図1図2
商品名:韓国冷麺 
内容量と価格:4人前入り998円(2020年8月)
※ストアクーポンで500円割引き

コストコでは、辛ラーメンやサムゲタン、bibigoの餃子など多くの韓国料理が販売されています。

韓国冷麺はそんな韓国料理の一つで、そば粉とどんぐり粉を使った冷麺です。酸味とキムチエキスの効いたスープが食欲をそそり、のどごしがよくてコシのある麺がつるつると食べられます。茹で時間が40秒なので調理が簡単なのも魅力的ですね!

今回は、コストコの「韓国冷麺」の商品詳細、味レビュー、価格を紹介します!

SPONSORED LINK



商品詳細 韓国冷麺

商品名:韓国冷麺
品番:15224
名称:生冷めん
原材料名:
【液体調味料】大根水キムチ加工品、砂糖、食酢、異性化液糖、コーンシロップ、酵母エキス、食塩、昆布エキス、アミノ酸液、ニンニクエキス、濃縮ライム果汁、牛肉調味料ベース、濃縮レモン果汁、濃縮なし果汁、生姜エキス/調味料(核酸)、酸味料、(一部に大豆・牛肉を含む)
【めん】小麦粉、でん粉、そば粉、マルトデキストリン、食塩、黒米粉、どんぐり粉/酒精、増粘剤(グァーガム)、(一部に小麦・そばを含む)
【添付からし】からし粉、コーンシロップ、食酢/香辛料
※本品の製造工場では、卵、乳成分、えび、かに、落花生を使用した製品も製造しております。
内容量:1,700g(めん150g×4食)
賞味期限:購入日より約6か月
保存方法:10℃以下で保存してください。
原産国名:韓国
価格:998円
栄養成分表示(1食分(425g)当たり):エネルギー447kcal、たんぱく質8.5g、脂質4.3g、炭水化物93.5g、食塩相当量3.6g

韓国冷麺の中身

図3

韓国冷麺には、北朝鮮の西側と東側で発祥した2種類があります。コストコの韓国冷麺は、平壌(ピョンヤン)発祥の冷麺で、そば粉を主原料とした黒っぽくてコシのある麺を、牛骨ダシとトンチミ(大根の水キムチ)の汁を合わせたスープと一緒に食べるムルレンミョンです。

コストコの韓国冷麺は、韓国の食品メーカーPULMUONEが販売しています。コストコでは、他にもPULMUONE社製のチョル麺やトッポギなどが販売されています。
図4

パッケージの中には、麺の入った白い袋、スープの入った青い袋と、からしの入った黄色い袋が入っています。それぞれ4パックずつ入っており、全部で4人前です。
図5

白い袋の中には、このように2つ折りになった黒っぽい麺が入っています。かなり細麺で、そば粉が主原料のため、やや茶色がかった黒い色をしています。半生で、二つ折りにされています。

青い袋の中には、韓国ではおなじみの大根水キムチの汁に、昆布エキスや牛ダシを加えたスープが入っています。ほどよい酸味が食欲をそそりますので、暑い夏でも食べられそうですね!

チョル麺の調理方法

韓国冷麺の調理方法は次の通りです。
【調理方法】
1.ほぐした麺を800ccの沸騰したお湯に入れて、かき混ぜながら約40秒間茹でてください。
 ※茹ですぎると麺がのびてしまう恐れがありますので、ご注意ください。
2.茹でた麺を流水ですすぎ、水気を完全に取り除いてください。
 ※麺がぬるぬるしない程度まで流水ですすいでください。
3.冷やした冷麺スープを器に注ぎ、水気を切った麺を入れれば出来上がりです。
◆お好みに応じて、同封のからしソースも加えてお召し上がりください。
◆冷麺スープをシャーベット状に凍らせてからお使いいただければ、更に冷たい冷麺をお楽しみいただけます。
◆お好みで、細切りきゅうり、ゆで卵、キムチや梨などを加えると、更に美味しくお召し上がりいただけます。

美味しく作るポイントは、麺を茹でる前によくほぐすことと、茹ですぎないことです。ほぐさずに茹でてしまうと、なかなか麺がほぐれず、表面の方だけ茹ですぎになってしまいます。また茹ですぎると、特徴のコシがなくなってしまいます。

茹で時間が約40秒と短く、スープも加えるだけですので、調理がとっても簡単なのも魅力の一つです。

韓国冷麺の味レビュー

図6

我が家では、夏野菜(かぼちゃ、ズッキー二)を加えて、チョル麺についていたヤンニョムソースを加えてみました!

スープは、キムチの酸味はほどほどで、昆布や牛骨ダシの旨みとともに、柑橘系のさっぱりした味わいがあります。ごくごくと飲めるぐらいの酸味ですが、それが食欲をそそりますね!

麺は、コシがあり、細麺なのでのどごしがつるっとしていて美味しいです!スープにしっかりと絡み、ほのかな酸味やダシの味がしっかり馴染んでいます。

全体的につるつると食べられるのですが、やはりそば粉を使っているだけあってしっかりとお腹にたまりますね。そうめんのように2羽、3羽とはいけませんね。

付属のからしは、日本の練りからしと比べると薄めで安っぽい味です。麺とスープで完成されているので、入れない方がよいと思います。

我が家では、オリジナルでヤンニョムソースを加えてみました。辛甘いヤンニョムソースは、水キムチの酸味とピッタリ合っていて、さらに食欲を増してくれます!韓国本場の味が感じられますね!

コスパ

コストコの韓国冷麺は、4人前で998円、1人前(麺150g)あたりの価格は250円でした。

今回は、Amazonや楽天市場で販売されている韓国冷麺とお値段を比較してみます。なお、今回比較した商品はいずれも麺の量が150~160gであり、1人前あたりの量はほぼ同じでした。

商品名販売元内容量価格1人前あたり
の価格
韓国冷麺コストコ
4人前998円250円
ふるる冷麺
Amazon(農心)10人前1,999円
200円
宋家冷麺10食セット
Amazon(宗家)10人前2,330円233円
宋家冷麺
楽天市場(宋家)10人前2,680円268円

今回比較した中では、Amazonの「ふるる冷麺」が最もお買得でした。コストコの韓国冷麺に比べて、約2割もお買得です!さらに、ふるる冷麺は、韓国冷麺のもう一種類であるビビン麺も販売されています。

コストコで購入するのであれば、ストアクーポンで200円以上の割引きがあるとき(1人前あたり200円になる)が狙い目です。今回シロは、
ストアクーポンで500円引き(一人前あたり125円)でしたので、とてもお得な買い物でした。

おわりに

コストコの「韓国冷麺」は、トンチミ(大根の水キムチ)の汁と牛骨ダシを合わせたスープに、コシのある細麺を使った冷麺です。食欲をそそる酸味がほのかに効いたスープがしっかり絡んだ麺ののどごしがよく、暑い夏にピッタリの一品です!

添付のからしはつけない方がよいですが、甘辛いヤンニョムソースはスープにピッタリ合うのでぜひトッピングしてみてください!

価格は、Amazonで販売されている韓国冷麺の方がお買得でした。こちらはビビン冷麺味もあり、一度食べてみたいと思います。コストコの韓国冷麺は、200円以上の割引き時には最安となりますので、ストアクーポン時が狙い目です。

調理がとっても楽で、本場の韓国冷麺を楽しめますが、価格面から我が家でのリピ買いはなしと判断しました。

本場の韓国料理を楽しみたい方、ぜひご検討ください。

リピ買い:なし
おすすめ度:★★★


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 

SPONSORED LINK