社のオーブンペーパーは、2箱セットで販売されており、1箱に入っている寸法は幅30cm×長さ50mです。一箱を持ってみるとずしっと重く、1箱あたり約700g、2箱で1.4kgもあります。

一般的なクッキングシートの幅は30cm、大きなものでも幅33cmですので、オーブンペーパーの幅は一般的なサイズです。

一方、オーブンペーパーの長さ50mは驚異的です。多くのクッキングシートの長さは3~5m、業務用でも20~30mです。オーブンペーパーは、一般的なクッキングシート10個分以上ですので、交換の手間が少なく、保管のための場所も少なくて済みます。

耐熱温度250℃で食品が付きにくい

図1

オーブンペーパーの材質は「シリコン樹脂加工耐油紙」というもので、耐熱温度は250℃もあります。多くの冷凍食品の加熱温度は180~220℃、パンを焼く場合でも250℃ですので、オーブンペーパーはほとんどの調理に対応しています。

「シリコン樹脂加工」は、油や汁を通しにくいという特徴があります。オーブンペーパーは両面ともシリコン樹脂加工されていますので、表裏で迷うことはありませんし、オーブン内が汚れる心配もありません。

さらに、オーブンシートの表面をよーく触ってみると、ほんの少しだけ表面がザラザラしています。このザラザラのおかげで、食品との間に細かい隙間ができて、食品がくっつきにくいのだと思います。

オーブンペーパーを使った感想

図1

サランラップやアルミホイルのギザギザは、環境保護のため、金属製から紙製に変わってきています。金属製のギザギザは「燃えないゴミ」ですので、分別が必要です。

オーブンペーパーの箱のギザギザは紙製ですので、使い終わったらそのまま捨てられます。さらに金属製に比べて安全ですので、お子様が触ってもケガをしにくいです。

もちろん、紙製のギザギザであってもシートはバッチリ切れます。我が家では3年間オーブンペーパーを使用していますが、カットできなかったことはありません。

図2

オーブンペーパーを敷いて、焼き魚を焼いてみました。魚の周りには、オーブン加熱中に出た油が固まっています。しかし、お箸で魚をつかんでみると、ぺりっと気持ちよく剥がれます。もちろん、オーブンペーパーの下に油がしみているなんてこともありません。

SPONSORED LINK


コスパ

「オーブンペーパー」は、幅30cm×長さ50mが2本で1,198円、1mあたりの価格は約12円です。

今回は、オーブンペーパーと同じ幅30cmのクッキングシートと価格を比較してみました。
商品名購入元価格本数1本の長さ1mあたり
の価格
オーブンシートコストコ
1,198円2本50m12.0円
Amazon限定 Kuras
クッキングシート
Amazon1,332円
2本30m22.2円
クッキングシート39
楽天市場1,320円1本50m26.4円
クッキングシート お得用
Amazon
(日本製紙クレシア)
330円1本10m33.0円


今回比較した中では、オーブンペーパーが最もお買得でした。Amazon限定ブランドのクッキングシートと比べて4割以上、スーパーで販売されているクレシアのクッキングシートと比べると6割以上もお買得でした。

まとめ

オーブンペーパーは1本あたり50mと長く、一般的なクッキングシート10本分もあるため、交換頻度、保管スペースともに少なくて済みます。また、耐熱温度が250℃もあるためほとんどの調理に対応可能であり、食品がくっつきにくいという特徴があります。

価格は、一般的なスーパーのクッキングシートより6割以上、Amazon限定ブランドよりも3割以上もお買得です!

我が家では、既に3年以上このオーブンペーパーを使用していますが、他の製品に比べて長持ちしますし、オーブン内が汚れたこともありません。今後も節約を兼ねて、コストコの「オーブンペーパー」を使っていきます。 

リピ買い:あり
おすすめ度:★★★★★

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK